K'z Lifelog ~青春18きっぷと乗り鉄のブログ~

青春18きっぷの話題をはじめ、汽車旅のノウハウや鉄道関連のニュースなどを思うままに綴っていく乗り鉄ブログです。

東急大井町線「Q SEAT」サービスが2018年12月から開始! 東急初の有料座席指定サービスは競争率が高いかも!?

おすすめ記事Pick Up! 青春18きっぷ関連の記事はこちらから!

2018年12月14日から、東急大井町線で、有料座席指定サービス「Q SEAT」が開始されます。平日夜間の大井町発長津田行きの急行列車の5本でサービスを実施し、7両編成のうち1両が「Q SEAT」となります。注目の座席指定料金は400円。乗車時間・距離に対して高めかなという印象ですが、どうなるでしょうか?

東急大井町線「Q SEAT」サービス開始!

東急電鉄は、2018年12月14日より、大井町線~田園都市線を直通する平日夜間の急行列車で、有料座席指定サービス「Q SEAT」を開始すると発表しました。

概要は以下のとおりです。

  • 運行区間: 大井町線大井町駅 → 田園都市線長津田駅
  • 運行時間・本数: 平日夜間の5本(いずれも急行列車)
    • 大井町発 19:30, 20:30, 21:20, 22:27, 23:09
  • 座席指定料金: 400円
  • 使用車両: 新型車両6020系
    • 7両編成のうち、3号車を「Q SEAT」として運行
  • 座席数: 45席(クロスシート36席,ロングシート9席)

「Q SEAT」への乗車可能区間や、座席指定料金が必要な区間は、下の図のとおりです。

f:id:kzlife:20181027191351p:plain
Q SEATの運行区間

(出典)2018年12月14日(金)より、大井町線の有料座席指定サービス「Q SEAT」を開始します! (東急電鉄ニュースリリース 2018年10月23日)[PDF]

「Q SEAT」に乗車できるのは、大井町、旗の台、大岡山、自由が丘の4駅で、二子玉川以降の停車駅では降車のみ可能ということです。

ただし、たまプラーザ以降はフリー乗降区間になっていて、料金不要で乗車できるようです。

料金400円はやや高め?

乗車時間を考えると、400円という料金はやや高めです。

大井町から乗車して、溝の口までは21~23分、たまプラーザまでで30分前後、終点の長津田までで40分前後です。

各社の主な有料座席指定列車を比べてみると、以下のようになります。

会社・列車名称 区間 所要時間 座席指定料金
東武・TJライナー 池袋→小川町 1時間 300円
京王・京王ライナー 新宿→京王八王子 約40分 400円
西武・拝島ライナー 西武新宿→拝島 約46分 300円


東武東上線のTJライナーや、西武新宿・拝島線の拝島ライナーは、所要時間が45分~1時間と、大井町線の「Q SEAT」よりも長いものの、料金は300円とリーズナブルです。

京王ライナーは、約40分で400円と、大井町線の「Q SEAT」と同等です。

乗車時間のわりに高めの料金設定の「Q SEAT」ですが、提供する座席数が圧倒的に少ないという事情もありそうです。

座席数少なく、手軽に乗れる感じではないかも?

f:id:kzlife:20181027191727p:plain
「Q SEAT」車両はオレンジのラッピング(出典:同上)

「Q SEAT」サービスが提供される列車は、平日夜間の5本。帰宅時間帯、おおむね1時間に1本あります。これは、京王ライナーや拝島ライナーと同じです。

一番の違いは、座席数でしょう。他社の有料座席指定サービスは、「京王ライナー」「拝島ライナー」という列車名が付いているように、列車の編成全体が有料の指定席になっています。そのため、座席数も数百席あります。

一方、大井町線の「Q SEAT」は、通常の急行列車の1両を有料座席指定サービスにしていますので、1編成で座席数はたったの45席。4~5分に1本の列車が発車する帰宅ラッシュ時間帯に、指定席は1時間に45席というのは、あまりに少ないように思います。

東急電鉄は、田園都市線の混雑対策として、大井町線経由での通勤を推進していますが、今回の「Q SEAT」導入も、大井町線での通勤の魅力を高める取り組みの一つでしょう。ただ、座席数がここまで少ないと、「今日は残業で疲れたから、Q SEATに乗って帰ろう」と思っても満席だった、ということになりかねません。こういったサービスは、「少し早めに駅に行けばだいたい乗れる」くらいの感覚で利用できるのが望ましいですが、そこまで手軽に利用できるようにはならないかもしれません。

今後の増発・座席数増加はあるか?

とはいえ、今回の「Q SEAT」の導入は、東急にとっては初の有料座席指定列車です。どのくらい需要があるのかを把握するといった、試験的な導入という意味あるかもしれません。利用が好調ならば、今後の増発や座席数の増加もあるかもしれません。

増発という観点では、1日に8本ある大井町発・急行長津田行きの全列車に「Q SEAT」を導入するのはありそうです。6020系という新型車両の増備や、「Q SEAT」への改造が必要かもしませんが。

さらに、他社のライナーのような「Q SEAT」専用の列車を運転するのもあるかもしれません。こちらは、ダイヤに余裕がないと難しいですが、これくらいまでやらないと、田園都市線から大井町線への通勤客のシフトは進まないでしょう。


以上、東急大井町線に有料座席指定サービス「Q SEAT」が2018年12月から開始されるという話題でした。首都圏の大手私鉄各社で、有料座席指定サービスの導入が進んでいますが、東急電鉄もようやく参入にこぎつけたということになります。混雑緩和と快適通勤の両立をどう図っていくのか、他社以上に難しい課題を抱えている東急ですが、まずは「Q SEAT」の導入が第一歩ということで、注目していきたいところです。