ひさの乗り鉄ブログ

青春18きっぷの話題をはじめ、観光列車や風光明媚な路線の乗車記などを思うままに綴っていく乗り鉄ブログです。

2020年3月14日、9年ぶりに常磐線全線で運転再開! 上野・品川~仙台直通特急「ひたち」は3往復運転!


注目記事 【2020年夏の青春18きっぷ】最新情報、おすすめ列車・路線などを紹介!
【2020年夏の臨時列車】JR各社の注目の臨時列車まとめ
【在宅勤務・テレワーク】通勤定期券の損益分岐点・払い戻しルール

常磐線の富岡~浪江間の運転再開が2020年3月14日に決まりました。上野・品川~仙台を直通する特急「ひたち」は3往復運転されます。2011年の東日本大震災から9年。鉄道の不通区間として最後まで残っていた常磐線が、ついに全線で運転を再開します!

常磐線 富岡~浪江間の運転再開が2020年3月14日に決定!

JR東日本は、東日本大震災の原発事故の影響で運休している常磐線の富岡~浪江間の運転再開日を、ダイヤ改正を実施する2020年3月14日に決定したと発表しました。

JR東日本は、「2019年度末まで」に常磐線全線の運転再開を目指すとしていました。2019年12月までには線路等の設備はおおむね復旧し、試運転を開始していました。

www.kzlifelog.com

運休区間にある避難指示が出ている自治体について、駅周辺の除染作業などを進め、先行的に避難指示を解除する方向で調整が進められていました。政府の原子力災害対策本部会議が、各駅周辺の避難指示解除日を以下のとおり正式に決定しました。

  • 双葉町(双葉駅周辺): 2020年3月4日午前0時
  • 大熊町(大熊駅周辺): 2020年3月5日午前0時
  • 富岡町(夜ノ森駅周辺): 2020年3月10日午前6時

これを受けて、JR東日本は、常磐線の富岡~浪江間の運転再開を3月14日に決定したということです。

上野・品川~仙台直通の特急「ひたち」は3往復運転!

常磐線の全線運転再開に合わせて、上野・品川~仙台直通の特急「ひたち」が3往復運転されることも決定しました。

ダイヤは以下の通りです。(スマートフォンでは左右にスクロールできます)

下り↓ 上り↑
ひたち3号 ひたち13号 ひたち19号 ひたち14号 ひたち26号 ひたち30号
品川 - 12:45発 15:45発 14:51着 20:52着 22:53着
東京 - 12:53発 15:53発 14:42着 20:43着 22:43着
上野 08:00発 13:00発 16:00発 14:35着 20:36着 22:37着
08:27発
土浦 08:50発 21:56発
水戸 09:18着
09:19発
14:06着
14:07発
17:05着
17:06発
13:27発
13:26着
19:27発
19:26着
21:27発
21:26着
勝田 09:24着
09:25発
14:11発
14:12発
17:11着
17:12発
13:21発
13:20着
19:21発
19:20着
21:21発
21:20着
東海 19:14発 21:14発
大甕 14:22発 17:21発 13:10発 19:09発 21:08発
常陸多賀 09:37発 14:26発 17:25発 13:06発 19:05発 21:04発
日立 09:41発 14:30発 17:30発 13:02発 19:00発 21:00発
高萩 14:40発 12:51発 18:50発 20:49発
磯原 09:57発 17:45発
勿来 14:54発 12:38発 18:37発 20:35発
10:12発 15:02発 18:00発 12:29発 18:28発 20:27発
湯本 10:17発 15:07発 18:05発 12:24発 18:23発 20:22発
いわき 10:23着
10:25発
15:13着
15:15発
18:11着
18:14発
12:18発
12:16着
18:17発
18:15着
20:16発
20:14着
広野 10:43発 15:33発 18:35発 11:58発 17:57発 19:56発
富岡 10:57発 15:47発 18:49発 11:44発 17:43発 19:42発
大野 11:05発 15:55発 18:57発 11:36発 17:34発 19:33発
双葉 11:10発 16:00発 19:02発 11:30発 17:29発 19:28発
浪江 11:15発 16:04発 19:07発 11:25発 17:25発 19:24発
原ノ町 11:32着
11:33発
16:20着
16:21発
19:23着
19:24発
11:07発
11:06着
17:09発
17:08着
19:06発
19:05着
相馬 11:48発 16:36発 19:40発 10:51発 16:52発 18:49発
亘理 20:00発 18:26発
岩沼 20:10発 18:18発
仙台 12:31着 17:26着 20:28着 10:13発 16:11発 18:02発


下りの「ひたち3号」のみ上野発ですが、他は品川発着となります。

仙台発着となる下り「ひたち3号」「ひたち13号」「ひたち19号」、上り「ひたち14号」「ひたち26号」「ひたち30号」は、いずれも、現行ダイヤのいわき発着の列車を仙台まで延長した形です。

f:id:kzlife:20191205161751j:plain
仙台発着が3往復運転される特急「ひたち」(E657系)

通常ダイヤで14~15往復運転されている「ひたち」のうち、いわき~仙台に乗り入れるのは3往復だけです。それでも、この3往復は、当然のことながら定期列車です。10両編成の特急列車が毎日3往復、首都圏との間を走るわけです。さらに、運転再開する富岡駅、大野駅、双葉駅、浪江駅には、仙台発着の3往復すべての「ひたち」が停車します。これは、被災地の復興にとって大きな原動力になりそうです。

さらに、観光面ではかなりメリットが大きそうです。これまで、特急「ひたち」、普通列車、代行バスと乗り継がないと、首都圏から原ノ町周辺まではたどり着けなかったのですが、それが特急列車1本で乗り換えなしで行けるようになります。

富岡~浪江間の普通列車は11往復、原ノ町で系統分離

常磐線 いわき~岩沼間の普通列車の運転本数は以下のようになります。

f:id:kzlife:20200117234152p:plain
常磐線 いわき~岩沼間の普通列車の運転本数

(出典)常磐線(富岡駅~浪江駅間)の運転再開について(JR東日本ニュースリリース 2020年1月17日 PDF)

今回、運転再開される富岡~浪江間の普通列車は22本(11往復)の運転となります。

現在(運転再開前)は、富岡~浪江間で代行バスが11本(5.5往復)運転されていますので、普通列車の本数が単純に倍増、特急「ひたち」の3往復も加えれば、列車の本数は2.5倍となります。輸送力は10倍以上になることはまちがいないでしょう。これだけ見ても、鉄道の運転再開の意味の大きさがわかります。

なお、普通列車の輸送体系が変更され、原ノ町駅で系統分離されるようです。いわき~仙台を普通列車で移動する場合には、原ノ町駅での乗り換えが必要となります。

普通列車で利用される車両は、以下のようになります。

  • 品川~いわき~原ノ町: E531系
  • 原ノ町~仙台: E721系,701系

いわき~富岡間で運転されている651系(元スーパーひたち、4両編成)の普通列車も、ダイヤ改正までで見納めのようですね。

f:id:kzlife:20200117234334j:plain
常磐線の普通列車(E531系)

9年ぶりの常磐線全線運転再開! 東日本大震災の鉄道不通区間はすべて復旧へ

常磐線は、2011年の東日本大震災で、津波と原発事故の両方の被害を受けてしまいました。

津波被害を受けて不通となった区間は、一部、内陸側に線路を移設するなどして、2016年までに運転再開済みです。

f:id:kzlife:20200117235137j:plain
浪江駅の様子(2019年1月撮影)

一方、原発事故の被害を受けたエリアでは、除染作業の進捗に合わせて、少しずつ運休区間が縮まり、最後に残ったのが、今回運転再開される富岡~浪江間ということになります。

運転再開される区間にある双葉駅や夜ノ森駅などは、駅周辺のみの避難指示解除ということですので、すぐに多くの住民が戻れる状況ではなさそうです。以下の乗車記でも触れていますが、現在の代行バスは帰還困難区域となっているエリアを走行しますが、そのエリアだけはあの日から時間が止まったままです。

www.kzlifelog.com

この状況がすぐに変わるわけではありません。それでも、首都圏や仙台と鉄道がつながることで、復興に向けて大きな弾みがつくことは間違いないでしょう。

実に9年ぶりとなる常磐線の全線運転再開。これで、東日本大震災で不通となっていた鉄道が全て復旧します(BRTでの復旧も含む)。


以上、『2020年3月14日、9年ぶりに常磐線全線で運転再開! 上野・品川~仙台直通特急「ひたち」は3往復運転!』でした。ようやく全線で運転再開となる常磐線。復興の支援も兼ねて、常磐線で旅行をしてみたいところです。

関連記事

2020年3月のJRダイヤ改正のまとめ記事です。

www.kzlifelog.com