青春18きっぷ-活用法

スポンサーリンク
汽車旅

青春18きっぷで桜の名所めぐり! 甚六桜・大法師公園など、中央本線・身延線周遊ルートには桜の名所がたくさん!

春の青春18きっぷ日帰り旅としておすすめなのが、桜の名所を巡る旅です。当ブログでは、首都圏発のおすすめルートとして、身延線を含む周遊ルートを紹介していますが、今回、桜の名所で途中下車をしてお花見を楽しむ旅をしてきましたので、ご紹介します。 ...
青春18きっぷ

夜行快速「ムーンライト」終焉後の青春18きっぷ旅は交通機関の組み合わせで充実させよう!

2021年春の臨時列車とともに、快速「ムーンライトながら」の運行終了が発表されました。これで、事実上、夜行快速ムーンライトシリーズは終焉を迎えました。青春18きっぷの旅では、寝ている間に遠くまで連れて行ってくれる貴重な列車でした。「ムーンラ...
青春18きっぷ

【青春18きっぷ活用法】 普通列車の少ない区間は新幹線・特急列車を利用しよう! 「ワープ」の方法とおすすめ区間を紹介!(2021年版)

全国のJR線に乗り放題の「青春18きっぷ」の旅では、普通列車の本数が極端に少ない区間があり、何時間も待たなければならなことも。そんなときには、新幹線や特急列車に短い区間だけ乗車する「ワープ」を活用してみましょう。この記事では、「ワープ」の使い方と、「ワープ」を活用したいおすすめの区間を紹介します。
青春18きっぷ

青春18きっぷで東海道線の長距離をラクラク移動! 静岡県内のおすすめ乗り継ぎを紹介します!

青春18きっぷで東海道線を移動するときに難所となるのが、短い編成の列車が多いわりに比較的混雑している静岡県内です。この区間で快適に移動することができる乗り継ぎ方法を、実例とともにご紹介します。ポイントは、始発駅から乗車することと、できるだけ長距離の列車を選ぶことです。
ノウハウ

青春18きっぷの旅で活用したい長距離普通列車(北・東日本編) 上手に活用して一気に距離を稼ごう!(2021年版)

最近のJRの幹線区間のダイヤは、1~2時間程度の区間に列車が分割され、長距離を移動しようとすると乗り換えを余儀なくされます。ところが、路線によっては、比較的長距離を走る列車が残っていたり、運転日限定ながら観光列車やリゾート列車が長距離を走ったりします。この記事では、主に北日本・東日本の青春18きっぷの旅で活用したい長距離列車を紹介します。
ノウハウ

第三セクター区間、どうやって抜ける? 青春18きっぷの旅で三セク区間をお得に移動できるフリーきっぷ・割引きっぷまとめ!(2021~22年冬)

青春18きっぷでは乗車できない第三セクター路線の運賃はやや高め。青春18きっぷで旅をするときのハードルになってしまっています。この記事では、青春18きっぷの旅で、第三セクター路線の区間をお得に移動する方法を紹介します。
ノウハウ

【トキ鉄18きっぷ】えちごトキめき鉄道全線乗り放題で1,000円! 青春18きっぷを提示すると購入できるお得なフリーきっぷ!

えちごトキめき鉄道は、JR信越本線・北陸本線の一部を引き継いだ第三セクターです。北陸地方を青春18きっぷで旅するときには、どうしても避けられない路線ですが、運賃はかなり高め。そこで活用したいのが、青春18きっぷを提示すると購入できる「トキ鉄...
ノウハウ

中央本線 高尾発長野行きの長距離普通列車(441M)は俊足! 青春18きっぷの旅で活用しよう!

中央本線では比較的長距離を走る普通列車が多いですが、その中でも最も長距離を走るのが高尾発松本行き(441M)です。全国でもトップクラスの長距離普通列車です。さらに、各駅に停車するにもかかわらず、表定速度が50km/hを超える俊足です。長野到着が19時頃と使いやすい時間帯に運転されていますので、ぜひ青春18きっぷの旅で活用しましょう! ※2020.02.29更新(2020年3月ダイヤ改正に対応)
青春18きっぷ

青春18きっぷを上手に活用しよう! 移動時間の短縮や三セク区間でのお得な移動など、使いこなしのコツを解説します!

青春18きっぷ旅で普通列車ばかりを乗り継いでいると、移動に時間がかかりますし疲れてしまいます。そこで、他の交通機関での移動を取り入れることで移動時間を節約したり、プチ贅沢をしてグリーン車を利用したりといった、青春18きっぷの旅を、より満足度の高いものにするコツをまとめて紹介します。
ノウハウ

【秋の乗り放題パス(2021年版)】JR全線の普通・快速列車に3日間乗り放題のフリーきっぷ、北海道新幹線オプション券も発売!

JR各社は、2021年も「秋の乗り放題パス」を発売します。JR全線の普通列車・快速列車に連続する3日間乗り放題となります。この記事では、「秋の乗り放題パス」2021年版の詳細と、青春18きっぷとの違い、おすすめの利用法に加えて、おすすめの列車や路線を紹介します。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました