K'z Lifelog ~青春18きっぷと乗り鉄のブログ~

青春18きっぷの話題をはじめ、汽車旅のノウハウや鉄道関連のニュースなどを思うままに綴っていく乗り鉄ブログです。

冬の青春18きっぷで富士山を見に行こう!

おすすめ記事Pick Up! 【トップページ】 まずはこちらから!青春18きっぷ・おすすめ路線など当ブログおすすめ記事の目次です
【ダイヤ改正】 JR東日本が10月14日にダイヤ改正! 黒磯~新白河の輸送体系変更!
【おトクなきっぷ】 おすすめのフリーきっぷ紹介記事まとめ

まもなく冬の青春18きっぷシーズンが始まります。今回は冬にこそ是非見ておきたい山、富士山を取り上げたいと思います。登るのは夏場の富士山ですが、遠くから眺めるのであれば、やはり頂上に雪をたたえた冬場が絵になる山です。

東京から富士山までは、直線距離で約100kmくらいです。富士山は3776メートルもある日本最高峰、いつでも見られるのではないかと思いますが、関東在住の方はご存知の通り、冬以外の季節ではあまりきれいに見えません。東海道新幹線で富士山のそばを通っても、天気が悪いと全く見えないくらいですから、気候の影響は想像以上に大きいようです。

そこで、今回は、冬の青春18きっぷを使って、富士山を見に行くにはどの路線がよいかご紹介します。

富士山を囲むように走るJR路線

富士山の周囲には、富士山を取り囲むようにJR線の線路が敷かれています。南側は東海道本線、東側は御殿場線、西側は身延線、北側は中央本線といった具合です。今回は、この4路線を紹介します。

迫力のある富士山が望める御殿場線(御殿場近辺)

まずは富士山の南東側を走る御殿場線です。御殿場線は、東海道本線の国府津と沼津を、箱根の山々を北側から迂回するような形で結んでいます。熱海~函南間の丹那トンネルが開通するまでは、現在の御殿場線が東海道本線でした。今でこそ単線ですが、線路がはがされた跡と思われる路盤が線路脇に続いていて、当時は複線であったことがうかがい知れます。

御殿場線から富士山を見るのであれば、御殿場駅付近がよいでしょう。もっとも富士山に近い場所ですし、遮るものもあまりありません。富士山を南東側から眺めることになりますが、富士山の南東側の中腹には、1707年の宝永噴火でできた「宝永火口」があります。その宝永火口を正面から眺める形になるので、ダイナミックな迫力のある富士山が見られると思います。

富士山の西側を南北に走る身延線(富士~富士宮)

身延線は、東海道本線の富士と中央本線の甲府を結ぶJR東海の路線です。身延線は、富士川に沿って敷かれた山岳路線ですが、路線の中間部では、車窓から富士山を見ることはほとんどできません。富士山をきれいに見られるのは、南側の地形が開けている富士宮あたりまでしょう。

そこで、車窓から富士山を眺めるのであれば、おすすめは富士~富士宮の身延線の南端部となります。富士宮から富士山を眺めると、富士山の南西斜面を望むことになります。富士宮近辺も、遮るものがあまりないので、きれいな富士山を眺められると思います。また、富士宮で途中下車して、B級グルメの富士宮焼きそばを食べたり、富士山を御神体とする浅間神社の総本宮「浅間大社」も駅から徒歩圏内ですので、観光するのもよいと思います。

富士宮 浅間大社から眺める富士山

浅間大社から撮影した富士山です。富士山らしい絵になる風景です。

また、身延駅から路線バスでアクセスできる身延山には身延ロープウェイがあり、ロープウェイで上ったところにある展望台からは、富士山が間近に見られます。天気が良ければ途中下車して見に行くのもよいかと思います。

身延山ロープウェイ

すそ野の広いきれいな富士山が眺められる東海道本線(東田子の浦~富士)

富士山の南側を東西に走る東海道本線からは、あちこちから富士山が眺められます。ただ、すそ野まできれいに見られるところとなると、東田子の浦~富士の間でしょうか。三島や沼津あたりからも見えますが、富士山の前にある愛鷹山という山に下半分を隠されてしまいます。富士山のちょうど真南にあたる東田子の浦~富士の間は、遮るものが少ないので、富士山の全景を見られると思います。

山々の向こうに頭を出す富士山が見られる中央本線(甲府近辺)

富士山の北側を走る中央本線からも富士山を眺めることができます。ただ、中央本線と富士山の間に、比較的標高の高い山が連なっていますので、富士山の全景を見ることはできません。手前の山々の向こうに、雪をかぶった山頂付近が見られるといった感じでしょうか。

結構広い範囲から見られるはずですが、大きく見えるのは富士山に近い甲府近辺でしょうか。

甲府近辺の車窓から眺める富士山

中央本線の甲府付近の車窓から撮影した、朝焼けの富士山です。こんな感じの車窓が、いろんなところから眺められます。

番外編:富士急行(寿~河口湖)

青春18きっぷでは乗車できないので番外編としましたが、富士山に最も近い鉄道は富士急行です。その名の通り、富士山を間近に眺めることができます。 富士急行は、中央本線の大月と河口湖を結ぶ私鉄です。中央線からも快速の直通列車がありますし、観光シーズンの週末を中心に、「ホリデー快速富士山号」や「快速山梨富士号」などの臨時列車も多く走っていますので、アクセスしやすいのも特徴です。

車窓からはほぼ全線にわたって富士山が見られますが、特に寿駅から富士山駅の間と、富士山駅から河口湖駅の間で富士山がよく見えます。富士急行は富士山の北東側を走る鉄道ですので、富士山の北東斜面を見る形になります。

青春18きっぷで行く富士山を眺める汽車旅

首都圏から青春18きっぷでの日帰りルートとしては、以下のようなルートが考えられます。

  • 東京~(東海道本線)~国府津
  • 国府津~(御殿場線)~沼津
  • 沼津~(東海道本線)~富士
  • 富士~(身延線)~甲府
  • 甲府~(中央本線)~新宿

首都圏日帰りの定番ルートですが、これだとずっと乗りっぱなしになってしまうので、どこかで1泊して、沼津や富士宮、身延あたりで観光を入れるのもよさそうです。

この冬、青春18きっぷで富士山を眺めることをテーマに汽車旅に出てみてはいかがでしょうか?