スポンサーリンク

【東武本線乗り放題デジタルきっぷ】東武線に2日間乗り放題でなんと3,000円! 東京スカイツリーにも入場できるお得なフリーきっぷ!

浅草駅に停車中のスペーシアノウハウ
浅草駅に停車中のスペーシア

東武鉄道から、東京スカイツリーの展望台(天望デッキ・天望回廊)の入場券と、東武線全線(東上線・越生線を除く)に2日間乗り放題のフリーきっぷがセットになった「東京スカイツリー天望回廊付き東武本線乗り放題デジタルきっぷ」が発売されます。フリーきっぷとしても激安ですし、東京スカイツリーの入場券としてみてもかなりお得です。

スポンサーリンク

「東京スカイツリー天望回廊付き東武本線乗り放題デジタルきっぷ」とは?

東武鉄道は、東京スカイツリーの入場券と、東武本線系統(東上線・越生線を除く)に2日間乗り放題となるフリーきっぷがセットになった「東京スカイツリー天望回廊付き東武本線乗り放題デジタルきっぷ」を発売します。

「東京スカイツリー天望回廊付き東武本線乗り放題デジタルきっぷ」の概要は以下のとおりです。

  • 利用期間: 2021年7月16日(金)~9月30日(木)
  • 発売期間: 2021年7月15日(木)~9月29日(水)
    • 利用開始日の前日までの購入が必要
  • 有効期間: 2日間(東京スカイツリー入場日より2日間)
  • セット内容
    • 東武本線乗り放題デジタルきっぷ
      • 東武線(東上線・越生線を除く)に2日間乗り放題
      • 別途、特急券・整理券等を購入すれば、特急列車やSL列車への乗車も可能
    • 東京スカイツリー天望デッキ・天望回廊 セット入場券
      • 天望デッキ・天望回廊の両方に入場可能
    • 東武グループ観光施設での優待特典
  • 発売価格
    • 大人 3,000円
    • 中人(中高生) 2,700円
    • 小人(小学生以下) 1,700円
  • 発売箇所: オンラインサイトのみ

「東京スカイツリー天望回廊付き東武本線乗り放題デジタルきっぷ」は、その名前のとおり、「デジタル」のきっぷになります。購入するにはスマートフォンが必要です。

購入方法等、詳しくは、東武鉄道の「東京スカイツリー天望回廊付き東武本線乗り放題デジタルきっぷ」のWebサイトをご確認ください。

東京スカイツリーR天望回廊付き東武本線乗り放題デジタルきっぷ | 東武鉄道
期間限定発売の東武鉄道史上最もお得なデジタルきっぷ。東京スカイツリーR入場券と東武線の乗り放題券がセットになったお得なきっぷが登場!
スポンサーリンク

東武本線系統が2日間乗り放題で3,000円はお得!

「東京スカイツリー天望回廊付き東武本線乗り放題デジタルきっぷ」は、東武本線系統の乗り放題きっぷとして見ても、2日間で3,000円という価格は、かなりお得です。

区間片道運賃往復運賃
浅草~東武日光1,390円2,780円
浅草~鬼怒川温泉1,580円3,160円

普通運賃と比較してみると、浅草~東武日光往復だけでは元が取れませんが、浅草~鬼怒川温泉では往復するだけでお得になります。

有効期間が2日間ありますので、鬼怒川温泉周辺への1泊温泉旅行に使えそうです。別途、特急券を購入すれば、特急列車に乗ることもできます。

浅草起点では、単純往復でお得になるのは、鬼怒川線の各駅だけです。とはいえ、東京スカイツリーの入場券(当日券 大人3,100円)とあわせると、東武線乗り放題の部分はタダみたいなものですので、運賃で3,000円を超えるかどうかは、あまり気にしなくてもよさそうです。

スポンサーリンク

「東京スカイツリー天望回廊付き東武本線乗り放題デジタルきっぷ」は東京スカイツリーの当日券よりも安い!

東京スカイツリー

東京スカイツリー

「東京スカイツリー天望回廊付き東武本線乗り放題デジタルきっぷ」の一番のポイントは、東京スカイツリーの入場券が付いていることです。

東京スカイツリーの入場券はかなり高く、大人料金では以下のようになっています。

種別チケット
価格
天望デッキ天望回廊
当日券セット券
3,100円
天望デッキ
2,100円
×
前売券セット券
2,700円
天望デッキ
1,800円
×

天望デッキ(350m)と天望回廊(450m)の両方に入場できるセット券は、当日券が3,100円、前売券が2,700円です。

一方、「東京スカイツリー天望回廊付き東武本線乗り放題デジタルきっぷ」は、セット券相当と東武線2日間乗り放題がセットで3,000円。東武線2日間乗り放題のフリーきっぷが付いているのに、東京スカイツリーの当日券よりも安いのです! 当日券と比べても、300円で東武線乗り放題のきっぷが付いてくる計算になります。

東京スカイツリーに入場するのであれば、東武線のフリーきっぷ部分の元を取る必要は全くありません。

東武線沿線から東京スカイツリーへ遊びに行く方にも、東京スカイツリーを見学してから、日光や鬼怒川へ観光に行かれる方にも、おすすめのフリーきっぷです。

スポンサーリンク

7月末から平日も運行開始する「SL大樹」の乗車にもぴったり!

東武鬼怒川線を走る「SL大樹」

東武鬼怒川線を走る「SL大樹」

「東京スカイツリー天望回廊付き東武本線乗り放題デジタルきっぷ」は、東武鬼怒川線にも乗車できますので、同路線を走るSL列車「SL大樹」への乗車にも利用できます。

「SL大樹」は、下今市駅~鬼怒川温泉駅を走るSL列車です。これまでは土休日を中心に運行されていましたが、2021年7月末からは、平日の運転も開始されます。

鬼怒川温泉など、鬼怒川線沿線の温泉地への観光の際に、あわせて「SL大樹」に乗車してもよいでしょう。片道の乗車時間は35分と、お手軽に乗ることができます。

なお、「SL大樹」に乗車するためには、別途、座席指定券(大人760円、小児380円)が必要になりますので、あらかじめ購入しておきましょう。「SL大樹」の紹介や、座席指定券の購入方法については、以下の記事をご覧ください。

「SL大樹」に乗ろう! SL座席指定券の予約購入方法、おすすめの座席(座席表あり)、おすすめのきっぷを紹介します!
東武鉄道の下今市~鬼怒川温泉間を走るSL列車「SL大樹」。この記事では、SL大樹の概要をはじめ、SL座席指定券の予約方法や、座席表、おすすめの座席やおすすめのきっぷなどを、実際に利用した際の体験談を交えながらご紹介します。これから「SL大樹」に乗車しようとされている方は、参考にしてみてください。

以上、「【東武本線乗り放題デジタルきっぷ】東武線に2日間乗り放題でなんと3,000円! 東京スカイツリーにも入場できるお得なフリーきっぷ!」でした。東京スカイツリーの入場券に、おまけで東武線のフリーきっぷが付いてくるくらいの破格のフリーきっぷです。この夏休みは、「東京スカイツリー天望回廊付き東武本線乗り放題デジタルきっぷ」で東武線の旅を東京スカイツリーを楽しんでみましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました