スポンサーリンク

【2021-22年冬の臨時列車】定番の観光列車に加え、長距離を走る臨時列車も新規設定!

常磐線の臨時列車に使われるE653系電車ノウハウ
常磐線の臨時列車に使われるE653系電車

JR各社は、2021-22年冬(2021年12月~2022年2月)の臨時列車の運転計画を発表しました。「SL冬の湿原号」は客車がリニューアルされるなど、定番の観光列車にも変化が見られます。また、常磐線~仙台エリアの長距離を走る臨時特急列車が多く設定されているのも特徴的です。

スポンサーリンク

JR各社の2021-22年冬の臨時列車の運転計画・指定席の発売状況まとめ(10月15日時点)

JR各社は、2021-22年冬の臨時列車について発表しました。10月15日時点での運転計画の発表状況は以下のとおりです。

※一部を除きPDFファイルが開きます。

なお、定番の観光列車(JR東日本の「のってたのしい列車」、JR九州の「D&S列車」など)については、各社のWebサイトにて運転計画が公表されています。

スポンサーリンク

冬の釧網本線を走る「SL冬の湿原号」「流氷物語号」今冬も運転!

毎年恒例の、冬の釧網本線を走るSL列車「SL冬の湿原号」と「流氷物語号」が今冬も運転されます。「SL冬の湿原号」は、今年は一部リニューアルされた客車での運転となります。

1号車・5号車はリニューアル客車で運転!「SL冬の湿原号」

冬の釧路湿原を走るおなじみのSL列車「SL冬の湿原号」が、今冬も運転されます。今年は、客車の一部がリニューアルされた編成での運転です。

  • 快速「SL冬の湿原号」
    • 運転日(2022年)
      • 1月22日(土),23日(日),28日(金),29日(土),30日(日)
      • 2月4日(金)~13日(日),18日(金)~20日(日),23日(水・祝)~27日(日)
      • 3月4日(金)~6日(日),11日(金)~13日(日),18日(金)~21日(月・祝)
    • 運転区間・時刻
      • 釧路 11:05発 → 標茶 12:35着
      • 標茶 14:00発 → 釧路 15:42着
      • 途中停車駅: 東釧路、釧路湿原、塘路、茅沼
    • 全車指定席(乗車券1,290円に加えて、指定席券1,680円が必要)

毎年おなじみのSL列車の運転ですが、今年は、5両編成の客車のうち、1号車と5号車がリニューアルされています。

「SL冬の湿原号」リニューアル客車のイメージ

「SL冬の湿原号」リニューアル客車のイメージ

(出典)【社長会見】「SL冬の湿原号」客車のリニューアル第1弾が登場します!(JR北海道ニュースリリース 2021年10月14日 PDF)

通路を挟んで、川側(湿原側)には窓側を向いたカウンター席を、山側には高床化したボックスシートを設置する座席配置に変更になっています。また、車端部の機器室のある通路の窓を大型化し、展望通路を設置します。

JR北海道は、「SL冬の湿原号」の客車のリニューアルを2年がかりで進めていて、今冬は、前述の1号車と5号車が、来年度には2号車~4号車のリニューアルを実施する計画になっています。

今冬は3月の運転も予定されていて、乗車できるチャンスも増えています。リニューアルされた「SL冬の湿原号」で、冬の北海道を旅してみるのもよさそうです。

「SL冬の湿原号」の客車のリニューアルについては、JR北海道のニュースリリースをご覧ください。

今冬は「北海道の恵みシリーズ」車両で運転!「流氷物語号」

冬のオホーツク海沿岸を走る臨時列車「流氷物語号」も運転されます。オホーツク海の流氷を眺めることができる列車です。

  • 普通「流氷物語号」
    • 運転日: 2022年1月29日(土)~2月27日(日)の毎日
    • 運転区間: 網走~知床斜里(1日2往復)
    • 運転時刻
      • 1号: 網走 09:45発 → 北浜 10:00着/10:10発 → 浜小清水 10:22発 → 知床斜里 10:41着
      • 3号: 網走 12:45発 → 北浜 12:58着/13:08発 → 浜小清水 13:17発 → 知床斜里 13:35着
      • 2号: 知床斜里 11:30発 → 浜小清水 11:47着/12:07発 → 北浜 12:16発 → 網走 12:30着
      • 4号: 知床斜里 13:48発 → 浜小清水 14:04着/14:24発 → 北浜 14:34発 → 網走 14:46着
    • 使用車両: 北海道の恵みシリーズ(2両編成、一部指定席)

こちらも、毎年恒例となった臨時列車の運転ですが、今冬は、「北海道の恵みシリーズ」で運転される予定となっています。
「北海道の恵みシリーズ」は、キハ40形の内装・外装をリニューアルした車両で、4両が各地で運転されています。

また、これまで「流氷物語号」は全車自由席でしたが、今冬からは一部指定席も設けられるようです。それほど混雑する時期ではないとはいえ、流氷を眺められる海側の座席を予約できるのであれば、指定席券を購入する価値はありそうです。

「SL冬の湿原号」「流氷物語号」については、以下の記事もご覧ください。

釧網本線に乗って流氷を見に行こう!(2021年版) 「流氷物語号」「SL冬の湿原号」に乗る周遊ルートがおすすめです!
2~3月は北海道の流氷シーズン。例年は2月上旬に流氷が接岸し、3月中旬まで1か月半ほど流氷観光が楽しめます。この記事では、流氷観光×汽車旅をテーマに、流氷観光へのアクセス、流氷観光とあわせて訪れたい鉄道路線や乗りたい観光列車などを紹介します...
スポンサーリンク

梅が見頃の偕楽園へ仙台から直通!「ひたち92号(水戸偕楽園号)」

「ひたち92号」に使われるE657系電車

「ひたち92号」に使われるE657系電車

偕楽園の梅が見頃となる2月下旬に、仙台から偕楽園へ直通する臨時特急列車「ひたち92号」(水戸偕楽園号)が運転されます。

  • 特急ひたち92号(水戸偕楽園号)
    • 運転日: 2月26日(土)
    • 運転時刻: 仙台 08:36発 → 水戸 11:59着 → 偕楽園 12:27着
    • 途中停車駅: 岩沼、亘理、原ノ町、いわき、湯本、泉、勝田、水戸
    • 使用車両: E657系10両編成(全車指定席 ※水戸~偕楽園は全車自由席)

仙台から梅の名所「偕楽園」に直通する臨時特急列車です。偕楽園駅は、偕楽園の梅まつりの時期にあわせて開設される臨時駅です。臨時駅を目的地とする特急列車もなかなか珍しいですね。

この特急「ひたち92号(水戸偕楽園号)」ですが、運行形態が興味深いです。

「ひたち92号(水戸偕楽園号)」の運行形態

「ひたち92号(水戸偕楽園号)」の運行形態

(出典)冬の臨時列車のお知らせ(JR東日本水戸支社 2021年10月15日 PDF)

特急列車としては水戸駅までの運転で、水戸駅~偕楽園駅の間は、全車自由席の快速「水戸偕楽園号」として運転されるということです。

ところが、偕楽園駅には上りホームしかありません。水戸方面から到着した列車は、偕楽園駅に停車できないのです。そのため、次の赤塚駅まで運転したあと、偕楽園駅へ折り返すという、珍しいルートになっています。

東北方面や福島県から、偕楽園の梅を見に行かれる方は、偕楽園駅に直通するこの列車を利用してみてはいかがでしょうか。便利なだけでなく、珍しい運行ルートを体験することもできそうです。

スポンサーリンク

常磐線から東北本線への臨時特急列車を運転! 5時間越えの長時間運転も!

常磐線の臨時列車に使われるE653系電車

常磐線の臨時列車に使われるE653系電車

12月と1月の週末に、常磐線から東北本線の小牛田駅への臨時特急列車が運転されます。

  • 特急「冬をまるごと仙台松島号」
    • 運転日: 12月18日(土),25日(土)
    • 運転時刻
      • 下り: 水戸 08:27発 → 仙台 12:22着 → 松島 12:45着 → 小牛田 13:02着
      • 上り: 小牛田 18:24発 → 松島 18:49発 → 仙台 19:26発 → 水戸 23:26着
    • 途中停車駅: 勝田、日立、高萩、泉、いわき、原ノ町、仙台、松島
    • 使用車両: E653系7両編成(全車指定席)
  • 特急「冬の宮城ホッと温泉号」
    • 下り(土浦→小牛田)
      • 運転日: 1月15日(土),22日(土)
      • 運転時刻: 土浦 07:54発 → 仙台 12:22着 → 松島 12:45着 → 小牛田 13:02着
    • 上り(小牛田→土浦)
      • 運転日: 1月16日(日),23日(日)
      • 運転時刻: 小牛田 12:20発 → 松島 12:48発 → 仙台 13:16発 → 土浦 18:06着
    • 途中停車駅: 石岡、友部、赤塚、水戸、勝田、日立、高萩、泉、いわき、原ノ町、仙台、松島
    • 使用車両: E653系7両編成(全車指定席)

水戸駅、土浦駅から、東北本線の松島駅や小牛田駅へと直通する臨時特急列車です。常磐線沿線から、冬の仙台周辺の観光地、温泉地へ向かう観光客のための列車でしょう。

注目は、土浦発着の特急「冬の宮城ホッと温泉号」で、上り・下りともに、運転時間が5時間を超えます。常磐線では、品川~仙台を結ぶ長距離運転の特急「ひたち」が運転されていますが、この「ひたち」よりも所要時間が長いのです。臨時列車だからということもありそうですが、なかなか乗りごたえのある列車になりそうです。

スポンサーリンク

三陸鉄道リアス線と直通運転!「冬のさんりくリアス号」

三陸鉄道36形気動車

三陸鉄道36形気動車

1月中旬の週末、盛岡~宮古~釜石間を直通する「冬のさんりくリアス号」が運転されます。

  • 快速「冬のさんりくリアス号」
    • 運転日: 1月15日(土),16日(日)
    • 運転時刻
      • 釜石行き: 盛岡 09:01発 → 宮古 11:57発 → 釜石 13:36着
      • 盛岡行き: 釜石 09:59発 → 宮古 11:18発 → 盛岡 13:40着
    • 使用車両
      • JR東日本 キハ110系(2両編成,1/15釜石行き,1/16盛岡行き)
      • 三陸鉄道車両(2両編成,1/15盛岡行き,1/16釜石行き)
      • 全車自由席

三陸鉄道移管前のJR山田線を彷彿とさせる快速列車の直通運転です。JR東日本のキハ110系と、三陸鉄道の車両(36形)が、それぞれお互いの線区に乗り入れる形で運転されます。

現在は、盛岡~宮古がJR山田線、宮古~釜石が三陸鉄道リアス線と、会社が分かれてしまい、基本的に直通列車は運転されていません。とはいえ、盛岡、宮古、釜石は、いずれも岩手県内の主要都市。観光客を含めて、それなりに人の流動があるでしょうから、このような直通列車の需要もあるのでしょう。

スポンサーリンク

だるまストーブで暖をとれる「風っこストーブ」を東北各地で運転!

トロッコ型気動車「風っこ」

トロッコ型気動車「風っこ」

トロッコ列車というと、窓がなく、風を浴びながら乗る夏の列車というイメージですが、冬季にも運転されています。今冬は、仙台エリアを中心に、臨時の「風っこストーブ号」が設定されています。

  • 快速「風っこストーブ湯けむり号」
    • 運転日: 1月29日(土),30日(日)
    • 運転時刻
      下り: 仙台 09:09発 → 鳴子温泉 11:01着
      上り: 鳴子温泉 13:15発 → 仙台 15:02着
  • 快速「風っこストーブ喜多方号」
    • 運転日: 2月11日(金・祝),12日(土)
    • 運転時刻
      下り: 郡山 09:50発 → 喜多方 11:55着
      上り: 喜多方 14:49発 → 郡山 16:55着
  • 快速「風っこストーブ女川号」
    • 運転日: 2月19日(土),20日(日)
    • 運転時刻
      下り: 仙台 09:57発 → 女川 11:58着
      上り: 女川 14:16発 → 仙台 16:49着

列車名が示すとおり、トロッコ列車の中にはだるまストーブが設置されます。トロッコ列車ではありますが、冬季は、はめ込み式の窓をつけて運転されるので、寒くはないでしょう。

鳴子温泉など陸羽東線沿線の温泉地へのアクセスや、会津若松・喜多方、女川などへの観光地へのアクセスにも利用できる時間帯での運転です。


以上、『【2021-22年冬の臨時列車】定番の観光列車に加え、長距離を走る臨時列車も新規設定!』でした。定番の「SLの冬の湿原号」「流氷物語号」なども客車リニューアルや車両変更などで、例年とは違った旅を楽しめそうです。

スポンサーリンク

関連記事

筆者おすすめの関東甲信越エリアの観光列車をまとめて紹介している記事です。多くの列車は、この冬の観光シーズンにも運転されます。

関東・甲信越のおすすめ観光列車10選! 絶景車窓・グルメなど、首都圏からの日帰り・1泊旅行に最適!(2021年版)
乗るだけで観光気分が味わえる観光列車。観光列車に乗ることを旅の目的にしても十分満足できますし、観光のついでに乗るのもありです。この記事では、首都圏から日帰り・1泊旅行にピッタリで、運転日数が多くて乗車しやすい、関東・甲信越地方のおすすめ観光列車を紹介します。いずれも、筆者が乗車したことのある列車で、車窓やグルメなど、おすすめできる列車ばかりです。

JR各社の格安きっぷをまとめて紹介している記事です。現在~3か月後くらいまでの間に利用できるきっぷを、随時入れ替えて紹介していますので、冬のおでかけに向けて参考にしてみてください。

2021~22年冬の鉄道旅行に使えるJR各社の格安フリーきっぷ・割引きっぷまとめ!
JR各社は非常に多くのフリーきっぷ・割引きっぷを発売しています。期間限定のものもあり、どのきっぷを使うと良いのかわからないことも多いでしょう。この記事では、2021年夏(7月~9月頃)に利用できるJR各社のお得なきっぷ(フリーきっぷ・割引きっぷ)をまとめて紹介します。

当ブログの青春18きっぷ関連のトップページです。青春18きっぷで乗りたい列車など、多数のコンテンツを掲載していますので、ぜひご覧ください。

【青春18きっぷ 2021-22年冬】青春18きっぷの最新情報、利用期間、 基本ルール・特例、おすすめ路線・列車から使い方のコツまで紹介します!
JR全線の普通列車・快速列車に乗り放題となる定番フリーきっぷ「青春18きっぷ」。この記事では、2021-22年シーズンの青春18きっぷの最新情報に加えて、青春18きっぷの利用期間・値段・購入方法・基本的なルール・使い方から、青春18きっぷで乗車したいおすすめの列車や路線、青春18きっぷの旅を快適にする少し高度なテクニックまで、目的別にご紹介します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました