ひさの乗り鉄ブログ

青春18きっぷの話題をはじめ、観光列車や風光明媚な路線の乗車記などを思うままに綴っていく乗り鉄ブログです。

シルバーフェリーの八戸・室蘭航路で北海道~本州を移動しよう! 八戸→室蘭便は夜行列車代わりにも利用できます!


注目記事 【秋の乗り放題パス】2020年10月3日(土)~25日(日)利用可
【2020年秋の臨時列車】JR各社の注目の臨時列車まとめ
【在宅勤務・テレワーク】通勤定期券の損益分岐点・払い戻しルール

シルバーフェリーが運航する八戸・室蘭航路。室蘭→八戸は夜行便となっており、北海道から本州への夜行列車代わりに利用できそうです。この記事では、鉄道旅行で北海道~本州を行き来するときに、シルバーフェリーの八戸・室蘭航路を利用するための乗り継ぎなどを紹介します。

なお、本航路は、2018年に宮古・室蘭航路として新たに運行開始したあと、2020年4月からは八戸・室蘭航路へと変更になりました。

※2020.04.03更新

シルバーフェリーの八戸・室蘭航路とは?

シルバーフェリーは、2020年4月から、八戸・室蘭航路の運航を開始しました。

基本的に毎日運航で、ダイヤは以下の通りです。

  • 八戸港 06:45発 → 室蘭港 14:00着
  • 室蘭港 20:30発 → 八戸港 03:30着


八戸~室蘭の旅客運賃は以下のとおりです。

大人 小人 学生
特等 13,000円 6,500円 -
1等 10,400円 5,200円 -
2等寝台B 6,500円 3,250円 5,460円
2等 5,200円 2,600円 4,160円


特等は定員2名のツインルーム(個室)、1等は定員4名の洋室または和室(個室)、2等寝台Bは2段ベッド(一部屋18~24名)、2等は雑魚寝のオープンスペースです。2等寝台Bと2等には学生割引も設定されています。

詳しくは、シルバーフェリーのサイトをご覧ください。

シルバーフェリー 八戸港・室蘭港へのアクセス

フェリーの旅でやっかいなのが、最寄り駅からフェリーターミナルまでのアクセスです。以下で、八戸港、室蘭港への鉄道駅からのアクセスを詳しく紹介します。

八戸港へのアクセス

八戸港へは、JR本八戸駅(一部はJR八戸駅)から「シルバーフェリーシャトルバス(南部バス)」が運行されています。

  • フェリーターミナル方面
    • 本八戸駅 07:30発 → 八戸港フェリーターミナル 07:50着
    • 八戸駅前 20:25発 → 本八戸駅 20:50発 → 八戸港フェリーターミナル 21:05着
  • 本八戸駅・八戸駅方面
    • 八戸港フェリーターミナル 05:40発 → 本八戸駅 05:55着 → 八戸駅前 06:19着
    • 八戸港フェリーターミナル 08:05発 → 本八戸駅 08:30着

※本八戸駅~八戸港フェリーターミナル間の運賃は300円

ただし、八戸・室蘭航路の発着にあわせたバスはありません。唯一使えそうなのは、太字で示した八戸港フェリーターミナル05:40発のバスですが、フェリーの八戸港着が03:30ですので、2時間以上空いてしまいます。

タクシーを利用すると、本八戸駅から約15分、深夜割増料金(22時~翌5時)で2,100円ほどになります。

室蘭港へのアクセス

鉄道の最寄り駅はJR室蘭本線の室蘭駅です。室蘭駅から約1km(徒歩15分)ですので、徒歩でも十分アクセス可能です。


また、室蘭駅及び東室蘭駅と室蘭フェリーターミナルを結ぶ路線バス(道南バス)が運行されています。

  • 室蘭駅方面(登別温泉行き)
    • 室蘭フェリーターミナル 16:25発 → 室蘭駅前 16:29着
  • 室蘭フェリーターミナル方面(洞爺湖温泉発 室蘭フェリーターミナル行き)
    • 東室蘭駅西口 19:25発 → 室蘭フェリーターミナル 20:05着

室蘭市内の路線バスは、早朝しか室蘭フェリーターミナル発の便がありません。登別温泉行きや、洞爺湖温泉発の郊外路線バスを利用しましょう。

詳しくは、道南バスのWebサイトをご覧ください。

www.donanbus.co.jp

シルバーフェリー夜行便(室蘭→八戸)と普通列車の乗り継ぎダイヤ

f:id:kzlife:20180622235849j:plain

青春18きっぷなどで旅行する場合には、夜行便となる室蘭→八戸便の使い勝手が良いです。かつての北海道→本州の夜行列車の代わりに利用できるでしょう。

道内各地から室蘭への乗り継ぎと、八戸港からの乗り継ぎは以下のとおりです。

  • 道内各地→室蘭港からシルバーフェリーへの乗り継ぎ
    • 札幌 17:11発 → 北広島 17:27着/17:29発 → 苫小牧 18:14着/18:28発 → 室蘭 20:00着
    • 旭川 13:47発 → 滝川 14:38着/14:45発 → 岩見沢 15:24着/16:32発 → 苫小牧 17:59着/18:28発 → 室蘭 20:00着
    • 函館 10:57発 → 森 12:21着/13:44発 → 長万部 14:57着/15:24発 → 東室蘭 16:53着/17:12発 → 室蘭 17:24着


  • 八戸港フェリーターミナルから各地へ乗り継ぎ
    • 八戸港フェリーターミナル 05:40発 → 本八戸駅 05:55着(南部バス)
    • 三陸鉄道方面: 本八戸 06:13発 → 久慈 07:56着/08:05発 → 宮古 09:46着
    • 東北本線方面: 本八戸 06:13発 → 八戸 06:23着/07:13発 → 盛岡 09:00着

盛岡から東北本線の普通列車を乗り継いでいくと、八戸港に到着したその日のうちに東京まで行くことができます。(21時52分着)

シルバーフェリー 八戸・苫小牧航路と使い分けよう!

シルバーフェリーには、八戸と苫小牧を結ぶ航路もあります。こちらは1日に4往復運行されていて、夜行便も使いやすい時間帯です。

  • 八戸港 22:00発 → 苫小牧港 翌06:00着
  • 苫小牧港 21:15発 → 八戸港 翌04:45着
  • 苫小牧港 23:59発 → 八戸港 翌07:30着

苫小牧港は、室蘭港よりも札幌に近いため、北海道に到着後、札幌や旭川、道北や道東を鉄道で目指すのであれば、八戸・苫小牧航路のほうが使いやすいです。

一方、函館方面や、長万部から函館本線(山線)経由でニセコや小樽方面へアクセスするのであれば、本記事で紹介している八戸・室蘭航路がよいでしょう。

ただし、八戸・室蘭航路は夜行便となるのが室蘭→八戸便しかありませんので、本州から北海道へ渡る際に夜行便を利用したければ、八戸・苫小牧航路を利用しましょう。

八戸・苫小牧航路については、以下の記事で詳しく紹介していますので、ぜひご覧ください。

www.kzlifelog.com

青春18きっぷの旅の味方! 北海道~本州のフェリーの選択肢が増える!

北海道~本州を結ぶ夜行列車はなくなってしまいましたが、手頃な値段で乗船できるフェリーの選択肢は充実しつつあります。

今回ご紹介した「シルバーフェリー」(川崎近海汽船)は、前述のとおり、八戸港~苫小牧港のフェリーも運航しています。こちらも夜行便が使いやすい時間にあります。青い森鉄道とのコラボきっぷも発売しています

また、青森港~函館港には、青函フェリー、津軽海峡フェリーの2社あわせて16往復も運航されています。2等運賃も2,000円前後と、とても使いやすい価格です。

青春18きっぷにも「北海道新幹線オプション券」がありますが、乗り継ぎがイマイチなうえに、目的地・出発地が道央や道東の場合には函館からの移動が大変です。そんなときに、苫小牧港や室蘭港のフェリーを活用するとよさそうですね。

鉄道中心の旅で、北海道~本州を移動する手段については、以下の記事にまとめていますので、ぜひご覧ください。

www.kzlifelog.com


以上、「シルバーフェリーの八戸・室蘭航路で北海道~本州を移動しよう! 八戸→室蘭便は夜行列車代わりにも利用できます!」でした。フェリーの夜行便は、寝ている間に移動できるうえに、宿代もかからないという、青春18きっぷを利用する格安旅行派には強い味方です。そんなフェリーの選択肢が増えるのはうれしいですね。

関連記事

青春18きっぷ+フェリーの提案記事です。本州~北海道の航路を、夜行便を中心に紹介しています。

www.kzlifelog.com

青春18きっぷ関連のまとめページです。最新情報や基礎知識から、ちょっとした使いこなしのコツまでをご紹介しています。

www.kzlifelog.com