ひさの乗り鉄ブログ

青春18きっぷの話題をはじめ、観光列車や風光明媚な路線の乗車記などを思うままに綴っていく乗り鉄ブログです。

JR北海道が観光列車に利用できる特急車両「261系5000代」2編成を製造! デザインと車内設備を発表!


JR北海道が、観光列車にも利用できる特急車両「261系5000代」(5両編成)を2編成製造します。今回、エクステリア、インテリアのデザインなどが発表されました。注目は1号車。料理を提供できるフリースペースや販売カウンターなどを備え、本格的な観光需要にも対応できそうです。

JR北海道が観光列車にも活用できる特急車両「261系5000代」2編成を製造

JR北海道は、観光列車に活用できる特急車両「261系5000代」を2編成製造します。

多目的に利用できる特急車両「261系」(5両編成)を2編成製造することは、すでに発表されていました。

www.kzlifelog.com

今回、エクステリア、インテリアのデザインや車内設備、使用開始時期などが発表されました。

「はまなす」「ラベンダー」をイメージした鮮やかなカラー

今回製造される「261系5000代」は、261系1000代をベースとした車両ですので、形状はほぼ同一ですが、エクステリアのカラーが斬新です。

f:id:kzlife:20191017234651p:plain
261系5000代のエクステリア「はまなす編成」「ラベンダー編成」

(出典)観光列車に活用できる特急車両を製作します!(JR北海道ニュースリリース 2019年10月17日 PDF)

北海道を代表する花として、はまなすをイメージした「はまなす編成」(左)と、ラベンダーをイメージした「ラベンダー編成」(右)となっています。

いずれも、ブルーを基調とした261系の既存車両と比べると、かなり鮮やかな色合いになっています。初夏の北海道、編成のイメージとなったはまなすやラベンダーの季節にとても似合いそうです。

注目の1号車はカウンター席・ボックス席に販売カウンターも!

今回製造される「261系5000代」はいずれも5両編成で、以下のような編成となっています。

  • 1号車: フリースペース・販売カウンターなど(定員 26名)
  • 2~5号車: 客室(定員 200名程度)

注目は、1号車のフリースペース。「フリースペース」となってますが、大型のテーブルを備えたボックス席やカウンター席が並び、食事などができるようになっています。

f:id:kzlife:20191017234718p:plain
1号車のフリースペース

(出典)観光列車に活用できる特急車両を製作します!(JR北海道ニュースリリース 2019年10月17日 PDF)

また、1号車の車端部には販売カウンターもあり、イベント列車や観光列車として運転されるときには、このカウンターで軽食や飲み物などが販売されるのではないかと思います。

2~5号車は通常の客室。今回の発表では記載がなかったのですが、おそらく普通車メインでしょう。各座席で利用できる設備としては、

  • 公衆無線LAN利用可能
  • 各席に1つずつコンセントを設置
  • 前席の背面テーブルに加え、インアームテーブル(ひじ掛けに内蔵されたテーブル)も設置

があります。このあたりは、JR各社の最新の特急車両にも劣らないものになっていますね。

特急「宗谷」、臨時列車、観光列車など多用途に活用

今回製造される「261系5000代」の2編成は、

  • はなます編成: 2020年10月頃に使用開始
  • ラベンダー編成: 2021年4月頃に使用開始

というスケジュールになっています。

用途としては、まさに「多目的」です。

JR北海道のリリースによると、

  • 特急「宗谷」などの定期列車
  • 年末年始の繁忙期や修学旅行の臨時列車
  • 「フラノラベンダーエクスプレス」(札幌~富良野、夏季に運転される臨時列車)などの観光地へのアクセス列車
  • 観光向けの団体貸切列車

に利用されるとあります。

定期列車にも利用されるとなると、グリーン席も用意される可能性が高そうですね。

現在、261系で運転されている特急「宗谷」「サロベツ」には、編成の端っこに9席(3列)、261系1000代で運転されている特急「スーパーとかち」には1両分(24席)のグリーン席があります。

「261系5000代」では、2~5号車の4両で定員が約200名とのことですから、「宗谷」「サロベツ」と同様に、半室グリーン車になる可能性が高そうです。

北海道新幹線に接続する観光列車・臨時列車の運転に期待!

現在、北海道新幹線の新函館北斗駅から乗り継げる観光列車は、ほとんど運転されていません。

新函館北斗から函館や大沼あたりまでは、普通列車でもすぐの距離ですが、それより先、特に函館本線(山線)への直通列車がほとんどないのがとても残念です。

唯一、ごく限られた時期に、臨時特急「ニセコ」が運転されています。

www.kzlifelog.com

臨時特急「ニセコ」のように、北海道新幹線に接続する観光列車・臨時列車が多く運転されれば、北海道新幹線で渡道する観光客も増えるかもしれません。

せっかく製造する新車ですから、上手に活用して、魅力的な観光列車を走らせてほしいところです。


以上、『JR北海道が観光列車に利用できる特急車両「261系5000代」2編成を製造! デザインと車内設備を発表!』でお届けしました。ローカル線の廃止や減便など暗い話題が多いJR北海道ですが、今回の車両を機に、乗客を増やす攻めの一手を打ってほしいところです。