ひさの乗り鉄ブログ

青春18きっぷの話題をはじめ、観光列車や風光明媚な路線の乗車記などを思うままに綴っていく乗り鉄ブログです。

身延山山頂の絶景と富士山本宮浅間大社へ ~温泉と身延線の旅 2018秋(2)~

おすすめ記事Pick Up! 青春18きっぷ関連の記事はこちらから!

下部温泉の「湯元ホテル」をチェックアウトしたあとは、身延線沿線を観光しながら帰宅します。まずは定番の身延山久遠寺へ。その後、富士宮にも立ち寄りました。

前回の記事は以下のリンクから。

www.kzlifelog.com

特急「ワイドビューふじかわ」の1駅利用で身延へ

下部温泉「湯元ホテル」をチェックアウト。良い天気なので駅まで歩いていってもよかったのですが、送迎してもらえるとのこと。送迎してもらえれば、予定よりも1本早い列車に間に合いそうだったので、お言葉に甘えて駅まで送迎していただいたのでした。

f:id:kzlife:20181208142255j:plain
下部温泉駅と紅葉の山々

今日は見事な秋晴れ! 昨日、夕方に下部温泉に到着したときよりも、紅葉が鮮やかに見えました。青空のせいでしょうか。

下部温泉駅9時26分発の特急「ワイドビューふじかわ2号」に乗車します。身延までは特急で一駅、わずか10分の乗車です。

乗車してみてビックリ! なんと満席ではありませんか。三連休の初日とはいえ、昨日のガラガラの特急列車を見ているので、こんなに混雑しているとは思いませんでした。

f:id:kzlife:20181207232442j:plain
下部温泉駅は無人駅 特急券は列車の中で購入します

特急券を買わないで乗る人が多いのか、たった3両の特急列車に車掌が2名。かくいう私たちも、下部温泉は無人駅なので、特急券を持っていません。乗車したところに、ちょうど車掌さんが通りかかったので、320円の特急券を購入。

同じく、下部温泉から乗車した外国からの観光客の女性が、車掌から京都までのきっぷを購入していましたが、車掌氏は英語がNGの模様。ちょうど横にいたので、流暢なカタコトの(?)中学レベル英語でヘルプしたのでした。三連休の初日、静岡からの「ひかり」は座れないだろうなぁ、と余計な心配までしてしまいました。

秋晴れの身延山久遠寺へ! 紅葉はイマイチ?

f:id:kzlife:20181207232530j:plain
満員盛況の路線バスで身延山へ

身延駅からは山梨交通の路線バスで身延山へ。1年前に来たばかりですが、今回は奥さんも一緒なのと、あまりに空が青かったので、また行くことにしました。

1年前は年末の閑散期だったのでバスはガラガラでしたが、今回はさすがに三連休ということもあってか、立ち客がたくさん出るほどの盛況ぶりです。

f:id:kzlife:20181207232622j:plain
身延山久遠寺の立派な三門 写真を撮る人が絶えません

いつ見ても立派な久遠寺の三門。この三門だけでも見にくる価値はありそうです。

f:id:kzlife:20181207232727j:plain
三門 with ゆるキャン

三門前の観光案内所で、ゆるキャンの立て看板を貸し出していて、聖地巡り?のお兄さんが並べて写真を撮っていたので、ついでに一緒に撮らせてもらいました。そう、身延線、身延駅といえば、ゆるキャンの聖地の一つなのでした。

f:id:kzlife:20181207232826j:plain
唯一の?鮮やかな紅葉はココ! 三門と紅葉が美しい!

紅葉を期待していたのですが、鮮やかな赤い紅葉が見られたのは、三門の裏にあったこの場所だけでした。身延山の上のほうでは紅葉が終わってしまったのか、そもそも紅葉する木が多くないのか、イマイチでした。

287段の菩提梯を登って境内へ

f:id:kzlife:20181207232928j:plain
昨年も登った菩提梯 休み休み登ります

久遠寺の境内は、この287段もの石段を登った上にあります。「菩提梯」と呼ばれています。一段一段が高いので、287段登るのはかなり大変です。

f:id:kzlife:20181207233017j:plainf:id:kzlife:20181207233029j:plain
久遠寺の境内にあるシックな本堂と鮮やかな祖師堂

広い境内には、本堂や祖師堂、五重塔などみどころがたくさん。

f:id:kzlife:20181207233240j:plain
11月下旬の桜

祖師堂の近くでは、桜?が咲いていました。この日は晩秋らしい寒さでしたが、これまで異常なほどに暖かかったので、春がやってきたと勘違いしてしまったのでしょうね。

さて、三連休でこの晴天。ロープウェイが混雑しないうちに、山頂へ向かうことにします。

f:id:kzlife:20181207233539j:plain
駐車場と境内を結ぶ斜行エレベータ

境内までは、先ほどの絶望的な石段を登ってくるほかに、身延山のバスターミナルから出ている乗り合いタクシーを使って、ロープウェイ駅の下にある駐車場まで行く方法があります。さらに、この斜行ゴンドラに乗ると、階段や坂道をほとんど登らなくても、境内やロープウェイ乗り場にたどり着けます。

身延山山頂からの絶景!

f:id:kzlife:20181207233620j:plain
身延山山頂の展望台から 富士川・天子山地の向こうに富士山を望む

ロープウェイにはすぐに乗車できましたが、満員電車並みの混雑。まあ、数分で頂上に到着するので我慢です。

山頂駅を出てすぐ左側に展望台があります。この展望台からは、富士川に天子山地、そしてその向こうにそびえる富士山を一望できます。ついてに、ロープウェイも一緒にパチリ。

f:id:kzlife:20181207233709j:plain
富士川の蛇行がよくわかります

昨年訪れたときは持っていなかった超広角レンズで。富士川が蛇行している様子がよくわかりますね。

しかし、超広角レンズ、意外と使いこなすのが難しいです。広い範囲を写せるのはよいのですが、余計なものまで入ってしまうのですよね。標準レンズに比べて、撮影する場所や構図をよく考えないといけないようです。

f:id:kzlife:20181207233750j:plain
南アルプスに甲府盆地、八ヶ岳も少し

北側の展望台からは、南アルプスと甲府盆地、その向こうの八ヶ岳までを見ることができます。南アルプスには、富士山に次ぐ第二位の標高をもつ北岳も見えます。

ちょうどお昼時でしたので、山頂駅にあるレストラン「身延庵」へ。

f:id:kzlife:20181207233831j:plainf:id:kzlife:20181207233835j:plain
身延山山頂「身延庵」でランチ! またワインを飲んでみたり…

前回訪れたときと同じ「身延ゆばカレーデミチーズバーグ丼」(950円)をいただきます。妻は「身延ゆば丼」(800円)。ゆばをしっかり味わいたいなら、ゆば丼のほうがいいですね。身延ゆばカレーデミチーズバーグ丼は、カレーの辛さでゆばの味はあまりわかりませんが、食感はしっかりと感じられました。

山梨ヌーボー解禁ということで、「甲州にごりワイン」(450円)もつけてみました。発酵したワインを濾過しないで瓶詰めしたワインだそうです。とてもフレッシュな味わいで食事によく合いました。

ということで、ロープウェイで山麓駅に戻り、菩提梯を下り、路線バスに乗って身延駅に戻りました。

ガラガラの普通列車で富士宮へ

f:id:kzlife:20181207233932j:plain
朝の賑わいが嘘のように静かな身延駅

身延駅14時10分発の普通列車に乗車。2両編成のボックスシートの電車です。

今朝乗車した満席のワイドビューふじかわとは対象的に、この時間の普通列車はガラガラです。車内には乗客は数名のみ。午後のローカル線の旅をのんびりと楽しみましょう。

f:id:kzlife:20181207234024j:plain
鈍行列車でのんびり汽車旅 車窓の友は富士川

進行方向右手には富士川が見えます。身延線は、ぐにゃぐにゃと蛇行する富士川に沿って進みます。

対岸に見える高架の道路は、中部横断自動車道でしょうか。来年度中に、新清水JCT~佐久小諸JCTの全線が開通する予定です。身延線とは対象的に高規格な高架で、山をトンネルで貫く直線的な道路です。

これが完成したら、身延線はどうなってしまうのでしょうか。当然、高速バスが運転されるでしょうから、主要駅周辺のローカル輸送はともかく、特急「ワイドビューふじかわ」は大きな影響を受けそうです。減便にならなければよいのですが。

f:id:kzlife:20181207234231j:plain
天子山地を回り込んで富士宮へ 残念ながら富士山は雲の中

そんなことを考えていると、富士川と別れて、富士山が見えるエリアへ。午前中、身延山からはよく見えた富士山ですが、雲が多くなってきて、残念ながらすそ野の部分しか見えませんでした。

残念ながら富士山は雲の向こう? 富士山本宮浅間大社

f:id:kzlife:20181207234308j:plain
富士山本宮浅間大社の大きな鳥居 富士山はやっぱり雲の中

15時10分、身延からちょうど1時間で富士宮に到着です。駅から徒歩10分ちょっとのところにある「富士山本宮浅間大社」を訪ねます。

赤い大きな鳥居が特徴的ですが、本来なら、鳥居の右側に、どーんと富士山が見えるはずでした。が、やはり雲の中。

f:id:kzlife:20181207234400j:plain
赤が鮮やかな桜門

鳥居をくぐって少し歩くと、こちらも赤が鮮やかな「桜門」があります。11月の三連休ということもあってか、七五三の親子連れを多く見かけました。

f:id:kzlife:20181207234431j:plain
浅間大社の拝殿 参拝しましょう

拝殿に到着しましたので、参拝を済ませてきました。桧皮葺の立派な屋根が印象的です。

f:id:kzlife:20181207234514j:plainf:id:kzlife:20181207234517j:plain
富士山の伏流水が湧き出る湧玉池

帰りは東脇門を出て、湧玉池を眺めながら戻ります。なかなか風情がありますが、紅葉は既に終りに近いようで、あまり鮮やかではありませんでした。

この湧玉池、富士山の伏流水が湧き出ている池です。湧き水だからなのか、水温は一年中変わらず13℃なんだとか。カモがたくさん住んでいて、なかなか賑やかでした。

f:id:kzlife:20181207234636j:plain
夕暮れの浅間大社 富士山の頂上がわずかに見えました

鳥居まで戻ってみると、富士山の頂上がわずかに雲間から覗いていました。拡大してみないとよくわからないですが…。

f:id:kzlife:20181207234756j:plainf:id:kzlife:20181207234801j:plain
定番の富士宮やきそばとみそ田楽

最後は、定番の富士宮やきそばをみそ田楽とともに。鳥居のすぐ横にある「ここずらよ」という販売所でいただきました。閉店直前、ギリギリ滑り込みセーフでした。

粉状の鰹節?魚粉?がもちもちの麺に絡んで美味でした。

このあとは、富士宮から身延線で富士へ、富士から東海道線で熱海へ、熱海から東京上野ラインのグリーン車で帰宅したのでした(おわり)。


昨年12月には日帰りで訪れた身延線ですが、今年は下部温泉に宿泊。晩秋の温泉旅を楽しむことができました。観光したのは定番どころばかりですが、駅からアクセスもよいのでおすすめです。

関連記事

青春18きっぷでの身延線の乗車記です。観光スポットも紹介しています。

www.kzlifelog.com

「ワイドビューふじかわ」の乗車レポートです。

www.kzlifelog.com

身延山・久遠寺の紹介です。

www.kzlifelog.com