K'z Lifelog ~青春18きっぷと乗り鉄のブログ~

青春18きっぷの話題をはじめ、汽車旅のノウハウや鉄道関連のニュースなどを思うままに綴っていく乗り鉄ブログです。

大宮始発の新函館北斗行き「はやぶさ101号」を6月・7月に運転! 函館に午前10時過ぎに到着します! 50%引きのきっぷも!

おすすめ記事Pick Up! 【トップページ】 まずはこちらから!青春18きっぷ・おすすめ路線など当ブログおすすめ記事の目次です
【臨時列車】 2018年夏のおすすめ臨時列車を紹介!
【おトクなきっぷ】 おすすめのフリーきっぷ紹介記事まとめ

JR東日本とJR北海道は、北海道の観光シーズンの6月下旬と7月下旬の土曜日に、大宮駅を午前6時ちょうどに出発する臨時「はやぶさ101号」を運転します。定期の一番列車「はやぶさ1号」(東京06:32発)に比べて、函館に1時間以上も早く、午前10時過ぎに到着します。さらに、運賃+料金が50%引きになる割引きっぷも発売されます。

f:id:kzlife:20180410224204j:plain

※2018.06.21更新(2018年7月下旬の運転日を追記)

大宮始発の初の北海道新幹線を運転!

JR東日本とJR北海道は、大宮始発の新函館北斗行き「はやぶさ101号」 を、2018年6月23日(土)、30日(土)、7月28日(土)に運転します。

合わせて、新函館北斗から函館への臨時「はこだてライナー」と、新函館北斗で乗り継げる札幌行きの臨時特急「北斗85号」を運転します。

注目は、

  • 大宮始発の初の新函館北斗行き「はやぶさ号」であること
  • 大宮発が午前6時で、定期列車「はやぶさ1号」よりも1時間以上早く函館に到着すること

でしょう。

これまで、大宮始発の新青森行きの臨時「はやぶさ」が運転されたことはありますが、北海道新幹線に直通する列車は初の運転となります。

函館駅到着が午前10時過ぎ!! 日帰りでも滞在時間は8時間に

f:id:kzlife:20180410224015j:plain

臨時「はやぶさ101号」のダイヤは以下のとおりです。

  • 大宮 06:00発 → 仙台 07:07発 → 盛岡 07:47発 → 新青森 08:40発 → 新函館北斗 09:41着

新函館北斗から乗り継げる臨時列車「はこだてライナー」(函館行き)、「特急北斗85号」(札幌行き)のダイヤは以下のとおりです。

  • 新函館北斗 09:54発 → 五稜郭 10:05発 → 函館 10:09着 (臨時はこだてライナー)
  • 函館 09:31発 → 新函館北斗 09:51発札幌 13:42着 (臨時特急北斗85号)

早朝に大宮を出て、鉄道利用で函館に午前10時過ぎに到着できてしまいます。さすがに新幹線という速さ!

ちなみに、北海道新幹線の最終で東京に戻る乗り継ぎは、

  • 函館 18:01発 → 新函館北斗 18:23着(普通はこだてライナー)
  • 新函館北斗 18:36発 → 大宮 22:38着 → 東京 23:04着(はやぶさ42号)

となりますので、臨時「はやぶさ101号」を利用すると、函館滞在時間は8時間弱 となります。

羽田発の航空機には敵わず

ここまで早く函館に到着できるようになった新幹線ですが、羽田発函館行きの航空機には敵いません。

大宮始発の臨時「はやぶさ101号」が運転される6月23日のダイヤを見てみると、はやぶさ101号よりも先に函館に到着する便があります。

便名(航空会社) 羽田空港発 函館空港着
057(ADO) 06:55 08:10
585(JAL) 07:50 09:10


函館空港は函館の市街地に比較的近く、シャトルバスで20分ほどです。JAL 585便(羽田 07:50発)でも、はやぶさ101号より先に函館の市街地に到着できるでしょう。

北海道新幹線は、青函トンネルの時速140キロ制限と、新函館北斗での在来線への乗り換えがネックですね。

「えきねっと」「モバイルSuica特急券」で50%引きの早期割引きっぷも発売!

航空機にはかなわない「はやぶさ101号」ですが、なんと50%引きの早期割引きっぷが発売されます。

今回の「はやぶさ101号」の運転に合わせて、運賃+特急料金が50%引きになる早期割引きっぷも発売されます。3週間前までの購入が必要ですが、「スーパーモバトクスペシャル」では、大宮~新函館北斗が9,940円と、1万円を切る破格の値付けになっています。

運転日 列車 早期割引きっぷ
6月23日(土) はやぶさ101号
大宮 → 新函館北斗
お先にトクだ値スペシャル
10,860円(▲10,880円)
6月30日(土) はやぶさ101号
大宮 → 新函館北斗
お先にトクだ値スペシャル
10,860円(▲10,880円)
7月28日(土) はやぶさ101号
大宮 → 新函館北斗
お先にトクだ値スペシャル
10,960円(▲10,980円)
7月28日(土) はやぶさ101号
大宮 → 新函館北斗
スーパーモバトクスペシャル
9,940円(▲12,000円)


いずれも、3週間前までに、インターネット予約サービス「えきねっと」、もしくは、「モバイルSuica特急券」での購入が必要です。払い戻し手数料が50%もかかるなど、多少の制約はありますが、1万円で大宮から新函館北斗まで乗車できるのは魅力的です。

梅雨のない北海道では、6月下旬は既に観光シーズンに入っていますし、7月28日は夏休みに入っている方も多いでしょう。この時期に50%引きというのは破格ですね。


以上、大宮始発の臨時「はやぶさ101号」が運転されるという話題でした。早朝に首都圏を出発して、鉄道のみで、午前10時に函館に到着できるのは隔世の感があります。50%引きの早期割引きっぷも発売されますので、この機会に、北海道新幹線の乗車と道南への旅行を計画されてみてはいかがでしょうか?

関連記事

JR東日本、JR北海道の新幹線・特急列車に割引料金で乗車できる「えきねっとトクだ値」「お先にトクだ値」の解説記事です。

www.kzlifelog.com