ひさの乗り鉄ブログ

青春18きっぷの話題をはじめ、観光列車や風光明媚な路線の乗車記などを思うままに綴っていく乗り鉄ブログです。

【2020年 JRダイヤ改正】 中央線特急「あずさ」停車駅一覧、峡東3駅に2往復停車、下諏訪・富士見は停車本数倍増!

注目記事 【在宅勤務・テレワーク】通勤定期券の損益分岐点・払い戻しルール
【随時更新】JR各社 運休する定期列車・観光列車・臨時列車まとめ(2020年4~6月)
【随時更新】JR各社の長期運休中となっている路線・区間と代行輸送まとめ


2020年3月のJR東日本のダイヤ改正では、中央線特急「あずさ」の停車駅拡大が図られます。2019年のダイヤ改正で停車駅を大幅に削減しましたが、それに対して見直しが入った形です。この記事では、特急「あずさ」の停車駅がどのように変わるのかをご紹介します。「あずさ」限定ですが、ダイヤ改正後の停車駅一覧も掲載しています。

2020年3月のダイヤ改正で中央線特急「あずさ」の停車駅を拡大

JR東日本は、2020年3月のダイヤ改正で、中央線特急「あずさ」の停車駅を拡大します。

2020年3月のJR各社のダイヤ改正については、以下の記事をご覧ください。

www.kzlifelog.com

ダイヤ改正後の「あずさ」の停車駅は以下の表のとおりです。「●」はダイヤ改正前と同じ停車駅、「★」は今回のダイヤ改正で新たに停車するようになる駅です。

なお、「あずさ」のダイヤ自体は、停車駅が拡大した以外はそれほど大きく変わっていませんが、号数(あずさ〇〇号の〇〇の部分)の付け方が変わったため、同じ時間の「あずさ」でも号数が変わっていることに注意です。

「あずさ」(下り)停車駅一覧

列車 旧列車名 始発 東京 新宿 立川 八王子 大月 塩山 山梨市 石和温泉 甲府 韮崎 小淵沢 富士見 茅野 上諏訪 下諏訪 岡谷 塩尻 松本 備考
あずさ1号 あずさ1号 新宿 07:00
あずさ3号 あずさ3号 千葉 06:38
あずさ5号 あずさ5号 新宿 08:00 南小谷行き
あずさ9号 あずさ7号 新宿 09:00
あずさ13号 あずさ9号 新宿 10:00
あずさ17号 あずさ11号 新宿 11:00
あずさ19号 あずさ13号 新宿 11:30
あずさ21号 あずさ15号 新宿 12:00
あずさ25号 あずさ17号 新宿 13:00
あずさ29号 あずさ19号 新宿 14:00
あずさ33号 あずさ21号 新宿 15:00
あずさ37号 あずさ23号 新宿 16:00
あずさ41号 あずさ25号 東京 16:45
あずさ43号 あずさ27号 新宿 17:30
あずさ45号 あずさ29号 新宿 18:00
あずさ49号 あずさ31号 新宿 19:00
あずさ53号 あずさ33号 新宿 20:00
あずさ55号 あずさ35号 新宿 21:00
- 停車本数 2 18 17 18 5 2 2 2 18 8 14 4 18 17 4 14 14 18

「あずさ」(上り)停車駅一覧

列車 旧列車名 始発 松本 塩尻 岡谷 下諏訪 上諏訪 茅野 富士見 小淵沢 韮崎 甲府 石和温泉 山梨市 塩山 大月 八王子 立川 新宿 東京 備考
あずさ4号 あずさ2号 松本 06:30
あずさ6号 あずさ4号 松本 06:50
あずさ10号 あずさ6号 松本 08:00
あずさ14号 あずさ8号 松本 08:40
あずさ16号 あずさ10号 松本 09:10
あずさ18号 あずさ12号 松本 10:10
あずさ22号 あずさ14号 松本 11:10
あずさ26号 あずさ16号 松本 12:10
あずさ30号 あずさ18号 松本 13:10
あずさ34号 あずさ20号 松本 13:45
あずさ38号 あずさ22号 松本 14:50
あずさ42号 あずさ24号 松本 15:10
あずさ44号 あずさ26号 松本 15:50
あずさ46号 あずさ28号 南小谷 15:01
あずさ50号 あずさ30号 松本 17:20 千葉行き
あずさ54号 あずさ32号 松本 18:40
あずさ58号 あずさ34号 松本 19:30
あずさ60号 あずさ36号 松本 20:10
- 停車本数 18 15 15 5 17 18 5 14 8 18 2 2 2 3 18 17 18 2


ダイヤ改正で「あずさ」停車駅はどう変わるのか?

2019年3月のダイヤ改正では、「スーパーあずさ」と「あずさ」を統合したうえで、停車駅を大幅に減らしましたが、今回のダイヤ改正では多少の見直しが入りました。

停車する「あずさ」の本数が増えた駅と停車本数は以下の通りです。

停車駅 停車本数
- 下り 上り
大月 2本 → 3本 5本
塩山 0本 → 2本 0本 → 2本
山梨市 0本 → 2本 0本 → 2本
石和温泉 0本 → 2本 0本 → 2本
韮崎 7本 → 8本 7本 → 8本
富士見 2本 → 4本 2本 → 5本
下諏訪 2本 → 4本 2本 → 5本
岡谷 14本 14本 → 15本
塩尻 14本 14本 → 15本

「かいじ」のみ停車だった峡東3駅に「あずさ」2往復が停車へ

2019年3月のダイヤ改正では、「かいじ」のみ停車とし、すべての「あずさ」が通過となった峡東3駅(塩山、山梨市、石和温泉)ですが、今回のダイヤ改正では、上り下りの「あずさ」各2本が停車することになりました。

下り「あずさ」では、「かいじ」の始発列車(かいじ7号 新宿08:30発)より前に発車する「あずさ3号」(新宿07:30発)が停車するようになります。これにより、特急列車だけで、1時間以上早く峡東3駅に到着することができるようになります。

また、「あずさ55号」(新宿21:00発)が停車するようになります。これにより、「かいじ」の運転間隔が2時間半程度空いてしまう時間帯がなくなります。

一方、上りについては、「あずさ16号」(新宿11:53着)、「あずさ44号」(新宿18:43着)の2本が停車するようになります。この2本も、「かいじ」の運転間隔が1時間半~2時間程度空いてしまう時間帯に、峡東3駅に停車するようになります。

今回の峡東3駅への「あずさ」の停車駅拡大で、特に上り列車については、7時台~20時台まで、おおむね1時間間隔で新宿方面への特急列車が停車するようになります。

f:id:kzlife:20191213221345j:plain

富士見、下諏訪は「あずさ」停車本数倍増へ

前回、2019年3月のダイヤ改正で大幅に「あずさ」の停車本数が減らされた富士見駅、下諏訪駅ですが、今回のダイヤ改正では停車本数が増加します。

~2019年3月 ~2020年3月 ダイヤ改正後
富士見 下り 6本
上り 5本
下り 2本
上り 2本
下り 4本
上り 5本
下諏訪 下り 9本
上り 7本
下り 2本
上り 2本
下り 4本
上り 5本


前回のダイヤ改正以前ほどではないにせよ、停車本数が倍増しています。

下り列車では、「あずさ43号」(新宿17:30発)、「あずさ49号」(新宿19:00発)の夕方~夜間の2本が新たに停車するようになります。

上り列車では、午前中に新宿に到着する「あずさ10号」(新宿10:40着)、「あずさ16号」(新宿11:53着)と、夕方に新宿に到着する「あずさ44号」(新宿18:43着)の合計3本が新たに停車します。

前回のダイヤ改正時に、沿線の自治体から停車本数を拡大するよう要望がありましたが、今回のダイヤ改正では、JR東日本がその要望に応えた形です。それに見合うだけの需要を喚起できるかが、今後のポイントになりそうです。

「あずさ」の峡東3駅停車で「信州かいじ」は1年限り?

2019年3月のダイヤ改正以降、松本行きの臨時特急列車の中に、「信州かいじ」という列車がありました。

これまで、甲府発着が「かいじ」、松本発着が「あずさ」と使い分けられていました。ところが、2019年3月のダイヤ改正で遠近分離が明確にされたことで、発着駅ではなく、停車駅で列車名を使い分けるようになったようで、速達タイプが「あずさ」、各駅に停車するタイプが「かいじ」となっていました。

そのため、峡東3駅(塩山、山梨市、石和温泉)に停車する松本発着の臨時特急列車には「信州かいじ」というよくわからない列車名がつけられていました。

ただ、今回のダイヤ改正で、定期「あずさ」の一部が峡東3駅に停車するようになることから、2019年3月のダイヤ改正以前のように、甲府発着を「かいじ」、松本発着を「あずさ」と呼ぶようになりそうです。

「信州かいじ」という列車名は、1年限りということになりそうです。

千葉発南小谷行きの長距離「あずさ」が消滅、新宿発に短縮へ

今回のダイヤ改正で、千葉発南小谷行き(現在の「あずさ3号」)が消滅し、千葉発は松本行きへ、南小谷行きは新宿発に短縮されます。千葉発南小谷行きの現在の「あずさ3号」は、千葉06:38発、南小谷11:45着という、5時間以上も走るロングランの在来線特急列車でしたが、ダイヤ改正前日で運行終了となります。

南小谷発着の「あずさ」は、ダイヤ改正前後で以下の表のように変更になります。

千葉 新宿 松本 南小谷
ダイヤ改正前 あずさ3号 06:38発 07:27着/07:30発 10:23着/10:27発 11:45着
ダイヤ改正後 あずさ3号 06:38発 07:27着/07:30発 10:23着 -
あずさ5号 - 08:00発 10:37着/10:41発 11:56着
南小谷 松本 新宿 千葉
ダイヤ改正前 あずさ26号 14:22発 15:46着/15:50発 18:36着 -
ダイヤ改正後 あずさ50号 15:01発 16:25着/16:30発 19:06着 -


南小谷行きの下り「あずさ」は、これまでの「あずさ3号」から、1本後の「あずさ5号」に変更になります。新宿発車時刻では30分遅くなりますが、「あずさ3号」が特急停車駅にすべて停車するのに対して、「あずさ5号」は通過駅があるため、南小谷到着は11分しか変わりません。

一方、南小谷発の上り「あずさ」は、14時22分発から15時01分発へと39分繰り下がり、新宿到着も30分遅くなります。

「富士回遊」1往復増発、千葉発・あずさ併結の「富士回遊」が誕生!

今回のダイヤ改正で、中央本線から富士急行線へ直通する特急「富士回遊」が1往復増発され、これまでの2往復から3往復となります。

ダイヤ改正前後の「富士回遊」のダイヤは、以下のようになります。

千葉 新宿 大月 河口湖
ダイヤ改正前 富士回遊1号 - 08:30発 09:35着/09:42発 10:22着 かいじ1号に併結
富士回遊3号 - 09:30発 10:35着/10:42発 11:22着 かいじ3号に併結
ダイヤ改正後 富士回遊3号 06:38発 07:26着/07:30発 08:30着/08:37発 09:21着 あずさ3号に併結
富士回遊7号 - 08:30発 09:35着/09:42発 10:24着 かいじ7号に併結
富士回遊11号 - 09:30発 10:35着/10:42発 11:24着 かいじ11号に併結
河口湖 大月 新宿 千葉
ダイヤ改正前 富士回遊16号 15:05発 15:48着/15:55発 16:58着 - かいじ16号に併結
富士回遊20号 17:38発 18:21着/18:28発 19:27着 - かいじ20号に併結
ダイヤ改正後 富士回遊36号 15:04発 15:48着/15:57発 16:58着 - かいじ36号に併結
富士回遊44号 16:51発 17:35着/17:45発 18:43着 - あずさ44号に併結
富士回遊48号 17:36発 18:21着/18:30発 19:27着 - かいじ48号に併結


増発されたのは、太字で示した下り「富士回遊3号」と上り「富士回遊44号」です。

「富士回遊3号」は、前述の千葉発の「あずさ3号」に併結して運転されます。つまり、千葉発の「富士回遊」が誕生することになります。「富士回遊3号」は、ダイヤ改正前の富士回遊1号(新宿08:30発)よりも1時間早い時間帯に設定されましたので、河口湖に1時間早い09:21に到着することができます。

また、これまで、「富士回遊」の併結相手は「かいじ」だったわけですが、今回のダイヤ改正で増発される1往復は、「あずさ」と併結されます。

2019年3月のダイヤ改正でデビューした「富士回遊」ですが、臨時列車もほぼ毎日のように運転されていました。それだけ人気のある列車ですから、今回のダイヤ改正で1往復が定期列車に昇格したということになります。

f:id:kzlife:20191217185110j:plain

特急列車の号数を変更、「あずさ」「かいじ」で統一の号数へ

今回のダイヤ改正では、これまで紹介してきた「あずさ」の停車駅拡大、南小谷発着「あずさ」の時刻変更、「富士回遊」増発以外には、ダイヤ自体は大きく変更されていません。もちろん、停車駅が拡大したため、数分の違いはありますが、せいぜいその程度です。

しかし、特急列車の「号数」の付与ルールが大きく変更になっています。

  • ダイヤ改正前: 「あずさ」と「かいじ」「富士回遊」では別々の号数を付与
    • あずさ1号、3号、5号、…
    • かいじ1号、3号、5号、…
  • ダイヤ改正後: 「あずさ」「かいじ」「富士回遊」で統一の号数を付与
    • あずさ1号、あずさ3号、あずさ5号、かいじ7号、あずさ9号、…

ダイヤ改正前は「あずさ1号」と「かいじ1号」が存在しましたが、ダイヤ改正後は、「あずさ」と「かいじ」で号数が統一されたため、同じ号数の「あずさ」と「かいじ」は存在しないことになりました。

例えば、下りの「かいじ」の一番列車は「かいじ7号」ですし、上りの最終「かいじ」は「かいじ56号」となります。

上り特急の一番列車(新宿に一番に到着する列車)は「かいじ2号」となり、「あずさ2号」が列車名としても消えたことが話題になりました。

この号数の変更は、本来なら、特急列車の運行体系を大きく変更した前回のダイヤ改正で実施すべきでした。今回のダイヤ改正では、列車のダイヤは大きく変わっていないため、特急列車をよく利用する人ほど混乱しそうです。


以上、「【2020年 JRダイヤ改正】 中央線特急「あずさ」停車駅一覧、峡東3駅に2往復停車、下諏訪・富士見は停車本数倍増!」でした。今回のダイヤ改正は、昨年の大幅改正後の微調整というレベルですが、今後も利用状況を見ながら停車駅の調整が入るのだろうと思います。