K'z Lifelog ~青春18きっぷと乗り鉄のブログ~

青春18きっぷの話題をはじめ、汽車旅のノウハウや鉄道関連のニュースなどを思うままに綴っていく乗り鉄ブログです。

高尾発長野行きの長距離普通列車が中央本線に誕生! 青春18きっぷでの汽車旅に活用しよう!

おすすめ記事Pick Up! 2018年『秋の乗り放題パス』シーズン到来!

2017年3月4日のJRのダイヤ改正で、中央本線の高尾発長野行きという長距離普通列車が誕生しました。高尾発松本行きという列車はこれまでも運転されていましたが、長野まで延長された形です。高尾発長野行き(441M)は、全国でもトップクラスの長距離普通列車となります。青春18きっぷの旅で活用しましょう!

※2018.05.13更新(一部修正・追記、リンク追加等)
※2018.02.28更新(2018年3月のダイヤ改正の情報を反映)
※2017.03.17投稿

最長の普通列車は再び根室本線の滝川発釧路行き(2427D)に、ただし現在は乗車できません

2016年のダイヤ改正で、山陽本線に、岡山発下関行き(369M, 384.7km)の普通列車が誕生し、普通列車では最長距離を走る列車になりました。ところが、2017年のダイヤ改正で運転区間が糸崎~下関に短縮され、一昨年まで最長の普通列車だった、根室本線の滝川発釧路行き(2427D, 308.4km)に再び戻りました。

ただし、この2427Dは、途中区間の東鹿超~新得が昨年の台風被害で運転見合わせとなっていて、乗車できない状態が続いています。さらに、この運休区間を含む根室本線の富良野~新得は、JR北海道が単独では維持困難な路線としてあげていて、バス転換を視野に検討することとされています。つまり、最悪の場合、この2427Dには乗車できないまま、途中区間が廃止されてしまう恐れがあります。

結局、現時点で乗車可能な最長の普通列車は、前述の山陽本線糸崎発下関行き(369M, 297.2km)となっています。

中央本線に長距離普通列車が誕生!

f:id:kzlife:20180228230750j:plain

2017年のダイヤ改正で、中央本線に、高尾発長野行き(441M) という長距離列車が誕生しました。

(追記)2018年3月のダイヤ改正後も同時刻で運転されます。

JRの幹線区間では、普通列車は1~2時間程度の乗車時間の区間に分割され、主要駅で乗り換えを余儀なくされることが多いのですが、中央本線では長距離の普通列車が多く走っています。その中でも、今回誕生した、高尾発長野行きの距離は245kmにもなり、山陽本線の普通列車には及ばないものの、かなりの長距離を走る列車となります。

ダイヤは?

高尾発長野行きのダイヤは以下のようになっています。

  • 列車番号: 441M
  • 運転日: 毎日運転(平日・土休日とも同時刻で運転)
  • ダイヤ(主要駅のみ): 高尾 14:02発 → 甲府 15:41着/15:43発 → 塩尻 17:13着/17:14発 → 松本 17:31着/17:34発 → 長野 18:53着

※(追記)2018年3月17日のダイヤ改正後も同時刻で運転

普通列車ですので全駅に停車しますが、5分以上の長時間停車駅は、相模湖(6分)、甲斐大和(8分)の2駅のみ です。相模湖では「かいじ109号」、甲斐大和では「スーパーあずさ19号」の通過待ちのための停車です。

長時間停車が少ないことと、中央本線の駅間距離が長いことから、245kmを5時間弱で結んでいて、表定速度150.5km/h と、全駅に停車する普通列車としては速いものになっています。

運転車両は?

f:id:kzlife:20180207235238j:plain
中央本線の主力車両211系電車

長時間の普通列車となると、気になるのはどのような車両で運転されるか、ということです。現在、中央本線の東側(中央東線)の主力車両は、211系という電車 です。以前、高崎線などで活躍していた車両です。

この211系には、ロングシートの編成とボックスシートの編成があります。どちらが来るかは運次第ということで、運が悪いとロングシートで5時間近くを耐えることになってしまいます。

以前は、115系というボックスシートの車両がほとんどだったのですが、ここ数年で211系に置き換えられてしまいました。

青春18きっぷの旅で活用しよう!

この441M、長野到着が19時前と、なかなか使いやすい時刻で運転されています。首都圏から信州へ青春18きっぷで移動する際には、有力な選択肢になりそうです。

東京・新宿からの乗り継ぎは以下のようになります。

  • 東京 12:52発 (新宿 13:07発)→ 高尾 13:50着 (特別快速高尾行き)
  • 高尾 14:02発 → 長野 18:53着(普通列車 441M)

夏の青春18きっぷの時期であれば、明るいうちに長野に到着しますので、南アルプスや八ヶ岳といった、山岳路線らしい車窓を楽しむことができそうです。日本三大車窓の一つ、姨捨駅にも停車しますので、善光寺平の車窓も楽しめそうです。

f:id:kzlife:20180513154022j:plain
日本三大車窓の一つ、姨捨駅ホームからの善光寺平の眺めは絶景です!

また、松本までであれば、今回紹介した441M以外に、朝や夕方以降を中心に、高尾(一部は立川・八王子発)からの列車が数本ありますので、これらの列車の活用を考えてもよさそうです。

以下の記事で、中央本線を含む青春18きっぷで利用したい長距離列車をまとめていますので、興味がありましたらぜひご覧ください。

www.kzlifelog.com


ロングシート車にあたる恐れがあるという心配はありますが、青春18きっぷで鈍行の旅を考えている方は、高尾発長野行きの長距離普通列車(441M)を利用してみてはいかがでしょうか?

関連記事

青春18きっぷで東京~名古屋を中央本線経由で移動するルートの、おすすめ列車や車窓を紹介しています。

www.kzlifelog.com


  1. 表定速度=運転区間の距離 ÷ 運転時間(走行時間+停車時分)で計算される速度。