ひさの乗り鉄ブログ

青春18きっぷの話題をはじめ、観光列車や風光明媚な路線の乗車記などを思うままに綴っていく乗り鉄ブログです。

【東武鉄道 2020年ダイヤ改正】 SL大樹・DL大樹の2編成で4往復8本に! 2020年度中には全列車SL化でSL同士の行き違いも!


注目記事 【秋の乗り放題パス】2020年10月3日(土)~25日(日)利用可
【2020年秋の臨時列車】JR各社の注目の臨時列車まとめ
【在宅勤務・テレワーク】通勤定期券の損益分岐点・払い戻しルール

東武鉄道は、2020年6月6日に実施するダイヤ改正の概要を発表しました。注目は、鬼怒川線の「SL大樹」。「SL大樹」「DL大樹」の2編成化により、土休日には4往復8本を運転します。また、「中期経営計画の推進」(2020年5月15日発表)によれば、2020年度中にはSL2機運行を開始、将来的には東武日光への乗り入れも検討しているとのことです。

f:id:kzlife:20180430223452j:plain

※2020.05.21更新

東武鉄道が2020年6月のダイヤ改正の概要を発表!

東武鉄道は、2020年6月6日に実施するダイヤ改正の概要を発表しました。

主な内容は以下の通りです。

  • 東武線・日比谷線相互直通の座席指定制列車「THライナー」の運転開始
  • 特急アーバンパークライナーの増発
  • 土休日を中心に「SL大樹」「DL大樹」4往復8本へ増発(平日の運転日は2往復4本)
  • 「リバティ会津」の速達性向上

「THライナー」については、以下の記事で詳しく紹介していますので、ご覧ください。

www.kzlifelog.com

ダイヤ改正の詳細については、東武鉄道のニュースリリースをご確認ください。

「SL大樹」3往復から、「SL大樹」「DL大樹」2編成で4往復へ!

今回のダイヤ改正での注目は、下今市~鬼怒川温泉間で運転されている「SL大樹」の増発です。

単純な増発ではなく、これまで1編成で運用されていた客車を2編成化し、「SL大樹」「DL大樹」として、土休日にはあわせて4往復(8本)を運転します。

ダイヤは以下の通りです。

「SL大樹」「DL大樹」下り(下今市 → 鬼怒川温泉)ダイヤ

- SL大樹1号 DL大樹3号 SL大樹5号 DL大樹7号
下今市 09:33発 10:29発 13:00発 14:55発
東武ワールド
スクウェア
10:03着 10:59着 13:41着 15:25着
鬼怒川温泉 10:09着 11:05着 13:48着 15:32着

「SL大樹」「DL大樹」上り(鬼怒川温泉 → 下今市)ダイヤ

- SL大樹2号 DL大樹4号 SL大樹6号 DL大樹8号
鬼怒川温泉 11:10発 12:54発 15:37発 16:43発
東武ワールド
スクウェア
11:15発 12:59発 15:42発 16:48発
下今市 11:45着 13:29着 16:14着 17:18着

「SL大樹」「DL大樹」の行き違いも実現! 客車列車同士の交換が日常的な風景に!

f:id:kzlife:20200226232248j:plain
東武のディーゼル機関車「DE10 1099」

これまで、「SL大樹」は、一つの編成が下今市と鬼怒川温泉の間を行ったり来たりして、1日に3往復(6本)の列車を運行していました。

それが、2020年6月のダイヤ改正以降は、「SL大樹」と「DL大樹」の2編成の列車になります。

しかも、「SL大樹5号」と「DL大樹4号」は、ほぼ同じ時刻で逆向きに運転され、途中駅ですれ違うダイヤになっています。

東武鬼怒川線は単線ですので、途中駅で行き違い(交換)をすることになるはずですが、SL列車とDL列車同士の行き違い、客車列車同士の行き違いを、日常的に見られることになりそうです。

また、鬼怒川温泉駅では、SL列車とDL列車が並ぶ様子も見られそうです。

  • 「DL大樹3号」が11:05に鬼怒川温泉に到着、「SL大樹2号」が11:10に鬼怒川温泉を出発
  • 「DL大樹7号」が15:32に鬼怒川温泉に到着、「SL大樹6号」が15:37に鬼怒川温泉を出発

「DL大樹」が到着してから、「SL大樹」が出発するまでの5分間、鬼怒川温泉駅では2本の列車が並ぶことになりますね。

JR北海道から購入した客車を新たな編成に利用?

f:id:kzlife:20200226231957j:plain
簡易リクライニングシートが並ぶSL大樹の客車内

現在、「SL大樹」の客車は、主にJR四国から購入した12系客車を利用しています。日にち限定で、JR北海道の元急行はまなすの「ドリームカー」(14系客車 オハ14-505)も連結されます。

www.kzlifelog.com

一方、東武鉄道には、「ドリームカー」と同じくJR北海道から購入した14系客車が複数あります。これらの車両は現在利用されていませんが、今後整備して、2編成目の客車として利用するのではないかと考えられます。

蒸気機関車が牽引する客車列車と、ディーゼル機関車が牽引する客車列車が、行き違う姿を見られることになりそうです。

2020年度中にはSL2機運行開始で全列車をSL化! 将来的には東武日光駅への乗り入れも検討!

2020年5月15日に発表された『「東武グループ中期経営計画」の推進(2019年度)』によれば、

  • 2020年度中にはSL2機運行を開始
  • SL大樹の東武日光駅乗り入れを検討

という記載があります。(下記PDF資料のp.2およびp.6)

SL2機体制で全列車を「SL大樹」として運転!

現在、「SL大樹」の牽引機として利用されている蒸気機関車は「C11 207」ですが、東武鉄道はSL複数機体制を目指していて、すでに真岡鉄道から「C11 325」を購入しています。

真岡鉄道を走っていた頃の「C11 325」の様子は、以下の「SLもおか」の乗車記をご覧ください。

www.kzlifelog.com

さらに、現在、東武鉄道は、北海道で静態保存されていた「C111」の復元に取り組んでいます。

www.kzlifelog.com

つまり、真岡鉄道から購入した「C11 325」や、復元中の「C111」を「SL大樹」の牽引機として利用し、2020年度中に、4往復8本の列車をすべて「SL大樹」として運行するということです。

前述のとおり、2020年6月のダイヤ改正以降、「SL大樹」と「DL大樹」の2編成での運行となりますが、2020年度中には「SL大樹」2編成での運行となるわけです。

そうなると、鬼怒川温泉駅でSL列車が2本並ぶ様子や、途中駅でSL列車同士が行き違いをする様子を見られることになりそうです。

「SL大樹」の東武日光駅乗り入れも検討

こちらは時期は明記されていませんでしたが、現在、下今市~鬼怒川温泉間で運行している「SL大樹」を、将来的には東武日光駅へ乗り入れることを検討するとのことです。

下今市~東武日光間は7.1km。現在、「SL大樹」が走る下今市~鬼怒川温泉は12.4kmですので、SL列車を運行するにはかなり短い距離になります。どのようなダイヤを組むのかや、東武日光駅には転車台がないのでどうするのかなど、検討すべき点は多くありそうですが、中期経営計画に記載しているくらいですから、まずは実現に向けて動き始めるのではないかと期待されます。

東武鉄道のSLへの力の入れようが半端ではないことが伝わってきますね。


以上、『【【東武鉄道 2020年ダイヤ改正】 SL大樹・DL大樹の2編成で4往復8本に! 2020年度中には全列車SL化でSL同士の行き違いも!』でした。客車列車同士の行き違いに、将来はSL同士の行き違い。東武鉄道もなかなかニクいことをやってくれます。SL大樹の運転日、東武鬼怒川線の沿線では、昭和の中ごろに逆戻りしたような光景が見られそうです。

関連記事

「SL大樹」の乗車記です。車内や乗車時の様子だけでなく、鬼怒川温泉駅や下今市駅での転車台の様子や、蒸気機関車の付け替えの様子も詳しくレポートしています。

www.kzlifelog.com

「SL大樹」の座席指定席の予約・購入方法などをまとめた記事です。

www.kzlifelog.com