K'z Lifelog ~青春18きっぷと乗り鉄のブログ~

青春18きっぷの話題をはじめ、汽車旅のノウハウや鉄道関連のニュースなどを思うままに綴っていく乗り鉄ブログです。

【青春18きっぷ活用法】少しの出費で効率的な汽車旅を実現! 青春18きっぷにプラスして新幹線・特急列車も活用しよう!

おすすめ記事Pick Up! 2018年『秋の乗り放題パス』シーズン到来!

青春18きっぷで旅行をする場合、目的地が遠いと時間がかかってしまいます。そんなときは、全行程で青春18きっぷを利用することにこだわらず、一部区間で新幹線や特急列車を活用すると効率的に旅ができます。この記事では、青春18きっぷと合わせて、新幹線や特急列車を上手に活用して、効率的に汽車旅をする方法をご紹介します。

青春18きっぷ+新幹線・特急列車の利用

f:id:kzlife:20171203195417j:plain

青春18きっぷは、1日あたり2,370円で、日本全国のJR線の普通列車・快速列車が乗り放題という安さが大きなメリットです。そのため、格安で鉄道旅行を楽しみたい層には人気のフリーきっぷとなっています。

一方、青春18きっぷでは、新幹線や特急列車には乗車できないという制約がありますので、長距離の移動にはとても時間がかかります。無理に青春18きっぷだけで長距離を移動しようとすると、目的地までの移動だけで旅行が終わってしまうこともあります。

そこで、青春18きっぷに加えて、新幹線や特急列車を利用する ことを考えてみます。

例えば、片道だけ新幹線を利用して一気に目的地に到着し、そこから青春18きっぷを利用開始。各地で観光やグルメを楽しみながら、普通列車を乗り継いで自宅まで戻ってくるという使い方ができます。もちろん逆でもよいですし、往復は別の交通手段を利用し、目的地周辺でのみ青春18きっぷを利用することもできます。

もちろん、青春18きっぷだけを利用する旅行に比べるとお金はかかりますが、観光など旅行本来の目的に時間をかけることができるようになりますので、結果的に満足度が高い旅行になることも多いです。

青春18きっぷの利用を前提にして、部分的に新幹線や特急列車を利用する方法としては、

  • 目的地までの片道または往復に新幹線や特急列車を利用
  • 一部区間(普通列車の本数が少ない区間、普通列車では時間がかかる区間)で新幹線や特急列車を利用

が考えられます。

以下では、それぞれの具体的な利用方法について紹介します。

目的地までの片道・往復に新幹線や特急列車を利用

最もわかりやすいのがこの使い方でしょう。個人的には、片道300㎞を超えるようなところへ行くときには、青春18きっぷだけでなく、新幹線や特急列車の利用を検討します。300㎞はあくまで目安ですが、普通列車を乗り継ぐと6時間以上かかることが多く、移動だけで1日使ってしまうためです。

東京発の場合は、

  • 東北方面: 仙台・山形より先
  • 北陸方面: 新潟より先
  • 甲信越方面: 長野・松本より先

あたりが目安でしょうか。

特に、新幹線と並行している区間では、青春18きっぷでは乗車できない第三セクターの路線を経由しなくてはならない区間 があります。第三セクターの路線に乗車することが目的ならば別ですが、そうでないなら、第三セクターの運賃を別に払うくらいなら、もう少し奮発して新幹線に乗車する ことで、貴重な時間を節約することができます。

往路・復路のどちらかで新幹線・特急列車を利用

個人的によく使うのが、片道に新幹線や特急列車を利用するパターンです。往路は新幹線で一気に目的地に、その後、青春18きっぷでの乗り鉄を楽しみながら帰宅するということが多い です。

実際に、2泊3日で青森まで旅行した時には、

  • 初日は東北新幹線で一気に新青森へ
  • その後、リゾートしらかみ、きらきらうえつなどの観光列車の乗車を楽しみながら、五能線、羽越本線、上越線を経由して帰宅(青春18きっぷ3日分利用)

という汽車旅を実行しました。青森まで青春18きっぷでアクセスしていたら、おそらく2泊3日では、この行程は不可能でしょう。

www.kzlifelog.com

往復ともに新幹線・特急列車を利用

汽車旅の目的地が遠い場合には、往復で新幹線を利用することもあります。

例えば、2017年の夏に紀伊半島に旅行をした際には、

  • 往路・復路ともに東京~名古屋で東海道新幹線を利用
  • 青春18きっぷで紀伊半島のJR線(関西本線、参宮線、紀勢本線等)に乗車

という方法をとりました。

往復ともに新幹線を利用したことで、2泊3日の行程で、紀勢本線を全線普通列車で乗りとおしながら、伊勢神宮、紀伊勝浦や那智の滝(那智山)、潮岬などの観光もできました。

www.kzlifelog.com

東京~名古屋を、東海道本線の普通列車で乗り継いでいたら、片道で6時間以上はかかりますので、2泊3日の行程では単に列車に乗るだけの旅になってしまうでしょう。

早めの計画でお得な乗車券を購入しよう!

新幹線や特急列車を利用する場合には、早めに旅行の計画を立てて、お得な乗車券を利用するようにしましょう。

例えば、JR東日本、JR東海のサービスとしては、

  • JR東日本(各新幹線・主要特急列車): えきねっとトクだ値(前日まで)、お先にトクだ値(21日前まで)
  • JR東海(東海道新幹線): EX早得(3日前まで)、EX早得21(21日前まで)、EXこだまグリーン早得(3日前まで)

などがあります。

JR東日本のお先にトクだ値では、列車・席数限定ながら、中には40%引きのきっぷも設定されています。

これらのサービスは、インターネットでの事前予約・購入が必要ですので、早めに旅行の計画を立てて、きっぷを予約することをおすすめします

一部区間で新幹線や特急列車を利用(通称:ワープ)

f:id:kzlife:20171203194224j:plain

普通列車の少ない区間や、普通列車ではものすごく時間がかかる区間では、一部区間だけ新幹線や特急列車を利用することを考えましょう

ローカル線では、普通列車の乗り継ぎが悪く、次の列車まで1時間以上も待たなくてはならないことがよくあります。このような区間だけを、新幹線や特急列車に乗車することで、かなりの時間短縮になることがよくあります。青春18きっぷ業界(?)では、「ワープ」 と呼ばれている方法です。

「ワープ」の活用例

実際に、私が青春18きっぷで旅をしたときの「ワープ」の活用事例をご紹介します。

2017年夏に、紀伊半島に乗り鉄に行ったときのことです。紀勢本線の始発駅、亀山から、始発の新宮行き普通列車に乗車し、約4時間かけて新宮に到着しました。

新宮から先も紀勢本線を乗り継ぎ、串本まで行く予定でしたが、普通列車は約1時間後。そこで、7分で接続する「特急くろしお18号」でワープし、串本まで行ったことがあります。

  • 普通列車のみ利用: 亀山 06:08発 → 新宮 10:21着,新宮 11:25発 → 串本 12:42着
  • 「ワープ」を活用: 亀山 06:08発 → 新宮 10:21着,新宮 10:28発 → 串本 11:19着(くろしお18号)

串本到着時刻が1時間半近くも早くなります。新宮から串本までの乗車券+自由席特急券の合計で、1,410円の追加出費となりました。ワープを利用しないと、このあとの行程がつながりませんでしたので、ワープの効果は絶大でした。

www.kzlifelog.com

県境超え・峠越えはワープを活用しよう!

f:id:kzlife:20171203194318j:plain

ワープをうまく活用したいのが、県境や峠を越える区間 です。

県境付近では、普通列車の本数が極端に少なくなることがよくあります。ローカル線の普通列車の主要なお客さんは、高校生と年配の方々ですが、いずれも県境を超えた通学や買い物、病院通いなどは多くありません。そのため、県境付近では普通列車の本数が少なくなるのです。同一県内でも、山脈や峠を越えるような区間では、生活圏が異なることが多く、やはり普通列車の本数は少なくなります。

ところが、このような区間でも、特急列車はそれなりの本数が走っていたりします。特急列車は都市間を結ぶ列車ですので、県境を超えていくのですね。

具体例をあげましょう。奥羽本線(山形線)の福島駅(福島県)~米沢駅(山形県)の区間は、福島・山形の県境であるうえに、板谷峠という険しい峠越えの区間でもあります。この区間の普通列車と特急列車の本数(下り)は、以下のようになっています。

  • 普通列車:6本/日
  • 特急列車:15本/日(山形新幹線 つばさ号,臨時列車除く)

普通列車は1日6本しかなく、日中は4~5時間も間が空いてしまう時間帯があります。それに対して、山形新幹線つばさ号は、日中でも1時間に1本は運転されています。

ちなみに、福島~米沢間で山形新幹線を利用した場合、運賃760円+自由席特急料金750円=合計1,510円 となります。普通列車を何時間も待つくらいなら、1,510円を支払って「ワープ」したほうが時間の節約になりますね。

新幹線の隣接駅間は特急料金が割安!(特定特急券)

f:id:kzlife:20171203194119j:plain

「ワープ」を利用するときに覚えておきたいのが、新幹線の隣接駅間の自由席特急料金は割安に設定されている ことです。厳密には、この割安な区間の特急券は 「特定特急券」 というのですが、効力は自由席特急券(自由席に乗車できる特急券)だと思っておけば大丈夫です。

特定特急券は、新幹線の短距離利用を、本来の特急料金よりも割安に設定する目的で作られた制度です。

例えば、東海道新幹線の静岡~浜松では、

  • 指定席特急券: 2,250円(通常期)
  • 特定特急券(自由席): 980円

となっています。新幹線の自由席特急料金は、指定席特急料金から520円を引いた額ですので、本来であれば1,730円なのですが、それが980円と、おおよそ半額になっています。この区間、約77kmあり、普通列車では70分以上かかりますが、東海道新幹線では、こだま利用で約25分です。

この特定特急券、新幹線の隣接駅間(一部区間では二駅間での設定もあり)で利用できますので、覚えておいて損はないと思います。


以上、青春18きっぷに加えて、新幹線や特急列車を活用する方法をご紹介しました。うまく利用すれば、ちょっとの出費で効率的に移動することができますので、観光に時間を割くことができ、充実した旅行になると思いますよ。