ひさの乗り鉄ブログ

青春18きっぷの話題をはじめ、観光列車や風光明媚な路線の乗車記などを思うままに綴っていく乗り鉄ブログです。

東武線・東京メトロ日比谷線直通の座席指定列車「THライナー」、2020年6月にデビュー! 運行区間・停車駅・運転本数を発表!


東武スカイツリーライン・伊勢崎線、東京メトロ日比谷線直通の座席指定列車「THライナー」が、2020年6月6日に運転開始されます。運転区間は久喜~恵比寿、朝時間帯に上り2本、夕夜間帯に下り5本が運転されることも発表されました。

東武線・東京メトロ日比谷線直通の座席指定列車「THライナー」、2020年6月6日に運転開始!

東武鉄道と東京メトロは、東武スカイツリーラインと、東京メトロ日比谷線を直通する座席指定列車「THライナー」を、2020年6月6日に運転開始すると発表しました。

主な概要は以下の通りです。

  • 列車愛称名: 「THライナー」
  • 運行開始日: 2020年6月6日(土)
  • 使用車両: 70090型(ロング・クロスシート転換車両)
  • 運転区間: 東武伊勢崎線 久喜駅 ~ 東京メトロ日比谷線 恵比寿駅
  • 停車駅: 久喜,東武動物公園,春日部,せんげん台,新越谷,上野,秋葉原,茅場町,銀座,霞ヶ関,虎ノ門ヒルズ,神谷町,六本木,広尾,恵比寿
  • 運行時間帯・運行本数
    • 平日
      • 上り(久喜→恵比寿): 久喜駅発 6時台,8時台 各1本(計2本)
      • 下り(霞ヶ関→久喜): 霞ヶ関駅 18時台~22時台 毎時1本(計5本)
    • 土休日
      • 上り(久喜→恵比寿): 久喜駅発 8時台,9時台 各1本(計2本)
      • 下り(霞ヶ関→久喜): 霞ヶ関駅 16時台~20時台 毎時1本(計5本)

詳しくは、東武鉄道、東京メトロのニュースリリースをご覧ください。

「THライナー」の停車駅発表! 上野~新越谷間無停車で北千住も通過!

東武線と東京メトロ日比谷線を直通する座席指定列車が運転されることは、2019年3月に発表されていました。

www.kzlifelog.com

今回は、列車愛称名の「THライナー」と、停車駅、運行区間、運行本数が発表されました。

上りは恵比寿行き、下りは霞ヶ関発

運行区間は、朝時間帯に運転される上り列車が久喜駅から恵比寿駅まで、夕夜間帯に運転される下り列車が霞ヶ関駅から久喜駅までとなります。

f:id:kzlife:20191220111108p:plain
「THライナー」の運行区間と停車駅

(出典)2020年6月6日(土) 東武鉄道・東京メトロダイヤ改正 東武線・日比谷線相互直通列車に初の座席指定制列車「THライナー」が誕生! (東武鉄道ニュースリリース 2019年12月19日 PDF:680KB)

運行区間が、上りと下りで異なるのは面白いですね。

東武線側の発着駅は上り、下りともに久喜駅ですが、日比谷線側は、上りが恵比寿駅行き、下りは霞ヶ関駅発となります。

下り列車が霞ヶ関発なのは、

  • 夕夜間帯の毎時1本の運転を少ない車両で捌くため、朝時間帯よりも運行区間を短くしている
  • 霞ヶ関駅には引き上げ線がある

という理由ではないかと思います。

一方、上りは恵比寿行きとなりますが、なぜ一駅先の中目黒行きにしなかったのかは気になります。恵比寿が終点だとしても、おそらく中目黒にある引き上げ線まで回送されるのではないかと思いますが、それなら中目黒行きにすればよかったのでは、と。

上野~新越谷間無停車! 北千住も通過!

今回の発表で驚いたのは、東武線側の停車駅です。

久喜,東武動物公園,春日部,せんげん台,新越谷の5駅は、越谷を除く急行の停車駅ですので、妥当なところかと思いますが、北千住、西新井、草加には停車しません。上野~新越谷間を無停車で走るのです。

特に、特急列車も含めてすべての列車が停車する北千住を通過するのには驚きました。

「THライナー」のターゲットを、新越谷~久喜から日比谷線方面への通勤客に絞ったためでしょう。

確かに、北千住からであれば、朝時間帯は日比谷線の始発列車が多くありますし、夕夜間帯であれば特急やライナーがたくさんあります。

東武スカイツリーラインと日比谷線を直通する列車は、東武線内は各駅停車しかありません。そこに「THライナー」を投入して、着席需要だけでなく、東武線新越谷以北~日比谷線の直通需要、速達需要も取り込もうということでしょう。

「THライナー」、東武線内 北千住~西新井は緩行線を走行?

東武スカイツリーラインの北千住~北越谷間は複々線になっています。両側に急行線(特急や急行、準急などが走る線路)が、その間に緩行線(各駅停車が走る線路)があります。

ところが、北千住駅では、日比谷線は緩行線としか接続していません。緩行線と急行線の渡り線があるのは北越谷駅ですので、現在のままですと、北千住~北越谷間は緩行線を走る必要があります。

緩行線には各駅停車が走っていますので、「THライナー」のような停車駅の少ない列車は、すぐに各駅停車に追い付いてしまい、ノロノロ運転になってしまうでしょう。

ただ、西新井駅の近くに、緩行線と急行線の渡り線を設置する工事をしているという情報もあり、これが完成するとすれば、

  • 北千住~西新井: 緩行線を走行
  • 西新井~北越谷: 急行線を走行

ということになりそうです。

西新井駅は北千住駅から4駅目ですので、これくらいであれば、前を走る各駅停車に追い付いてしまうこともなさそうです。

久喜~恵比寿の所要時間は80分程度か?

今回、詳細なダイヤは発表されませんでしたが、東武線の急行列車や日比谷線の列車の所要時間からすると、

  • 久喜 → 恵比寿: 約80分
  • 霞ヶ関 → 久喜: 約70分

くらいになるのではないかと予想します。

東武線内は、現行の急行列車の所要時間と大差はないでしょう。急行よりも停車駅は少ないですが、緩行線を走る区間ではそれほど飛ばすこともできないでしょうから、全体としては急行と同じくらいの所要時間になるのではないかと思います。

日比谷線は各駅停車しかなく、前の列車を追い抜くことのできる駅もありませんので、おそらくノロノロ運転で、所要時間は各駅停車と変わらないはずです。

「THライナー」はロング・クロスシート転換の新型車両「70090型」で運転!

f:id:kzlife:20191220111004p:plain
「THライナー」に使われるロング・クロスシート転換車両「70090型」

(出典)2020年6月6日(土) 東武鉄道・東京メトロダイヤ改正 東武線・日比谷線相互直通列車に初の座席指定制列車「THライナー」が誕生! (東武鉄道ニュースリリース 2019年12月19日 PDF:680KB)

「THライナー」に利用される車両は、通勤型車両の「70090型」です。日比谷線直通用に投入している「70000型」の電車を、ロング・クロスシート転換仕様に変更したものです。

f:id:kzlife:20191220111033p:plain
「THライナー」に使われる70090型電車の車内イメージ

(出典)2020年6月6日(土) 東武鉄道・東京メトロダイヤ改正 東武線・日比谷線相互直通列車に初の座席指定制列車「THライナー」が誕生! (東武鉄道ニュースリリース 2019年12月19日 PDF:680KB)

ロング・クロスシート転換は、東武東上線の「TJライナー」(東武50090型)や、西武線~有楽町線直通の「S-TRAIN」(西武40000系)などで採用されているシステムで、通常時はロングシートで、「THライナー」として運転するときはクロスシートで運転できる便利な車両です。

最新の列車らしく、WiFiや各座席のコンセントも装備されています。所要時間が70~80分にもなるとすると、これらの設備はありがたいですね。


以上、『東武線・東京メトロ日比谷線直通の座席指定列車「THライナー」、2020年6月にデビュー! 運行区間・停車駅・運転本数を発表!』でした。関東の大手私鉄各社で導入が進んでいる、ロング・クロスシート転換車両を用いた通勤ライナーですが、乗り換えなしで着席して通勤できるとなれば、需要はかなりありそうですね。