K'z Lifelog ~青春18きっぷと乗り鉄のブログ~

青春18きっぷの話題をはじめ、汽車旅のノウハウや鉄道関連のニュースなどを思うままに綴っていく乗り鉄ブログです。

大宮始発 新函館北斗行きの臨時「はやぶさ」を増強へ! 朝10時に函館到着で観光に便利!

おすすめ記事Pick Up! 2018年『秋の乗り放題パス』シーズン到来!

2018年6月に初めて運転された大宮始発の新函館北斗行きの臨時「はやぶさ101号」。朝6時に大宮を出発、函館には午前10時過ぎに到着するという、なかなかインパクトのあるダイヤです。そんな大宮始発の「はやぶさ」を、今後は閑散期にも拡大して運転すると報じされました。北海道新幹線の不調を挽回する秘策となるでしょうか?

f:id:kzlife:20180704203429j:plain

大宮始発新函館北斗行きの臨時「はやぶさ」

大宮始発の「はやぶさ」は、2017年夏に新青森行きの臨時はやぶさが初めて設定されて以来、繁忙期の臨時列車として運転されるようになりました。

2018年6月には、大宮始発、新函館北斗行きの臨時「はやぶさ101号」が初めて運転されました。

大宮始発の北海道新幹線が初めての運転だったことに加えて、定期の一番列車「はやぶさ1号」(東京06:32発、大宮06:58発)よりも1時間も早い、大宮午前6時発というダイヤも話題になりました。

www.kzlifelog.com

「はやぶさ101号」は、仙台07:06着、盛岡07:46着、新青森08:38着、新函館北斗09:41着というダイヤ。早朝に首都圏を出発して、朝早いうちに東北地方の主要駅に到着、函館にも午前10時過ぎに着くことができるという、これぞ新幹線という頼もしい列車です。

すでに、6月23日(土)と30日(土)に運転されており、twitterなどで見る限り、乗車率も高く、好調なようです。次の運転は7月28日(土)と、まさに夏休みの観光シーズン真っ只中! 次もかなり座席が埋まることでしょうね。

今後は閑散期にも運転!

報道によりますと、大宮始発、新函館北斗行きの臨時「はやぶさ」を増強し、夏休みや大型連休といった繁忙期だけでなく、閑散期にも運転することを検討しているとのことです。

www.toonippo.co.jp

報道では、今後増強される臨時「はやぶさ」のダイヤについては触れられていませんが、新函館北斗行きの臨時「はやぶさ101号」の好調を見ると、おそらく今後も同じダイヤで運転されるのではないかと思われます。

訪日外国人には魅力的な列車!

上記の記事でも書かれていますが、訪日外国人にとっては「はやぶさ101号」のダイヤは魅力的です。

函館への観光であれば、羽田空港からの函館空港への航空機のほうが早い時間に到着します。

便名(航空会社) 羽田空港発 函館空港着
057(ADO) 06:55 08:10
585(JAL) 07:50 09:10


ところが、訪日外国人(観光客)は、JR全線の新幹線・特急列車に乗り放題の「JAPAN RAIL PASS」(普通車用・7日間 29,110円)を利用する方が多いため、日本国内での移動は鉄道利用、それもJR利用が多いのです。追加出費なしで、函館に午前10時過ぎに到着する「はやぶさ101号」は、とても魅力的な選択肢になりますね。

北海道新幹線の起爆剤となり得るか?

北海道新幹線は、開業初年度は、予想より乗車率が高く好調を維持していました。ところが、開業効果が薄れた2年目は、一気に運賃収入が24%も落ち込み、北海道新幹線だけで100億円以上の赤字となってしまいました。

www.kzlifelog.com

開業前から言われていたことですが、函館ではビジネス需要がそれほど期待できないため、観光客頼みという状況になっています。観光客は重要な収入源ではありますが、ビジネス需要に比べると不安定です。開業2年目も数%の落ち込みで人気を維持している北陸新幹線とは対照的です。

f:id:kzlife:20180704203519j:plain

とはいえ、開業してしまったものは仕方がない(?)ので、当面は観光客をいかに取り込めるかが重要になってきます。前述のように、訪日外国人は鉄道を利用する傾向があるため、観光シーズンを中心に頻繁に運転すれば、新たな需要を喚起できるかもしれません。

さらに、宇都宮や福島あたりに停車させれば、所要時間は少し増えてしまいますが、羽田空港から遠い北関東や南東北の観光需要も取り込めそうです。

臨時列車とはいえ、頻繁に運転されれば、観光客にも認知されて交通機関の選択肢に加わることになります。「たまたま臨時列車があったから」ではなく、「はやぶさ101号」を利用することを前提とした旅行ができるように、運転日を増やしてほしいものですね。


少し前までは夜行列車で一晩かけて行くところだった函館に、早朝出発で午前10時に到着できるというのは隔世の感があります。函館観光を午前中から楽しんでもよし、特急に乗り継いで午後早い時間に札幌に到着するもよし、いろいろと活用できそうな列車ですね。