ひさの乗り鉄ブログ

青春18きっぷの話題をはじめ、観光列車や風光明媚な路線の乗車記などを思うままに綴っていく乗り鉄ブログです。

東京→仙台の長距離移動は旅情・車窓重視の水郡線・磐越東線ルートで! 青春18きっぷで遠回りの汽車旅を楽しんでみませんか?


注目記事 【秋の乗り放題パス】2020年10月3日(土)~25日(日)利用可
【2020年秋の臨時列車】JR各社の注目の臨時列車まとめ
【在宅勤務・テレワーク】通勤定期券の損益分岐点・払い戻しルール

青春18きっぷで東北方面を目指す場合、東北本線をひたすら北上するのが最も所要時間の短いルートです。ところが、東北本線は細切れダイヤで乗り継ぎが非常に多く、落ち着いて移動することができません。時間はかかりますが、旅情や車窓を重視したい場合には、水郡線や磐越東線まわりのルートで旅をしてみてはいかがでしょうか? この記事では、東京~仙台を移動するときにの、東北本線以外のおすすめルートを紹介します。

※2020.07.06更新

東京~仙台、最短・最速ルートも、乗り継ぎの多い東北本線

旅情・車窓: ★☆☆☆☆
所要時間: ★★★★☆(約7時間)
乗り換え: ★☆☆☆☆(5回以上)

青春18きっぷで東北方面へ向かう場合、最短・最速ルートは東北本線経由です。ところが、東北本線は、乗り継ぎが多く、繁忙期には混雑することが多いうえに、車窓は比較的単調です。

東北本線の普通列車は、区間運転と言って、1本の列車はおおむね1時間程度の距離しか走りません。つまり、何度も乗り換えが必要になるわけです。

時間帯によっても異なりますが、典型的な例では、

  • 東京 → 宇都宮 → 黒磯 → 新白河 → 郡山 → 福島 → 仙台

というように、東京から仙台まで5回もの乗り継ぎが必要 です。

f:id:kzlife:20190620182509j:plain
東北本線のE531系 黒磯~新白河間の短距離を走ります

従来から乗り継ぎが多かったのですが、2017年10月のダイヤ改正で、黒磯と郡山の間の新白河でも列車が分断され、さらに乗り継ぎが増えてしまいました。

www.kzlifelog.com

また、お盆休みや年末年始は、青春18きっぷで帰省をする乗客も多く、かなり混雑します。区間によっては2両編成の電車だったりしますので、ずっと立ちっぱなしということもあり得ます。

東北本線の繁忙期(お盆休み)の状況については、筆者が実際に青春18きっぷで東京~福島を移動したときの様子を、以下の記事で紹介しています。

www.kzlifelog.com

ということで、東北本線よりも時間はかかるものの、旅情があり、車窓もよいルートを3つほどご紹介します。私も、東北方面への乗り鉄の際にはよく利用するルートです。

旅情・車窓ともにおすすめ! 水郡線ルート(東京→水戸→郡山→仙台)

旅情・車窓: ★★★★☆
所要時間: ★★☆☆☆(約8時間)
乗り換え: ★★★★☆(3~4回)

(2020.07.06追記)水郡線は2019年の台風の影響で、2020年7月現在、袋田~常陸大子間で不通となっています。代行バスが運転されていますが、時間がかかりますので注意が必要です。


f:id:kzlife:20180405214114j:plain

まず、おすすめしたいのが、水戸~郡山を結ぶ水郡線を利用するルート です。このブログでも何度か水郡線を紹介していますが、久慈川という川に沿って走る川の景色が美しい路線です。

このルートでは、

  • 東京 → 水戸(常磐線:グリーン車あり)
  • 水戸 → 郡山(水郡線)
  • 郡山 → (福島) → 仙台(東北本線)

という3つの路線を乗り継いでいきます。

水郡線は久慈川に沿う「川の路線」

東京から水戸までは、常磐線の10両や15両の電車が直通します。青春18きっぷ+グリーン券で利用できるグリーン車(自由席)も連結されていますので、ゆったりと汽車旅ができます。

水戸からは、このルートのメインディッシュともいうべき水郡線に乗り換えです。

以下の記事でも紹介している通り、久慈川という清流に沿って進む、代表的な「川の路線」 です。

www.kzlifelog.com

久慈川と絡み合うように、何度も久慈川を渡って進んでいくのが印象的です。また、途中の袋田駅の近くには、日本三名瀑の一つ、「袋田の滝」があります。途中下車して訪ねてみるのもよいでしょう。

f:id:kzlife:20190620183051j:plain
久慈川の流れに沿って進む水郡線 車窓・旅情ともにイチオシ!

袋田の滝の様子や、袋田駅からのアクセスについては、以下の記事でまとめて紹介していますので、ぜひご覧ください。

www.kzlifelog.com

水戸から郡山まで、全線を走破する列車が1日数本あります。乗車時間は3時間ほどと、かなり長時間の乗車になります ので、飲み物やおやつなどを用意しておくとよいでしょう。

f:id:kzlife:20190620182730j:plain
郡山からは東北本線に乗り換え!

郡山からは東北本線で仙台を目指します。時間帯によっては仙台へ直通する列車もありますが、途中の福島で乗り換えが必要になることが多いです。

水郡線ルート、水戸近辺は混雑するため早めにホームに並ぼう

水郡線ルートの混雑状況や乗り継ぎのコツを、路線ごとにまとめてみます。

路線 区間 混雑状況・コツ
常磐線 東京~水戸 ラッシュ時間帯を外せば空いている
普通列車グリーン車がおすすめ
水郡線 水戸~郡山 水戸近辺は混雑することが多い
早めにホームに並んでおこう
東北本線 郡山~仙台 混んでいることが多い
時間があれば1本あとの列車がおすすめ!


水郡線の水戸近辺は、通勤通学客が多いうえに、袋田の滝などへの観光客も乗車するため、かなり混雑します。水戸から乗車するときには、早めにホームに並んでおくことをおすすめします

なお、東京~仙台の所要時間は約8時間。東北本線ルートと比べると2時間ほど余計にかかりますが、今回紹介するルートの中では、車窓、旅情ともにイチオシです!

最も空いている! 磐越東線ルート(東京→いわき→郡山→仙台)

旅情・車窓: ★★★☆☆
所要時間: ★★☆☆☆(約8時間半)
乗り換え: ★★★☆☆(4~5回)

f:id:kzlife:20180405214628j:plain

先ほどご紹介した水郡線ルートと同じく、常磐線から郡山へ出るルートですが、いわきから磐越東線を利用するルートです。

  • 東京 → 水戸 → いわき(常磐線)
  • いわき → 郡山(磐越東線)
  • 郡山 → (福島)→ 仙台(東北本線)

磐越東線は 福島県内の郡山~いわきを結ぶ路線 です。福島県内に閉じる路線なので、地元の方以外はあまりなじみのない路線ではないかと思います。

太平洋の大海原を車窓から! 常磐線(水戸~いわき)

f:id:kzlife:20190620183156j:plain
常磐線の車窓からは太平洋が!

常磐線は、東京~水戸間は内陸部を走るために、ほとんど海を見ることはできません。

ところが、水戸から先は、ところどころで太平洋の海岸沿いを走るため、車窓から太平洋を眺めることができるのです。

磐越東線ルートで通る水戸~いわき間では、日立駅付近、磯原駅付近、勿来(なこそ)駅付近で、太平洋をよく見ることができます。この区間を乗車する場合には、海側の座席に座るのがおすすめです。

川と渓谷の路線、磐越東線


磐越東線も、水郡線と同じく川の路線です。阿武隈高地から太平洋に流れ出る「夏井川」という川に沿って進みます。途中、夏井川渓谷という景勝地を通ります。車窓からも夏井川の渓谷を眺めることができます。いわき~郡山の全線で約1時間半程度ですので、車窓を楽しんでいればあっという間です。

常磐線の水戸以北の列車は空いていることが多いですし、磐越東線も始発のいわきからの乗車になるので座席を確保できると思います。

水戸から先は空いている磐越東線ルート

磐越東線ルートの混雑状況や乗り継ぎのコツをまとめておきます。

路線 区間 混雑状況・コツ
常磐線 東京~水戸 ラッシュ時間帯を外せば空いている
普通列車グリーン車がおすすめ
水戸~いわき ラッシュ時以外は空いている
海側の車窓には太平洋も!
磐越東線 いわき~郡山 いわきからは空いていることが多い
小野新町~郡山は混んでいることも
東北本線 郡山~仙台 混んでいることが多い
時間があれば1本あとの列車がおすすめ!


東京から磐越東線経由で仙台までの所要時間は約8時間半。いわきでの常磐線と磐越東線の乗り継ぎが良くないため、かなり時間がかかってしまいます。いわきでの乗り換え時間をランチタイムに充てるなど工夫すればよいでしょう。

乗り換え3回! 比較的空いている常磐線ルート(東京→水戸→仙台)

旅情・車窓: ★★☆☆☆
所要時間: ★★★☆☆(約7時間~7時間半)
乗り換え: ★★★★☆(3回)

最後にご紹介するのが常磐線ルートです。2011年の東日本大震災の津波と原発事故の被害で、長期間にわたって不通となっている区間がありましたが、2020年3月のダイヤ改正で、9年ぶりに全線で運転が再開されました。

乗り換え回数が少なく、原ノ町~仙台間を除いて比較的空いています。そして、所要時間も、乗り継ぎのよい列車を選べば、東北本線経由とそれほど大きな差はありません。

常磐線沿線、特に福島県の復興応援の意味も込めて、常磐線ルートを利用してみるのもよいでしょう。

東日本大震災の被害から9年ぶりに全線で運転再開の常磐線

常磐線は、2011年の東日本大震災の津波と原発事故の被害で、長期間にわたって不通となっている区間があります。復旧工事が終了した区間から徐々に運転を再開し、最後まで残ったのが、原発事故の帰還困難区域を含む富岡~浪江間でした。

この富岡~浪江間が、2020年3月14日のダイヤ改正と同時に運転を再開し、これにより、常磐線は9年ぶりに全線で運転を再開します。

www.kzlifelog.com

2020年3月13日までは、富岡~浪江間で代行バスが運転されています。2019年1月に、代行バス区間を含む常磐線全線に乗車した際の乗車記を投稿しています。よろしければご覧ください。

www.kzlifelog.com

相馬~浜吉田間は内陸側へ付け替え

原ノ町から先、相馬~浜吉田間は、東日本大震災の津波の影響をもろに受けてしまい、壊滅的な被害が出た区間です。

f:id:kzlife:20180405214849j:plain

3年以上の年月をかけて、かなり内陸側に、高架の線路を敷設することで、2016年12月にようやく復旧しました。これまで、太平洋の海岸沿いに走っていた区間ですが、従来とは大きく雰囲気も変わっています。

www.kzlifelog.com

常磐線ルート、仙台近くは混雑も!

常磐線ルートの混雑状況や乗り継ぎのコツをまとめておきます。

路線 区間 混雑状況・コツ
常磐線 東京~水戸 ラッシュ時間帯を外せば空いている
普通列車グリーン車がおすすめ
水戸~いわき ラッシュ時以外は空いている
海側の車窓には太平洋も!
いわき~原ノ町 比較的空いている
運転本数が最も少ない区間
海側は太平洋の車窓が素晴らしい!
原ノ町~仙台 相馬~浜吉田間は津波被害後に内陸に付け替え
仙台近くではかなり混雑


2020年3月の常磐線全線運転再開後、普通列車で常磐線を移動する場合には、水戸、いわき、原ノ町での乗り換えが必要になります。

上記の通り、水戸~いわき~原ノ町は空いていることが多いですし、東京~水戸は普通列車グリーン車が連結されていますので、比較的ゆったりと移動できます。

いつも混んでいる印象があるのは、原ノ町~仙台です。日中時間帯は2両編成の列車もあり、仙台近辺では満員電車のような混雑になることもあります。早めにホームに並んで座席を確保することをおすすめします。


以上、首都圏(東京)から東北方面(仙台)へ青春18きっぷで向かうおすすめルートをご紹介しました。いずれも最短ルートの東北本線経由に比べると、1.5~2時間ほど余計にかかりますが、その分、車窓を楽しむことができるルートです。青春18きっぷでの旅行や乗り鉄の参考にしてみてください。

関連記事

青春18きっぷで長距離を移動したいときに利用したい、おすすめ路線やおすすめ列車を紹介している記事のまとめページです。

www.kzlifelog.com

青春18きっぷ関連のトップページです。青春18きっぷの最新情報をはじめ、使い方などの基礎知識から、ちょっとした使いこなしのコツを紹介した記事があります。

www.kzlifelog.com