汽車旅-JR東日本

スポンサーリンク
乗車レポート

【陸羽西線 代行バス乗車記】最上川の車窓が美しいものの所要時間は鉄道の1.7倍! 地元民の利用が少ないのが気がかり

新庄と余目を結ぶ陸羽西線は、並行する「新庄酒田道路」の建設工事に伴って、2022年5月から2年間以上の運休となっています。今回、余目駅から新庄駅へ、各駅に停車する代行バス154便に乗車してきましたので、その様子をお届けします。国道47号線を...
汽車旅

【青春18きっぷ おすすめ1泊旅】小海線「HIGH RAIL 1375」と飯山線「おいこっと」に乗る観光列車乗り継ぎ信州1泊ルート!

東京発で、小海線と飯山線に乗る青春18きっぷの1泊おすすめルートを紹介します。小海線では「HIGH RAIL 1375」、飯山線では「おいこっと」に乗る観光列車の旅を楽しめるルートです。中央本線や小海線から眺める南アルプスや八ヶ岳、小海線・飯山線沿線を流れる千曲川の車窓も楽しめるおすすめルートです。
乗車レポート

【リゾートビュー諏訪湖】長野~富士見を結ぶ臨時快速列車! 中央本線・篠ノ井線をハイブリッド車両でのんびり走る観光列車!

「リゾートビュー諏訪湖」は、「リゾートビューふるさと」の車両を利用した臨時快速列車で、長野~富士見間で運転されます。【ひさの乗り鉄ブログ】では「リゾートビュー諏訪湖」の往路(富士見→長野)に乗車してきましたので、車内や車窓の様子をお届けします。指定席券の購入方法、おすすめの座席、車窓のポイントも紹介します。
汽車旅

【只見線ダイヤ改正】2022年10月1日に全線で運転再開する只見線のダイヤを発表! 会津川口~只見間は1日6.5往復から3往復へ!

JR東日本は、2022年10月1日に、11年ぶりに全線で運転を再開する只見線のダイヤを発表しました。福島県や沿線自治体との合意どおり、会津川口~只見間は1日3往復で、現行の代行バスの6.5往復から半減します。いずれも小出~会津若松の全線を走...
ノウハウ

【どこかにビューーン!】4つの候補からランダムに選択した新幹線駅にJRE POINT6,000ポイントで往復! JR東日本が2022年12月7日にサービス開始!

JR東日本は、4つの行先候補からランダムに選ばれた新幹線駅へ、JRE POINT 6,000ポイントで往復できる「どこかにビューーン!」を2022年12月7日に開始します。【ひさの乗り鉄ブログ】では、「どこかにビューーン!」の概要に加えて、いろいろな使い方について考えてみます。
汽車旅

2022年10月1日、11年ぶりに只見線全線運転再開へ! 只見線を地域振興に活かすには課題も山積!

JR東日本は、2011年7月の新潟・福島豪雨により長期に渡って不通となっていた只見線の会津川口~只見間の運転を、2022年10月1日に再開すると発表しました。これで只見線は全線での運転再開となります。 福島県が復旧費用の3分の2を負担、復旧...
ノウハウ

【鉄道開業150年記念 JR東日本パス】JR東日本全線の新幹線・特急自由席が3日間乗り放題で22,150円! 北東北への周遊旅行におすすめ!

JR東日本全線と三セク・私鉄7社に3日間乗り放題の「鉄道開業150年記念 JR東日本パス」を2022年10月に発売します。新幹線、特急列車の自由席にも乗り放題、指定席には4回まで乗車できます。北東北への周遊旅行におすすめのきっぷです。
汽車旅

【五能線 リゾートしらかみ】日本海の絶景車窓と沿線のおすすめ観光スポット、車内での食事情を紹介します!

五能線を走る「リゾートしらかみ」は【ひさの乗り鉄ブログ】でもおすすめNo.1の観光列車です。この記事では「リゾートしらかみ」に乗車すると眺められる日本海の絶景車窓、日本海に沈む夕陽を眺めるのにおすすめの列車、車内での食事情、途中下車して立ち寄りたい沿線のおすすめ観光スポットを紹介します。
旅行記

【青春18きっぷ旅】春を探しに笛吹川フルーツ公園へ! ほったらかし温泉からの景色も最高!(中央本線 山梨市駅)

2022年春の青春18きっぷを使って、中央本線沿線を旅してきました。桜や春の花を見たかったので、山梨市駅で途中下車して、笛吹川フルーツ公園(山梨市駅)に寄り道。ほったらかし温泉で温まりながら、甲府盆地の絶景を眺めることもできて大満足でした。
汽車旅

【おいこっと】千曲川の車窓が美しい飯山線の観光列車! 車窓、おすすめの座席、指定席の予約方法を紹介します!

「おいこっと」は、飯山線の長野~十日町間を走る観光列車です。千曲川・信濃川の美しい車窓を眺めながら、のんびりとした旅を楽しめます。この記事では「おいこっと」の車窓に加え、指定席券の予約方法、おすすめの座席を紹介します。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました