K'z Lifelog ~青春18きっぷと乗り鉄のブログ~

青春18きっぷの話題をはじめ、汽車旅のノウハウや鉄道関連のニュースなどを思うままに綴っていく乗り鉄ブログです。

青春18きっぷでディーゼルカーに乗ろう! 東京から日帰りで行けるおすすめ非電化路線(JR編)

おすすめ記事Pick Up! 青春18きっぷ関連の記事はこちらから!

東京在住の私にとっては、汽車旅に出て「遠くに来たなぁ」と感じる瞬間の一つに、ディーゼルカーのエンジン音を聞いたときがあります。普段の通勤やちょっとした外出で乗車するのは通勤型の電車ばかり。そんな環境にいると、汽車旅に行くならディーゼルカーに乗りたい!と思うわけです。

そこで、今回は、東京から日帰りで乗りに行ける「おすすめの非電化路線」を紹介してみます。まずは、青春18きっぷ利用でも日帰りで乗りに行けるJR編です。

※2018.12.08更新(大幅加筆・リンク追加)

高原列車 JR小海線(小淵沢~小諸)

f:id:kzlife:20181208200920j:plain
小海線の車窓のハイライト 野辺山付近から眺める八ヶ岳

高原列車の代表選手、小海線です。野辺山~清里間の標高1400メートルを超えるJR最高地点は有名ですよね。

小海線は全線を乗りとおすと2時間を超える路線ですので、かなり乗りごたえがあります。小淵沢~清里~野辺山は、休日ともなれば観光鉄道と化していますが、野辺山から先はローカル線の雰囲気が味わえます。

f:id:kzlife:20181208200810j:plain
JR線の最高地点 清里~野辺山間にあります

小淵沢を出ると、前述のJR最高地点まではずっと上り坂なので、ディーゼルカーはエンジンをうならせて上っていきます。エンジン音がふと消えて惰行に入ると間もなくJR最高地点の踏切です。こんな山岳路線ですので、ディーゼルカーのエンジン音を楽しみたいのなら、もってこいの路線ですね。

f:id:kzlife:20181208200534j:plain
JR東日本の元祖ディーゼルハイブリッド キハE200形

純粋な(?)ディーゼルカー以外に、上の写真にある元祖ハイブリッド車両も走っています。もっとも、上り坂では、ずっとエンジンを回しているようですが…。

東京近辺からなら、新宿~(中央本線)~小淵沢~(小海線)~小諸~(しなの鉄道)~軽井沢~(バス)~横川~(信越本線)~高崎~(高崎線)~東京という周遊ルートがおすすめです。乗り疲れたら、佐久平や軽井沢から北陸新幹線で帰京してもよいでしょう。

首都圏からの青春18きっぷでの日帰りルートについて、以下の記事で、旅行記風に詳しく紹介しています。

www.kzlifelog.com

また、2017年夏から運行を開始した観光列車「HIGH RAIL 1375」の乗車もおすすめです。座席指定券(820円)が必要ですが、乗車券は青春18きっぷでOKです。ゆったりとして景色が見やすいように配置された座席や、食べ物や飲み物を購入できる販売カウンター、それに、事前予約しておけばランチやスイーツを車内でいただくこともできます。

www.kzlifelog.com

奥久慈の自然を満喫! JR水郡線(水戸~郡山)

f:id:kzlife:20181208201119j:plain
久慈川に沿って走る川の路線 水郡線(キハE130形@水戸駅)

水戸と郡山を結ぶJR水郡線は、全線を乗りとおすと3時間ほどかかる比較的長距離の路線です。最近投入されたキハE130系が走っていますが、ボックスシートがあるため、汽車旅にはもってこいの車両です。

f:id:kzlife:20181208201212j:plain
久慈川の車窓が美しい水郡線

水郡線は、久慈川に沿って走る川の路線です。久慈川の渓谷美を楽しめますので、ディーゼルカーであるだけではなく、景色を楽しむ汽車旅としても超おすすめです。

f:id:kzlife:20181208201341j:plain
日本三大名瀑の一つ「袋田の滝」 途中下車におすすめ!

また、途中、袋田で下車して路線バスで10分ほどのところに、日本三大名瀑の一つ「袋田の滝」があります。3時間ぶっとおしで乗りとおすのはちょっと、という方は、袋田の滝を鑑賞しに行くのもよいでしょう。

東京からだと、東京~(常磐線)~水戸~(水郡線)~郡山~(東北本線)~東京、の周遊ルートがおすすめですね。以下の記事で、詳しく紹介しています。

www.kzlifelog.com

東京から最も近い非電化路線 八高線(高麗川~高崎)

首都圏から最も近いJRの非電化路線といえば八高線でしょう。八高線は八王子~高崎(倉賀野)を結ぶ路線ですが、高麗川から北側が非電化となっていて、短編成のディーゼルカーが走ります。

関東平野の西のへりに沿って走るため、田んぼが目立つ田園風景と、人家の少ない里山の風景の両方が楽しめます。さすがに秘境というほどではないですが、首都圏では珍しいほどの旅情が味わえる路線です。車両は、JR東日本の非電化路線ではおなじみのキハ110系が使われています。

青春18きっぷや秋の乗り放題パスで乗るならば、八王子・川越~(八高線・川越線)~高麗川~(八高線)~高崎~(高崎線)~東京と周遊できます。

首都圏のローカル線 久留里線(木更津~上総亀山)

f:id:kzlife:20181208201944j:plain
久留里線のキハE130形

千葉県の木更津と上総亀山を結ぶのが久留里線です。房総半島の中ほどを、東京湾に面した内房から半島の中央部を結びます。車両は上の写真のようなキハE130系が走っています。

木更津周辺は住宅街ですが、すぐに田園風景が広がります。途中の久留里までは1時間に1本ほどあるので比較的乗りやすいですが、久留里から上総亀山までは一気にローカル色が濃くなり、列車の本数も半減します。特に、朝08:14久留里発の下り列車を逃すと、次は13:50まで5時間以上(!)もありませんので要注意です。

終点の上総亀山は、亀山湖(亀山ダムの建設によってできた人造湖)のすぐ近くで、徒歩15分ほどで亀山湖に出られます。自然の中で、ボートや釣り、キャンプなども楽しめるようです。また、紅葉も有名で、関東では最も紅葉の時期が遅いそうです。

www.kazusakameyama.com


以上、「青春18きっぷでディーゼルカーに乗ろう! 東京から日帰りで行けるおすすめ非電化路線」を4路線紹介しました。青春18きっぷが1日分余ってしまった、というようなときに、日帰りで出かけてみてはいかがでしょうか。

関連記事

首都圏近郊の私鉄・第三セクターの非電化路線の紹介です。

www.kzlifelog.com