ひさの乗り鉄ブログ

青春18きっぷの話題をはじめ、観光列車や風光明媚な路線の乗車記などを思うままに綴っていく乗り鉄ブログです。

ローカル線で雪見鉄! 雪景色を眺めながらのんびり乗りたいローカル線3選!


注目記事 【GoToトラベル】地域共通クーポンで買えるJR各社のお得なきっぷ
【2020年秋の臨時列車】JR各社の注目の臨時列車まとめ
【JR各社】2020年秋に使えるJR各社の格安きっぷまとめ

冬の鉄旅の醍醐味といえば、やはり「雪見鉄」。雪景色を眺めながら、暖房のきいた暖かい車内で過ごす時間は、とても贅沢なものです。そんな雪見鉄におすすめのローカル線を3つご紹介します。すべて普通列車が走るJRのローカル線ですので、冬の青春18きっぷでの旅もおすすめです。

冬の鉄旅は「雪見鉄」が一番!

f:id:kzlife:20201117162404j:plain

冬の鉄道旅行、乗り鉄におすすめの路線が、雪景色を眺められる路線です。冬に豪雪地帯を走る路線に乗ると、車窓は雪とどんよりとした曇り空のモノトーン。いかにも寒そうな風景を眺めながら、暖房が効きすぎて暑いくらいの車内でぼーっと過ごすのが、最高の贅沢です。

そんな「雪見鉄」を楽しめるローカル線は、北海道や東北地方を中心にたくさんありますが、この記事では、首都圏から比較的近い甲信越地方の路線を紹介してみます。いずれも、筆者が冬の青春18きっぷの旅で乗車したことのある路線です。

【只見線】雪景色の里山と只見川の車窓が魅力!

福島県の会津若松駅と新潟県の小出駅を結ぶ只見線。全長は135kmにも及ぶ乗りごたえのあるローカル線です。会津側は会津盆地や里山の風景、そして、只見川が車窓を彩ります。そして、新潟側は破間川がつくる渓谷美が美しい路線です。首都圏から比較的近いにもかかわらず、ローカルムードたっぷり。キング・オブ・ローカル線、それが只見線の魅力です。

只見線の雪見鉄の魅力

f:id:kzlife:20201117162440j:plain
六十里越えの近くにある田子倉湖の車窓

そんな只見線の沿線は豪雪地帯。特に、新潟・福島県境にある六十里越トンネルの周辺は雪深い地域で、冬になると国道も閉鎖されてしまうほどの雪になります。

国鉄再建の際に、各地でローカル線が廃止されたり、第三セクターに移管されたりしました。只見線は、それらの路線よりもさらに乗客が少ない超閑散路線であったにもかかわらず、廃止対象から外れましたが、その理由が六十里越付近の豪雪だったのです。国道が閉鎖されてしまう冬季は、福島・新潟県境を超える唯一の交通機関が只見線なのですね。

f:id:kzlife:20201117162655j:plain
只見川に広がるモノトーンの車窓

そんな只見線ですから、「雪見鉄」にはぴったり。比較的雪が少ない会津盆地から、只見川沿いに里山が続く区間、そして、只見駅から六十里越への豪雪区間や破間川の渓谷美。車窓も徐々に移り変わっていきますので、ぜひ全線に乗車してみてください。

只見線へのアクセス・おすすめの乗車プラン

只見線はローカル線ですので、列車の本数がとても少ないです。基本的に普通列車しか運転されておらず、特急列車などの優等列車はありません。福島・新潟県境を超える小出~只見間の列車は1日3往復だけです。この区間の列車を軸に、乗り継ぎプランを決めるとよいでしょう。

福島側は、全ての列車が会津若松駅発着となっています。会津若松へは、郡山または新潟(新津)から磐越西線でアクセスすることになります。一方、新潟側の小出駅は、上越線の駅です。上越新幹線の浦佐駅から新潟方面へ2つ目です。

f:id:kzlife:20201117162535j:plain
まだ暗い中、出発を待つ只見線の始発列車(会津若松駅)

筆者のおすすめは、会津若松発06時03分の始発列車からの乗り継ぎです。会津若松駅周辺での前泊が必要になりますが、まだ暗い会津若松駅を出発して、会津盆地を走っているうちに徐々に夜が明けていきます。そして、この列車からは、会津川口駅での代行バスや、只見駅での代行バスから小出行きの列車への乗り継ぎが良いのです。

なお、只見線は、2011年の豪雨被害により、現在も会津川口~只見間が運休となっています。代行バスが走っていますので、鉄道と代行バスを乗り継いで、会津若松~小出間を移動することは可能です。

冬季の只見線の車窓については、以下の乗車記をご覧ください。乗車したのは2019年12月で、まだ雪が少ない時期でしたが、「雪見鉄」の雰囲気を味わうことができました。代行バスの様子も紹介しています。

www.kzlifelog.com

【飯山線】千曲川沿いの豪雪地帯を走るローカル線!

豪雪地帯を走る路線として、只見線に負けず劣らずの路線が飯山線です。新潟県の越後川口駅と長野県の豊野駅を結ぶ、全長96.7kmのローカル線です。

飯山線の雪見鉄の魅力

飯山線といえば千曲川。ほぼ全線に渡って、千曲川(新潟県に入ると信濃川)に沿って走っています。

f:id:kzlife:20201117162819j:plain
日本最高積雪地点を示す標柱(森宮野原駅)

飯山線が走る新潟・長野県境付近は日本でも有数の豪雪地帯。県境の長野側にある「森宮野原駅」では、かつて、積雪7.85メートルを記録したことがあります。

f:id:kzlife:20201117162936j:plain
ゆったりと流れる日本最長の川「千曲川」

そんな豪雪地帯を走りますので、雪見鉄にはもってこいの路線です。雪に覆われた集落の中をゆったりと流れる千曲川・信濃川。真冬になると白と黒だけも世界。そんな車窓が延々と続いていきます。

f:id:kzlife:20201117163011j:plain
飯山線を走るJR東日本の「キハ110系」気動車

飯山線を走る列車は、JR東日本の気動車「キハ110系」。車内は4人掛けと2人掛けの向かい合わせのクロスシートですので、ぜひ窓側の座席を確保して、車窓を眺めながら旅をしたいところです。

飯山線へのアクセス

飯山線もローカル線ですが、只見線に比べるとそこそこ本数はあります。とはいえ、日中は2時間以上、列車がない時間帯もありますので、あらかじめ時刻表を調べて乗車する列車と、前後の乗り継ぎを決めておきましょう。

長野県側は、全ての列車がしなの鉄道線に乗り入れて、長野駅発着となっています。長野駅へは、北陸新幹線やしなの鉄道線でアクセスできます。

一方、新潟県側は、十日町発着の列車と、越後川口駅発着の列車があります。十日町駅へは、越後湯沢から北越急行ほくほく線でアクセスできます。越後川口駅は上越線との接続駅です。上越新幹線の浦佐駅や長岡駅から上越線でアクセスするのがよいでしょう。

只見線~飯山線「雪見鉄」乗り継ぎプラン

f:id:kzlife:20201117163123j:plain
飯山線の起点駅「越後川口駅」

筆者のおすすめは、前述の只見線との「雪見鉄」乗り継ぎプランです。

只見線の小出駅と、飯山線の越後川口駅は、上越線の普通列車でたった3駅しか離れていません。そのため、この二つの路線を乗り継ぐプランが用意につくれます。

以前、筆者が実践したのは、以下の乗り継ぎです。(ダイヤは2020年3月改正に修正)

  • 只見線
    • 会津若松 06:03発 → 会津川口 08:06着(普通列車)
    • 会津川口 08:15発 → 只見 09:05着(代行バス)
    • 只見 09:30発 → 小出 10:43着(普通列車)
  • 上越線
    • 小出 12:02発 → 越後川口 12:13着(普通列車)※土休日のみ運転
  • 飯山線
    • 越後川口 13:10発 → 戸狩野沢温泉 15:01着(普通列車)
    • 戸狩野沢温泉 15:39発 → 長野 16:49着(普通列車)

小出12:02発の列車は土休日のみ運転ですので、平日は、11:12発、または、12時57発のいずれかになります。

f:id:kzlife:20201117163224j:plain
飯山線は戸狩野沢温泉駅で乗り換えになることも

逆向きのプランもありますが、長野駅出発が5時10分と非常に早いうえに、小出駅での乗り継ぎがあまりよくありません。

  • 飯山線
    • 長野 05:10発 → 越後川口 08:50着(普通列車)
  • 上越線
    • 越後川口 08:59発 → 小出 09:10着(普通列車)
  • 只見線
    • 小出 13:11発 → 只見 14:28着(普通列車)
    • 只見 14:32発 → 会津川口 15:22着(代行バス)
    • 会津川口 15:29発 → 会津若松 17:18着(普通列車)

冬季の飯山線の乗車記については、以下の記事をご覧ください。前述の、只見線からの乗り継ぎで乗車したときのものです。

www.kzlifelog.com

【大糸線】姫川の渓谷美と安曇野の雪景色が美しい路線

大糸線は、長野県の松本駅と、新潟県の糸魚川駅を結ぶ路線です。松本~南小谷間はJR東日本が運行する電化路線、南小谷~糸魚川はJR西日本が運行する非電化路線となっています。

只見線や飯山線の沿線に比べると豪雪地帯ではないのですが、安曇野の里山風景や北アルプスの山々、仁科三湖、姫川沿いの渓谷美など、車窓が次々と移り変わっていきますので、いろいろな雪景色を眺めることができます。

大糸線の雪見鉄の魅力

大糸線の雪見鉄の魅力は、前述のように、いろいろな雪景色を眺められることです。

f:id:kzlife:20201117163403j:plain
姫川の渓谷に沿って走る大糸線北部(糸魚川~南小谷)

糸魚川~南小谷のJR西日本の区間は、姫川という川に沿って走りますが、姫川がつくった深い渓谷が特徴的です。雪に静まり返った渓谷を、ディーゼルカーがエンジン音を響かせて走ります。地形が険しい区間なので、列車の速度はとてもゆっくり。約35kmの区間を1時間ほどかけて走ります。

途中駅での乗降が少ない閑散区間でもあります。車窓を眺めながら、のんびりと旅をするには良い路線です。

f:id:kzlife:20201117163451j:plainf:id:kzlife:20201117163452j:plain
静寂に包まれた冬の仁科三湖

南小谷から南側のJR東日本の区間の見どころの一つが、白馬~信濃大町間の仁科三湖です。木崎湖、中綱湖、青木湖という3つの小さな湖が連なる区間で、大糸線の列車は、湖のすぐそばを通ります。

夏は緑が鮮やかですが、冬はモノトーンの世界。いかにも寒そうな車窓を眺めるのも、雪見鉄の醍醐味ですね。

f:id:kzlife:20201117163553j:plain
雪景色の安曇野

信濃大町から松本にかけては、安曇野の盆地が続きます。西側には北アルプスが連なる区間ですが、冬季はあまり見えないかもしれません。

このように、大糸線は、渓谷から湖、盆地まで、いろいろな雪景色を楽しむことができます。

大糸線へのアクセス

大糸線の南側、松本駅へは、首都圏からは特急「あずさ」、中京圏からは特急「しなの」でアクセスできます。大糸線の松本~信濃大町間は、日中でも1時間に1本ほどの列車がありますが、信濃大町~南小谷間は列車の本数が少ないので要注意です。

一方、大糸線の北側、糸魚川駅は北陸新幹線の停車駅です。在来線であれば、第三セクターのえちごトキめき鉄道でアクセスできます。大糸線の南小谷~糸井川間は、本数がとても少ないので、あらかじめ時刻表を見て予定を立てておきましょう。

大糸線おすすめの乗車プラン

f:id:kzlife:20201117163635j:plain
大糸線北部を走るJR西日本の「キハ120形」気動車

JR西日本区間の南小谷~糸魚川間は、キハ120形という気動車で運転されています。たいていは1両での運転となります。姫川を見やすいのは、西側、糸魚川行きでは進行方向左側、南小谷行きでは右側になります。ボックスシートの列車ですので、早めに乗車して窓際を確保しましょう。

f:id:kzlife:20201117163727j:plain
大糸線南部の主力はJR東日本の「E127系」電車

松本~南小谷のJR東日本の区間は、普通列車としてはE127系と211系が走っています。E127系はボックスシートとロングシートの混合、211系はロングシートが多いです。

f:id:kzlife:20201117164106j:plain
大糸線の観光列車「リゾートビューふるさと」

大糸線に乗車する際におすすめしたいのが、観光列車「リゾートビューふるさと」です。

冬季は、土休日を中心に、長野~松本~南小谷間で1往復運転されます。2両編成の観光列車ですが、座席は全てリクライニングシートで、足元がとても広くなっています。乗車券(青春18きっぷも可)+指定席券(530円)で乗車できます。

「リゾートビューふるさと」については、以下の記事もぜひご覧ください。車内の様子や、車窓のポイントも詳しく紹介しています。

www.kzlifelog.com


以上、「ローカル線で雪見鉄! 雪景色を眺めながらのんびり乗りたいローカル線3選!」でした。暖かい車内から雪景色を眺める旅は最高です。冬の鉄道旅行、冬の青春18きっぷ旅の参考にしてもらえれば幸いです。

関連記事

冬の青春18きっぷで乗りたい観光列車・臨時列車の記事(2020-21年版)です。

www.kzlifelog.com

冬といえば、富士山を眺める旅もおすすめです。車窓から富士山を堪能できる路線をまとめた記事です。

www.kzlifelog.com