K'z Lifelog ~青春18きっぷと乗り鉄のブログ~

青春18きっぷの話題をはじめ、汽車旅のノウハウや鉄道関連のニュースなどを思うままに綴っていく乗り鉄ブログです。

房総半島横断ディーゼルカーの旅! 東京近郊で懐かしい汽車の雰囲気が味わえます! ~青春18きっぷ おすすめ日帰り旅4~

おすすめ記事Pick Up! 【トップページ】 まずはこちらから!青春18きっぷ・おすすめ路線など当ブログおすすめ記事の目次です
【ダイヤ改正】 JR東日本が10月14日にダイヤ改正! 黒磯~新白河の輸送体系変更!
【おトクなきっぷ】 おすすめのフリーきっぷ紹介記事まとめ

青春18きっぷで日帰り旅シリーズ、今回は房総半島の真ん中を横断する私鉄「小湊鉄道」と「いすみ鉄道」に乗車する日帰り旅ルートをご紹介します。東京近郊で古いディーゼルカーに乗車できるおすすめルートですよ!

日帰り「房総半島横断ルート」

今回ご紹介するルートは、千葉県の房総半島を横断するルートです。「小湊鉄道」「いすみ鉄道」という2社が運行する鉄道路線に乗車します。この2社はJRとは別の会社ですので、この区間は「青春18きっぷ」は使えません。それでも、東京からの往復にJRを利用するだけで、十分に元が取れてしまいます。

東京駅発着の場合は、以下のようなルートになります。

区間 路線 備考
東京 → 五井 総武快速線・内房線 君津行きに乗車すれば乗り換えなし
五井 → 上総中野 小湊鉄道線 古い気動車に乗車!
養老渓谷で散策
上総中野 → 大原 いすみ鉄道いすみ線 古い気動車に乗車!
大多喜城・城下町を散策
大原 → 千葉 外房線
千葉 → 東京 総武快速線

房総半島を西から東へ抜けるルートですが、もちろん逆向きでも成り立ちます。

「小湊鉄道」「いすみ鉄道」とは?

小湊鉄道といすみ鉄道について、簡単に紹介しておきます。

小湊鉄道 小湊鉄道線

小湊鉄道は千葉県市原市に本社を置く鉄道・バス会社です。鉄道路線は、JR内房線の五井駅と、房総半島内陸部の上総中野駅を結ぶ小湊鉄道線だけです。全長39.1kmの非電化路線で、全線に渡って単線です。

五井から途中の上総牛久までは、列車の本数が比較的多く、千葉方面への通勤・通学路線の役割を担います。一方、内陸部のほうは、1~2時間に1本程度の本数しかなく、ローカル線の色合いがグッと濃くなります。

小湊鐵道

いすみ鉄道 いすみ鉄道線

いすみ鉄道は、千葉県夷隅郡に本社を置く第三セクターの鉄道会社です。鉄道路線は、JR外房線の大原駅と、小湊鉄道の終点駅でもある上総中野駅を結ぶいすみ鉄道線のみです。全長26.8kmの非電化・単線です。

この大原~上総中野間は、かつては国鉄木原線でしたが、国鉄の分割民営化時にJR東日本からいすみ鉄道が引き継ぎました。キハ58やキハ28という、現在ではほとんど見られなくなった古い気動車をJRから譲り受けて走らせています。

www.isumirail.co.jp

房総半島縦断ルートへのアクセスと見どころ

ここでは、過去、実際にこのルートで旅をした経験から、小湊鉄道・いすみ鉄道へのアクセス方法や、おトクなきっぷ、汽車旅+「ちょい観光」の見どころなどを紹介していきます。

小湊鉄道・いすみ鉄道へのアクセス

前述のように、小湊鉄道へはJR内房線の五井駅から、いすみ鉄道へはJR外房線の大原駅から乗車することができます。内房線、外房線ともに起点は千葉駅ですので、東京方面からは総武快速線、総武線(各駅停車)などでアクセスできます。

総武快速線には、本数は少ないですが、内房線や外房線に直通する列車があります。

  • 内房線直通 君津行き: 東京から五井まで乗り換えなし
  • 外房線直通 上総一ノ宮行き: 上総一ノ宮で乗り換え

総武快速線は、横須賀線からの直通列車が多くあります。グリーン車(自由席)も連結されていますので、グリーン券(平日980円、休日780円 ※51km以上)を購入すれば、青春18きっぷと合わせて乗車できます。東京からなら1時間~1時間半弱、横浜からはさらに30分程度余計にかかりますので、グリーン車の利用を考えてみてもよさそうですね。

外房線直通の列車は、終点の上総一ノ宮で乗り換えが必要ですが、乗り継ぎを考慮したダイヤになっていますので、さほど待つことなく乗り継げます。

おトクなきっぷ「房総横断乗車券」「「房総横断乗車券」」

小湊鉄道といすみ鉄道を乗りとおす場合には、「房総横断乗車券」(小湊鉄道)、「房総横断記念乗車券」(いすみ鉄道)がおすすめです。きっぷの名称が微妙に違いますが、値段や効力は同じです。

  • 「房総横断乗車券」「房総横断記念乗車券」
  • 乗車できる区間
    • 房総横断乗車券: 五井(小湊鉄道) → 大原(いすみ鉄道)
    • 房総横断記念乗車券: 大原(いすみ鉄道) → 五井(小湊鉄道)
  • きっぷの効力
    • 途中下車可能
    • ただし、前進のみで、後戻りはできない
  • 有効期間:1日(購入した当日限り)
  • 値段: 大人1,700円,小人850円

小湊鉄道、いすみ鉄道の両方に乗車できる乗車券です。途中下車はできますが、「後戻りはできない」という面白いきっぷです。まさに、房総半島を横断するためのきっぷですね。

ちなみに、普通にきっぷを購入すると2,130円になりますので、430円おトクです。

小湊鉄道の車窓と観光スポット

小湊鉄道キハ200形

五井駅から小湊鉄道の気動車に乗り込みます。小湊鉄道は、全列車が上の写真のようなキハ200形という気動車で運転されています。製造されてから40~50年を経た古い車両です。車内は長いロングシートです。

小湊鉄道で五井駅を出ると、しばらくは住宅地と田畑が交互に車窓を飾ります。房総半島を「横断」というと、東京湾側の五井から東のほうへ進みそうですが、小湊鉄道は「南下」します。

列車の本数が多い上総牛久駅を過ぎると、次第に車窓に山地が迫ってきます。途中、養老川という東京湾に注ぐ川を何度か渡ります。というより、小湊鉄道は、この養老川沿いに敷かれていると言ってよいでしょう。

高滝湖というダム湖を過ぎると、さらに山深い車窓に変わってきます。紅葉とハイキングの名所として知られる養老渓谷を過ぎると、終点の上総中野に到着です。

途中下車して観光したい場合には、養老渓谷がおすすめです。ハイキングや滝めぐりができますが、駅から離れているので、「ちょい観光」という感じではありません。少し多めに時間を確保したほうがよいでしょう。

www.youroukeikoku.com

いすみ鉄道の車窓と観光スポット

いすみ鉄道の気動車

上総中野でいすみ鉄道の普通列車に乗り換えます。どうしてこんな山奥で2社の鉄道会社が接続しているのかと思えるほどの駅です。

しばらくは山地に囲まれた谷を走っていきます。川を何度も渡りますが、先ほどの養老川とは違う「夷隅川」という川です。養老川は東京湾に注いでいますが、夷隅川は太平洋へ流れていきます。小湊鉄道といすみ鉄道の境界駅の上総中野あたりが、房総半島の分水嶺となっているのですね。

次第に視界が開けてくると、沿線の中心駅、大多喜(おおたき)駅に到着です。


大多喜駅

大多喜駅は、大多喜町の中心駅です。駅から徒歩15分ほどのところに、大多喜町のシンボルとも言うべき大多喜城があります。大多喜城は、徳川四天王の一人である本田忠勝が築城したことで有名です。現在の天守閣は、当時のものではなく、本丸跡に建てられた天守閣風の博物館です。

www.town.otaki.chiba.jp

お城があれば、城下町があります。大多喜で途中下車して、昔ながらの建物が残る大多喜の町を歩いてみましょう。駅から徒歩圏内に、当時の面影を残す古い建物が多く残っています。


商い資料館

土蔵造りの建物を改修した「商い資料館」です。「商いと城下町のくらし」をテーマにした資料館で、江戸時代の商家を再現しています。当時の生活道具や商売道具なども展示されています。入場無料ですので、気軽に寄ってみましょう。


伊勢幸酒店

現役の酒屋さんです。こちらも時代を感じさせる建物ですね。


門と気動車

大多喜駅にはいすみ鉄道の車両基地があります。車両基地に止まっている気動車と、並行する道路にかかる大きな門をパチリ。 暗くてわかりにくいですが、門には「房総の小江戸」と書かれています。

大多喜駅に戻って、いすみ鉄道の旅を続けましょう。大多喜からはほぼ東に進路を取り、外房を目指します。山地から抜け、田畑が広がる車窓を眺めていると、30分ほどで終点の大原に到着です。

いすみ鉄道の古い気動車にも注目!

鉄道好きの方は、いすみ鉄道で走っている古い気動車にも注目してみましょう。

元JR西日本のキハ28

左側の朱色の車両は、JR西日本の大糸線を走っていたキハ52形という古い車両です。「キハ52-125」という車番(車両の番号)が読めます。

JR西日本時代のキハ52

こちらが、JR西日本の車両だった頃の写真です。2004年の夏に大糸線の南小谷駅で撮影しました。「キハ52-125」という同じ車番です。大糸線に新しい気動車を投入したときに不要になったものを、いすみ鉄道が譲り受けたというわけです。

以上、小湊鉄道といすみ鉄道に乗車する「房総半島横断ディーゼルカーの旅」をご紹介しました。青春18きっぷで日帰りシリーズなのに、主役がJR線でないのはご愛嬌ということで。1日分余った青春18きっぷを活用して訪問するのがおすすめですよ。