スポンサーリンク

中央本線 高尾発長野行きの長距離普通列車(441M)は俊足! 青春18きっぷの旅で活用しよう!

高尾発長野行き441M列車ノウハウ
大月駅に停車中の高尾発長野行き441M列車

中央本線では比較的長距離を走る普通列車が多いですが、その中でも最も長距離を走るのが高尾発松本行き(441M)です。全国でもトップクラスの長距離普通列車です。さらに、各駅に停車するにもかかわらず、表定速度が50km/hを超える俊足です。長野到着が19時頃と使いやすい時間帯に運転されていますので、ぜひ青春18きっぷの旅で活用しましょう!

スポンサーリンク

今では珍しい長距離普通列車が中央本線に!

2017年のダイヤ改正で、中央本線に、高尾発長野行き(441M) という長距離列車が誕生しました。

JRの幹線区間では、普通列車は1~2時間程度の乗車時間の区間に分割され、主要駅で乗り換えを余儀なくされることが多いのですが、中央本線では長距離の普通列車が多く走っています。

その中でも、高尾発長野行きの走行距離は245kmにもなり、JR各社の普通列車の中でも、かなりの長距離を走る列車となります。

高尾発長野行き(441M)のダイヤは?

高尾発長野行きのダイヤは以下のようになっています。(2021年3月改正ダイヤ)

  • 列車番号: 441M
  • 運転日: 毎日運転(平日・土休日とも同時刻で運転)
  • 停車駅: 各駅停車
  • ダイヤ(主要駅のみ)
    • 高尾 14:09発 → 甲府 15:42着/15:43発 → 塩尻 17:13着/17:14発 → 松本 17:31着/17:34発 → 長野 18:53着

普通列車ですので全駅に停車しますが、3分以上の長時間停車駅は甲斐大和(8分)、小淵沢(3分)、松本(3分)の3駅のみ です。

中央本線では頻繁に特急列車が走っていますが、高尾発長野行きの普通列車(441M)は、甲斐大和で「あずさ29号」に抜かれるだけです。甲府には、あとから追いかけてくる「かいじ31号」よりも先に到着し、同様に、松本には、後続の「あずさ33号」よりも6分ほど先に到着します。なかなか見事なスジですね。

長時間停車が少ないことと、中央本線の駅間距離が長いことから、245kmを4時間44分で結んでいて、表定速度[1] 51.7km/h と、全駅に停車する普通列車としてはかなり速いものになっています。ちなみに、途中停車駅は55もあります。

[1]: 表定速度=運転区間の距離 ÷ 運転時間(走行時間+停車時分)で計算される速度。

高尾発長野行き「441M」の車両は?

中央本線の主力車両211系電車
中央本線の主力車両211系電車

長時間の普通列車となると、気になるのはどのような車両で運転されるか、ということです。現在、中央本線の東側(中央東線)の主力車両は、211系という電車 です。以前、高崎線などで活躍していた車両です。

この211系には、ロングシートの編成とボックスシートの編成があります。どちらが来るかは運次第ということで、運が悪いとロングシートで5時間近くを耐えることになってしまいます。

以前は、115系というボックスシートの車両がほとんどだったのですが、ここ数年で211系に置き換えられてしまいました。

スポンサーリンク

高尾発長野行き「441M」を青春18きっぷの旅で活用しよう!

この441M、長野到着が19時前と、なかなか使いやすい時刻で運転されています。首都圏から信州へ青春18きっぷで移動する際には、有力な選択肢になりそうです。

東京・新宿からの乗り継ぎは以下のようになります。

  • 平日
    • 東京 13:07発 (新宿 13:22発)→ 高尾 14:04着 (中央特快 高尾行き)
    • 高尾 14:09発 → 長野 18:53着(普通列車 441M)
  • 土休日
    • 東京 12:59発 (新宿 13:14発)→ 高尾 13:59着 (中央特快 高尾行き)
    • 高尾 14:09発 → 長野 18:53着(普通列車 441M)

夏の青春18きっぷの時期であれば、明るいうちに長野に到着しますので、南アルプスや八ヶ岳といった、山岳路線らしい車窓を楽しむことができそうです。日本三大車窓の一つ、姨捨駅にも停車しますので、善光寺平の車窓も楽しめそうです。

日本三大車窓の一つ、姨捨駅ホームからの善光寺平の眺めは絶景です!
日本三大車窓の一つ、姨捨駅ホームからの善光寺平の眺めは絶景です!

また、松本までであれば、今回紹介した441M以外に、朝や夕方以降を中心に、高尾(一部は立川・八王子発)からの列車が数本ありますので、これらの列車の活用を考えてもよさそうです。

以下の記事で、中央本線を含む青春18きっぷで利用したい長距離列車をまとめていますので、興味がありましたらぜひご覧ください。

青春18きっぷの旅で活用したい長距離普通列車(北・東日本編) 上手に活用して一気に距離を稼ごう!(2021年版)
最近のJRの幹線区間のダイヤは、1~2時間程度の区間に列車が分割され、長距離を移動しようとすると乗り換えを余儀なくされます。ところが、路線によっては、比較的長距離を走る列車が残っていたり、運転日限定ながら観光列車やリゾート列車が長距離を走ったりします。この記事では、主に北日本・東日本の青春18きっぷの旅で活用したい長距離列車を紹介します。

以上、『中央本線 高尾発長野行きの長距離普通列車(441M)は俊足! 青春18きっぷの旅で活用しよう!』でした。ロングシート車にあたる心配はありますが、青春18きっぷで中央本線の旅を考えている方は、高尾発長野行きの長距離普通列車(441M)を利用してみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク

関連記事

青春18きっぷで東京~名古屋を中央本線経由で移動するルートの、おすすめ列車や車窓を紹介しています。

東京~名古屋・大阪の長距離を青春18きっぷで快適に旅したい! 旅情・車窓重視の中央本線ルートを紹介します!
この記事では、青春18きっぷで東京~名古屋・大阪を旅する際に、時間はかかるけれども、快適に、そして旅情たっぷりの旅ができる青春18きっぷのおすすめルートとして、中央本線ルートをご紹介します。

青春18きっぷ関連の目次ページです。最新情報、基礎知識から、おすすめの列車や路線、使いこなしのコツまで、いろいろな記事を掲載していますので、ぜひご覧ください。

【青春18きっぷ 2021年夏】 青春18きっぷの最新情報、利用期間、 基本ルール・特例、おすすめ路線・列車から使い方のコツまで紹介します!
JR全線の普通列車・快速列車に乗り放題となる定番フリーきっぷ「青春18きっぷ」。この記事では、2021-22年シーズンの青春18きっぷの最新情報に加えて、青春18きっぷの利用期間・値段・購入方法・基本的なルール・使い方から、青春18きっぷで乗車したいおすすめの列車や路線、青春18きっぷの旅を快適にする少し高度なテクニックまで、目的別にご紹介します。

コメント

  1. 高尾在住の427M より:

    211系の運用について
    0番台、1000番台、2000番台がありますが、長距離の運用にはクロスシートの車両が充当されることが多い様です。

  2. kzlife より:

    高尾在住の427Mさん、コメントありがとうございます。
    5時間乗り通そうとしたら、ロングシートだとつらいですよね。景色も見づらいですし。

タイトルとURLをコピーしました