K'z Lifelog ~青春18きっぷと乗り鉄のブログ~

青春18きっぷの話題をはじめ、汽車旅のノウハウや鉄道関連のニュースなどを思うままに綴っていく乗り鉄ブログです。

都会のローカル線、流鉄「流山線」に乗車してきました! 住宅街を縫って2両の電車が走ります!

おすすめ記事Pick Up! 【トップページ】 まずはこちらから!青春18きっぷ・おすすめ路線など当ブログおすすめ記事の目次です
【ダイヤ改正】 JR東日本が10月14日にダイヤ改正! 黒磯~新白河の輸送体系変更!
【おトクなきっぷ】 おすすめのフリーきっぷ紹介記事まとめ
【注目記事!】西武「S-TRAIN」&東武「特急リバティ」関連記事まとめ

関東地方、それも千葉県在住の方しか知らないのではないかと思われる流鉄(りゅうてつ)流山線(ながれやません)に乗車してきました。常磐線の馬橋駅と流山市中心部の流山駅を結ぶ6駅5.7kmの単線電化路線です。住宅街の中を2両編成の電車が行ったり来たりするミニ鉄道路線です。

流鉄流山線とは?

流山線は、流鉄株式会社が運行する単線電化路線です。千葉県松戸市の馬橋駅と流山市の流山駅を結んでいて、全長5.7km、6駅のみの小さな鉄道路線です。

流鉄という会社は、独立系の鉄道会社で、どの鉄道会社の系列にも属さないようです。ほぼ鉄道専業ですが、運行しているのは流山線のみという小さな会社です。

小さな会社ですが、前身となる流山軽便鉄道が設立されたのは1913年(大正2年)、鉄道の営業を開始したのが1916年(大正5年)という歴史のある会社なのです。

時刻表をご覧いただくとわかりますが、おおむね1時間に3~4本の電車があります。すべての電車は2両編成で、3ドアのロングシートの車両です。昔、西武鉄道を走っていた電車です。

流山線に乗ってみた!

ということで、流山線の乗車レポートをお送りします。今回は、流山駅から、終点の一つ手前の幸谷駅まで乗車してみました。

関東の駅百選「流山駅」

所用を済ませたあと、流山おおたかの森駅から京成バスに乗車します。約15分ほどの乗車で、流山駅最寄りのバス停「流山市役所前」に到着。市役所の脇の細い道を下り、左手に流鉄の車庫を見ながら進むと、3分ほどで流山駅に到着します。

流山駅

関東の駅百選にも選ばれているという流山駅の駅舎です。とても東京近郊の駅とは思えないローカルな雰囲気が漂っています。この流山駅の周辺には古い町並みが残っていることもあって、どこか地方の小さな田舎町の駅のような感じです。

流山駅の駅舎内

流山駅の駅舎内です。自動改札などは当然のように無く、電車が到着すると駅員さんが出てきて、乗客からきっぷを回収します。ホームに入場する際には、フリーで通れるようになっていました。券売機できっぷを購入したのですが、「入鋏省略」の文字があり、さすがに鋏をいれることしないようです。

券売機の横には窓口があり、駅員さんが座っています。この雰囲気も昭和そのものですね。

流山駅周辺を散策

流山駅の周囲を散策してみます。流山線の線路を超える歩道橋があり、そこから流山駅と、隣接する車両基地が一望できます。

流山駅歩道橋から

手前側の屋根のあるホームが流山駅、その奥、電車が留置されているところが車両基地です。電車はすべて同じ形式ですが、塗装が異なり、「あかぎ」「なの花」といった愛称が書かれたヘッドマークがついています。

流山駅歩道橋から2

同じ歩道橋から、流山駅と反対側を見ると、住宅街の中を単線の線路が真っすぐに延びています。流山駅の周辺はローカル線の雰囲気が漂いますが、少し進むとすぐに住宅街の中を走ることがわかります。

流山は、醸造業と江戸川の海運業で発達した町だそうです。駅から流山キッコーマンの工場の横を歩くと、10分ほどで江戸川の土手に出ます。他にも、国の登録有形文化財で、中は万華鏡の博物館になっている「見世蔵」や、「近藤勇陣屋跡」といった見どころがあります。流山の観光については、改めて別記事でレポートしたいと思います。

馬橋行きに乗車

流鉄の「あかぎ」号

12:38発の馬橋行きに乗車します。今回乗車したのは、赤い塗装の「あかぎ」です。

平日の昼間ということもあってか、車内はがらがら。各車両に数名程度の乗客を乗せて流山駅を出発します。すぐに踏切を渡ると、住宅地の中を走ります。1分ほどで次の駅、平和台駅へ。交差点の向こうには大きなイトーヨーカドーがあり、わずか600メートルしか離れていないのに、流山駅とは全く雰囲気が異なります。

鰭ヶ崎、小金城趾と各駅に停車していきます。乗客は少しずつ増えてきますが、まだロングシートの座席には余裕があります。

小金城趾駅では、下りの流山行きと交換します。流山線で唯一の交換可能駅です。日中時間帯は、2編成の電車が、行ったり来たりして、この小金城趾駅で交換するようです。

駅ホームがマンションの1階に? 幸谷駅

次の幸谷駅で下車します。この幸谷駅の特徴は、何といっても、駅ホームがマンションの1階にあることでしょう。

幸谷駅ホーム

ご覧の通り、マンションの1階部分がホームになっています。駅ビルの中にホームがある駅は結構ありますが、マンションの中にホームがある駅は珍しいのではないでしょうか?

幸谷駅の入口

さすがに、マンションの入口と駅の入口は分けられているようでした。右側が駅改札口、左側の奥にマンションの入口があるようです。

この幸谷駅、実は、JR常磐線・武蔵野線の新松戸駅のすぐ近くにあります。徒歩1~2分なので、新松戸駅という駅名でもよいと思いますが…。

あと1駅で終点の馬橋駅ですが、今回の流山線の旅はここまで。

流鉄流山線の起点となる馬橋駅は、上野から常磐線でわずか30分ほど。都心からこれだけ近いにもかからわらず、知る人ぞ知るという超ローカルな鉄道路線です。ほとんど地元の方しか利用しないのではないかと思いますが、ローカル線好きの方は一度訪ねてみてはいかがでしょうか?