スポンサーリンク

東京~名古屋・大阪の長距離を青春18きっぷで快適に旅したい! 旅情・車窓重視の中央本線ルートを紹介します!

ノウハウ

青春18きっぷで旅をするときには、できるだけ空いている列車で、快適に旅をしたいですよね。それに、川や山などの変化に富んだ車窓が楽しめる路線を選んで乗りたいものです。この記事では、東京から名古屋、大阪方面へ向かう際に、時間はかかるけれども、快適に、そして旅情たっぷりの旅ができる青春18きっぷのおすすめ乗り継ぎルートをご紹介します。

スポンサーリンク

東海道本線は青春18きっぷ旅の「難所」

東京から名古屋や大阪に向かう場合、青春18きっぷでの最短・最速ルートは東海道本線経由 です。列車の本数は多いですし、普通列車しかない区間でも駅間距離がそれなりに長いので、所要時間は短くて済みます。

ところが、青春18きっぷユーザにとっては、なかなかの「難所」でもあるのです。

東海道本線はいつも混んでいる

東海道本線は混雑していることが多い
東海道本線は混雑していることが多い

その理由の一つは、日中時間帯でも混雑していることが多く、座席の確保が難しいことです。

東京から熱海までは、JR東日本の10両や15両の長編成の電車が走っていますが、熱海から先のJR東海エリアに入ると、3~6両程度と、一気に編成が短くなってしまいます。そのため、混雑が発生しやすいのです。

さらに、静岡県内では、三島、沼津、静岡、浜松など、中規模の都市が続き、地元客の利用も多いため、列車の編成が短いわりに混雑するのですね。

区間運転の列車が多く乗り換え回数が多い

静岡県内を中心に、区間運転の列車が多く、乗り換え回数が多くなりがちです。前述のとおり、日中でも比較的混雑していますので、乗り換えのたびに座席を確保できるかを心配する必要があります。

また、乗客の入れ替わりも激しいため、少々せわしなく、汽車旅を楽しむといった感じではありません。

それでも、東海道本線で移動する場合には、こちらの記事もご覧ください。青春18きっぷの旅では、東京~名古屋の所要時間が最も短いのは間違いありません。

青春18きっぷで東海道線の長距離をラクラク移動! 静岡県内のおすすめ乗り継ぎを紹介します!
青春18きっぷで東海道線を移動するときに難所となるのが、短い編成の列車が多いわりに比較的混雑している静岡県内です。この区間で快適に移動することができる乗り継ぎ方法を、実例とともにご紹介します。ポイントは、始発駅から乗車することと、できるだけ長距離の列車を選ぶことです。
スポンサーリンク

東京~名古屋の移動、旅情・車窓重視なら中央本線経由がおすすめ!

山々の車窓が美しい中央東線
山々の車窓が美しい中央東線

時間的に余裕があるのであれば、東海道本線よりも旅情があり、車窓も楽しめる中央本線経由をおすすめ します。

東京・新宿周辺や名古屋周辺での、いわゆる通勤電車としての中央線しか利用したことがないと想像できないのですが、

  • 中央本線の東側(塩尻より東側のJR東日本区間:中央東線)は日本屈指の山岳路線
  • 中央本線の西側(塩尻より西側のJR東海区間:中央西線)は渓谷美が美しい川の路線

なのです。

都市と住宅街が続く東海道本線と比べると、旅情があることも間違いありません。東京や新宿、名古屋から1~2時間も乗車すれば、非日常の車窓が広がります。

スポンサーリンク

日本屈指の山岳路線「中央東線」(東京・新宿~塩尻)の車窓の見どころ

中央東線の車窓の見どころをいくつかご紹介しましょう。

甲府盆地を見おろす雄大な車窓
甲府盆地を見おろす雄大な車窓

東京・新宿から甲府方面行きの列車に乗車すると、高尾から先はトンネルが多い山岳区間に入ります。大月あたりで多少視界が開けるものの、それ以外はほとんどが山の中を走ります。視界が効かない車窓が続くのですが、勝沼に近づくと、突然、ぱっとあたりが開けてきます。このあたりが甲府盆地です。この甲府盆地を俯瞰する車窓が、見どころの一つです。

中央東線の見どころの一つ、南アルプスの山々
中央東線の見どころの一つ、南アルプスの山々

大月あたりで標高600メートル以上まで登ったあとは、甲府盆地へ向けて下りますが、甲府から先は再び上り勾配になります。その上り勾配は小淵沢まで続きます。小淵沢駅の標高は、なんと886メートル。中央東線の起点となる東京駅の海抜はほぼゼロですから、中央東線がいかに山岳路線かがわかると思います。

中央東線の車窓を彩る八ヶ岳の山々(小淵沢駅から撮影)
中央東線の車窓を彩る八ヶ岳の山々(小淵沢駅から撮影)

小淵沢近辺での車窓の見どころは、車窓右側(北側)に広がる八ヶ岳でしょう。裾野がなだらかに広がり、いくつもの頂を持つ八ヶ岳の山容はとても美しく、車窓を彩ってくれます。小淵沢より少し手前(甲府寄り)が最も見やすいと思います。

スポンサーリンク

渓谷美が美しい川の路線「中央西線」(名古屋~塩尻)の車窓の見どころ

中央西線は、塩尻寄りは信濃川水系の奈良井川に、名古屋寄りは木曽川に沿って走る川の路線です。奈良井川は日本海へ、木曽川は太平洋(伊勢湾)に注ぐため、途中で分水嶺を越えることになります。

中央西線に沿って流れる木曽川
中央西線に沿って流れる木曽川

木曽川の河原には、白っぽい大きな石(というより岩)がゴロゴロしています。このときは雨だったのですが、霧に煙る木曽川の風景もよいものです。

中央西線の車窓のハイライト、景勝地「寝覚の床」
中央西線の車窓のハイライト、景勝地「寝覚の床」

一番の景勝地は、「寝覚めの床」と呼ばれる渓谷で、木曽川の流れが花崗岩を削ってできた地形です。中央西線の車窓からも見ることができます。

また、中央西線の中ほど、木曽福島・南木曽周辺は「木曽路」とも呼ばれ、旧中山道の宿場町が点在しています。多くは中央西線の駅からはバスでの連絡となりますが、途中下車して宿場町を散策してみるのもおすすめです。

スポンサーリンク

中央本線、乗り継ぎとおすすめ列車は?

青春18きっぷを使って、中央本線経由で東京~名古屋を旅するときの乗り継ぎとおすすめ列車についてご紹介します。

なお、各区間で運転されている普通列車の本数(平日の日中時間帯)は、以下のとおりです。

区間普通列車の本数
(日中時間帯)
備考・注意点
東京~高尾多数通勤列車区間
高尾~大月2~3本/時
大月~甲府1~2本/時
甲府~塩尻1本/時小淵沢乗り換えが多い
塩尻~中津川2時間に1本本数が少ないので注意!
中津川~名古屋2本/時長編成の列車が多い

あとで紹介しますが、中央西線の塩尻~中津川間の普通列車の本数が最も少なく、行程を組み立てる際にネックになります。この区間で乗車する列車を決めてから、前後の列車を決めていくのがよいでしょう。

中央東線は長距離普通列車がおすすめ!

中央東線は、比較的長距離を走る普通列車が多くあります。

1日に1本の「高尾発長野行き(441M)」をはじめとして、高尾・大月~松本を結ぶ列車が1日に数本運転されていますので、これらの長距離普通列車を狙うのがおすすめ です。

中央本線の「高尾発長野行き(441M)」については、以下の記事をご覧ください。

中央本線 高尾発長野行きの長距離普通列車(441M)は俊足! 青春18きっぷの旅で活用しよう!
中央本線では比較的長距離を走る普通列車が多いですが、その中でも最も長距離を走るのが高尾発松本行き(441M)です。全国でもトップクラスの長距離普通列車です。さらに、各駅に停車するにもかかわらず、表定速度が50km/hを超える俊足です。長野到着が19時頃と使いやすい時間帯に運転されていますので、ぜひ青春18きっぷの旅で活用しましょう! ※2020.02.29更新(2020年3月ダイヤ改正に対応)

中央本線を含む、青春18きっぷで活用したい長距離普通列車については、以下の記事をご覧ください。

青春18きっぷの旅で活用したい長距離普通列車(北・東日本編) 上手に活用して一気に距離を稼ごう!(2021年版)
最近のJRの幹線区間のダイヤは、1~2時間程度の区間に列車が分割され、長距離を移動しようとすると乗り換えを余儀なくされます。ところが、路線によっては、比較的長距離を走る列車が残っていたり、運転日限定ながら観光列車やリゾート列車が長距離を走ったりします。この記事では、主に北日本・東日本の青春18きっぷの旅で活用したい長距離列車を紹介します。

これらの列車を利用すれば、東京や新宿から、中央西線との乗り換え駅の塩尻まで、1回の乗り換えで到着します。

3月~11月の土休日には「ホリデー快速ビューやまなし」もおすすめ!

※「ホリデー快速ビューやまなし」は2021年春以降運転されていません。

ホリデー快速ビューやまなし号(215系電車)
ホリデー快速ビューやまなし号(215系電車)

3月~11月の土休日限定となりますが、新宿~小淵沢を走る「ホリデー快速ビューやまなし」もおすすめ です。在来線では珍しい全車2階建ての215系という車両を利用した臨時快速列車です。

  • 新宿 09:02発 → 小淵沢 11:59着
  • 小淵沢 16:17発 → 新宿 18:55着

※途中停車駅は、三鷹、立川、八王子、高尾、相模湖、大月、勝沼ぶどう郷、塩山、山梨市、石和温泉、甲府、韮崎

快速列車ですので青春18きっぷのみでも利用できます。全車2階建てで10両編成なので、輸送力はかなりあります。座席はボックスシートですが、指定席もありますので、確実に座席を確保したい場合は指定席券(530円)を購入しておきましょう。

「ホリデー快速ビューやまなし」の乗車記を公開しています。座席の様子や車窓などを紹介していますので、ぜひご覧ください。

【ホリデー快速ビューやまなし 乗車レポート】 青春18きっぷで乗れる中央本線の貴重な長距離快速列車! ダイヤ・料金、おすすめの座席、指定席の取り方も紹介します!
週末に中央本線の新宿~小淵沢間で運転される「ホリデー快速ビューやまなし号」。青春18きっぷで乗れる貴重な長距離快速列車です。全車両が2階建てという、在来線では珍しいタイプの車両で運転されます。この記事では、「ホリデー快速ビューやまなし号」の...

中央西線は塩尻~中津川の運転本数に注意! 乗り歩きには特急の併用も!

中央西線の中津川~名古屋は長編成の列車が走る
中央西線の中津川~名古屋は長編成の列車が走る

中央西線は、中央東線に比べると全体的に普通列車の本数が少ないです。特に、塩尻~中津川間の運転本数が少なく、青春18きっぷでの乗り継ぎのネックとなります。日中時間帯は2時間に1本程度となります。

一方、中津川~名古屋間は、だいたい30分に1本の頻度で列車があります。列車の本数が多いだけでなく、6~10両という長編成の列車が多く走ります。

ということで、中央本線経由で東京~名古屋を移動する場合には、塩尻~中津川間で乗車する列車を決めて、その列車を軸に、中央東線側の行程を決める のがおすすめです。

また、中津川行き(名古屋方面行き)は、塩尻ではなく松本始発の列車が多いです。夏休みなど、青春18きっぷシーズンの繁忙期に、確実に座席を確保したいのであれば、始発の松本駅から乗車したほうがよいでしょう。

青春18きっぷ旅でも、特急「ワイドビューしなの」の短距離利用はおすすめ!
青春18きっぷ旅でも、特急「ワイドビューしなの」の短距離利用はおすすめ!

中央西線で途中下車して宿場町の観光をする際には、特急「ワイドビューしなの」の短距離利用(いわゆる「ワープ」)も検討しましょう。

ワイドビューしなのは、長野~松本~名古屋(一部は大阪)を走るJR東海の特急列車です。青春18きっぷでは乗車できませんが、木曽福島や南木曽といった宿場町の最寄駅に停車します。東京方面へは塩尻まで、名古屋方面へは中津川まで乗車すれば、普通列車の本数が比較的多い区間へ出られますので、時間の短縮になります。

普通列車の少ない塩尻~木曽福島~中津川間での特急列車の運賃、特急料金(自由席)は以下の通りです。

区間運賃自由席
特急料金
合計
塩尻~
中津川
1,690円1,200円2,890円
塩尻
~木曽福島
770円660円1,430円
木曽福島~
中津川
990円1,200円2,190円

木曽路を観光するなら、木曽観光の拠点となる木曽福島駅の前後、どちらかで特急「ワイドビューしなの」の利用も考えてみましょう。日中時間帯でも1時間に1本運転されていますので、普通列車と合わせて利用すれば、行程の自由度がかなり大きくなります。

中央西線の駅から路線バスでアクセスしやすい宿場町「馬籠宿」「妻籠宿」の訪問記です。中津川駅、南木曽駅からのアクセスについても紹介しています。

【中央本線 木曽路宿場町巡り】中山道の宿場町、馬籠宿と妻籠宿を路線バスで巡る旅!
JR東海の中央本線(中央西線)沿線は木曽路と呼ばれ、中山道の宿場町がたくさんあります。今回、比較的大きな宿場町である馬籠宿と妻籠宿に、中央本線の旅の途中に、路線バスを利用して巡ってきました。駅から離れている宿場町でも、公共交通機関をうまく使えば、効率よく観光することができます。この記事では、路線バスを活用して、2つの宿場町を訪問したときの様子をお届けします。
スポンサーリンク

中央東線ではロングシートの車両が増えてきたことに注意!

車窓が魅力的な中央本線ですが、中央東線(高尾~塩尻)では最近になってロングシートの車両が増えてきています。これまで、115系というボックスシート主体の車両が使われていましたが、ここ数年で、すべて211系という車両に置き換えられました。211系には、ロングシートとボックスシートの車両があります。長時間乗車する場合、特に車窓を楽しみたい場合は、ロングシートだと楽しみも半減ですね。

中央東線普通列車の主力車両211系 ロングシートのみの車両も
中央東線普通列車の主力車両211系 ロングシートのみの車両も

2021年現在、ロングシートの車両とボックスシートの車両が共通的に運用されているようで、乗ってみなければどちらかわからないという状況です。

一方、中央西線のほうは、JR東海のクロスシート(ボックスシート)の車両が多いようです。木曽川の風景を眺めたい場合は、名古屋方面に向かって右側の窓際の座席がおすすめですね。


以上、「東京~名古屋・大阪の長距離を青春18きっぷで快適に旅したい! 旅情・車窓重視の中央本線ルートを紹介します!」でした。所要時間は乗り継ぎにもよりますが、東海道本線経由がおおむね6時間半に対して、中央本線経由が8時間半程度と2時間ほど余計にかかります。それでも、鉄道の旅を楽しみたいのであれば、山と川の車窓が楽しめる中央本線ルートをおすすめします。

スポンサーリンク

関連記事

時間重視で東海道本線経由で移動したい場合には、こちらの記事をどうぞ。

青春18きっぷで東海道線の長距離をラクラク移動! 静岡県内のおすすめ乗り継ぎを紹介します!
青春18きっぷで東海道線を移動するときに難所となるのが、短い編成の列車が多いわりに比較的混雑している静岡県内です。この区間で快適に移動することができる乗り継ぎ方法を、実例とともにご紹介します。ポイントは、始発駅から乗車することと、できるだけ長距離の列車を選ぶことです。

青春18きっぷの旅で活用したい長距離普通列車・快速列車、都市間移動ルートを紹介しています。

【青春18きっぷ】 青春18きっぷの旅で活用したい長距離路線・列車、都市間移動のおすすめルート
青春18きっぷでは、普通列車・快速列車にしか乗れないため、長距離の移動が大変です。それでも、中には、長距離列車が多く走る路線や、長距離を走る列車が残っています。この記事では、青春18きっぷで長距離を移動したいときに利用したい路線や列車をご紹介します。

青春18きっぷ関連のトップページです。青春18きっぷの最新情報、基礎知識から、おすすめの列車やルート、使いこなしのコツまで、さまざまなコンテンツを掲載しています。ぜひご覧ください。

【青春18きっぷ 2021-22年冬】青春18きっぷの最新情報、利用期間、 基本ルール・特例、おすすめ路線・列車から使い方のコツまで紹介します!
JR全線の普通列車・快速列車に乗り放題となる定番フリーきっぷ「青春18きっぷ」。この記事では、2021-22年シーズンの青春18きっぷの最新情報に加えて、青春18きっぷの利用期間・値段・購入方法・基本的なルール・使い方から、青春18きっぷで乗車したいおすすめの列車や路線、青春18きっぷの旅を快適にする少し高度なテクニックまで、目的別にご紹介します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました