K'z Lifelog ~青春18きっぷと乗り鉄のブログ~

青春18きっぷの話題をはじめ、汽車旅のノウハウや鉄道関連のニュースなどを思うままに綴っていく乗り鉄ブログです。

JR北海道夕張支線は2019年3月末に廃止か? 代替バスは10往復で鉄道から倍増へ

おすすめ記事Pick Up! 2018年『秋の乗り放題パス』シーズン到来!

新夕張と夕張を結ぶ石勝線の夕張支線。すでに夕張市が廃線を受け入れ、廃線後の代替交通についてJR北海道と進めていた協議がまとまったとの報道がありました。その結果、夕張支線は2019年3月末に廃線となる方向とのことです。

石勝線 夕張支線、早ければ2019年3月末に廃線へ

f:id:kzlife:20180222215416j:plain

2016年8月に、夕張市とJR北海道は夕張支線の廃止で合意していましたが、廃線後の代替交通についての協議が進められていたことから、廃線時期は明確になっていませんでした。

報道によりますと、夕張市とJR北海道は、以下の内容でおおむね合意に達したとのことです。

  • 最も早ければ、2019年3月末で夕張支線(新夕張~夕張間の16.1km)を廃止
  • 廃線後は、新夕張~夕張間の夕張支線の線路に沿う形で代替バスを10往復程度運転(現在の夕張支線は5往復)
  • JR北海道が、今後20年間の代替バス運行費用の地元負担分に相当する7億円を拠出

www.hokkaido-np.co.jp

response.jp

正式な廃止時期等は今後詰めていくとしていますが、代替バスの運行やその本数、JR北海道の負担まで合意しているとなると、このまま2019年3月末に廃止の方向になるもとの思われます。

JRの鉄道路線の廃止は、2016年12月の留萌線(留萌~増毛間)、2018年3月の三江線(全線:三次~江津)に続いて、ほぼ3年連続ということになってしまいそうです。

JR北海道の中でも屈指の閑散路線

夕張支線は、札幌と帯広・釧路を結ぶ特急が走る大動脈である石勝線(南千歳~新得)の支線で、新夕張~夕張間の16.1kmを結んでいます。もともとは、夕張炭鉱から石炭を輸送する路線として開通しましたが、炭鉱が閉鎖されてからは夕張市の生活路線として運行されてきました。

夕張支線の実績は以下の通りです。

  • 輸送密度: 2016年度 118人/日 → 2017年度 80人/日
  • 営業係数: 1,681円(100円稼ぐのに要する経費,2016年度)

JR北海道の中でも1,2を争うほどの閑散線区です。

この数字を見る限り、大量輸送を得意とする鉄道の役割は終えていて、廃止はやむを得ないという気がします。

夕張支線は、北海道の大動脈を形成する石勝線の一部ではあるものの、あくまで「支線」であり、その役割は地域輸送に限られています。要は、生活路線であり、都市間輸送や貨物輸送(物流)を担う路線ではありません。このような事情からも、廃止という方向になったのだと思います。

夕張市が積極的に廃止を提案した夕張支線、他の線区への影響は?

この夕張支線、夕張市が積極的に廃止を受け入れたことでも話題になりました。受け入れたというよりも、自ら提案した、というほうが近いかもしれませんね。

夕張支線の状況や、JR北海道の経営状態、それに、夕張市が財政破綻を経験していることなども影響したかもしれません。時間稼ぎをしてもいずれは廃止される可能性が高い、それならば、積極的に受け入れて、住民に必要な交通体系を一から作り上げよう。そんな判断があったのではないかと想像します。

f:id:kzlife:20180222215701j:plain

これに対して、現在のJR北海道の「単独で維持困難な線区」の状況を見ればわかるとおり、鉄道事業者からの廃止・バス転換の提案に対して、沿線の自治体が反発して、なかなか協議がまとまらないという状況になっています。

先日、北海道が公表した「鉄道網のあり方」では、留萌線(深川~留萌)、根室線(富良野~新得)、札沼線(北海道医療大学~新十津川)、日高線(鵡川~様似)の4線区が「他の交通機関との代替も含め、地域における検討・協議を進めていくことが適当」とされています。

www.kzlifelog.com

いずれも、夕張支線と同様に地域の生活路線ですので、これらの地方での望ましい交通体系をきちんと検討したうえで、多額の負担を受け入れて鉄道を維持するのか、それともバス転換を許容するのか、結論を出してほしいものです。

いち鉄道ファンとしては、魅力的なローカル線が廃止になってしまうのは悲しいことです。それでも、鉄道は交通手段の一つでしかありません。鉄道を残すこと自体を目的にして、ここで無理をしても、すぐに行き詰まってしまうでしょう。本当に必要な交通手段は何なのかを真剣に考えた上で結論を出してほしいですね。


以上、早ければ2019年3月にも夕張支線は廃止、バス転換という話題でした。今後の「維持困難な線区」への影響がどうなるのか、見守っていきたいと思います。