K'z Lifelog ~青春18きっぷと乗り鉄のブログ~

青春18きっぷの話題をはじめ、汽車旅のノウハウや鉄道関連のニュースなどを思うままに綴っていく乗り鉄ブログです。

Suicaのオートチャージが自動改札出場時も対応へ! 街中での残額不足の心配がなくなりそうです!

おすすめ記事Pick Up! 2018夏 青春18きっぷシーズン到来! 青春18きっぷ関連の記事はこちらから!

JR東日本は、2018年3月より、これまで改札入場時のみに対応していたSuica・PASMOのオートチャージを、改札出場時にも対応すると発表しました。これで、改札を出るときや街中での買い物で残額不足になる心配が少なくなりそうです。

f:id:kzlife:20171220234544j:plain

出場時もオートチャージ対応へ

JR東日本は、2018年3月17日(ダイヤ改正の日)から、自動改札出場時にもオートチャージに対応することを発表しました。

オートチャージサービスがますます便利に ~自動改札機出場時にもオートチャージサービスがご利用いただけます~(JR東日本プレスリリース 2017年12月20日,PDFファイル)

これまで、オートチャージのサービスは、改札入場時のみ対応していたのですが、これからは改札出場時にもオートチャージがされるようになります。

改札出場時には、運賃が差し引かれるため、そのあと駅ビルや街中でSuicaを利用したときに、残額不足になることがよくありましたが、これからは、そんな心配もなくなりそうです。

オートチャージサービスとは?

f:id:kzlife:20171220235153j:plain

オートチャージサービスとは、JR東日本が発行するクレジットカード「VIEWカード」のサービスで、

  • Suica機能付きのVIEWカード
  • VIEWカードに紐づけたSuica
  • VIEWカードに紐づけたモバイルSuica

で利用できるサービスです。

事前に設定した金額(入金判定金額)を下回ると、設定した金額(入金実行金額)が、自動改札にタッチしたときに、自動的にチャージされるという仕組みです。今のところ、入金判定金額、入金実行金額ともに、1,000円~10,000円の間で、1,000円単位で決められます。

私はモバイルSuicaでオートチャージを利用していますが、

  • 入金判定金額:3,000円
  • 入金実行金額:5,000円

と設定していますので、残額が3,000円を下回った時に自動改札機で入場すると、5,000円がチャージされます。

ちなみに、オートチャージがされるのは、

  • JR東日本のSuicaエリア(首都圏・仙台・新潟)の駅
  • PASMOエリア(首都圏の主要私鉄・地下鉄)の駅

のみです。

交通系電子マネーは全国で相互利用できますが、オートチャージのサービスはSuica・PASOMOのエリアのみに限定されています。オートチャージ設定されたSuicaで、関西のICOCAエリアの駅に入場しても、オートチャージはされませんので、注意が必要です。

自動改札出場時のオートチャージはルールが複雑

自動改札出場時にオートチャージが実行されるルールは、若干複雑です。

JR東日本のプレスリリースから抜粋します。

  • 出場時に、運賃を精算した後の入金(チャージ)残額がオートチャージの設定金額を下回る場合、1 回のみオートチャージされます。
  • オートチャージをしても入金(チャージ)残額が精算額に満たない場合は、オートチャージされません。
  • 定期券区間を経由して、定期券区間外の駅相互間をご利用の場合は、出場時にはオートチャージされません。

(出典)オートチャージサービスがますます便利に ~自動改札機出場時にもオートチャージサービスがご利用いただけます~(JR東日本プレスリリース 2017年12月20日,PDFファイル)

オートチャージしても精算額に満たない場合

わかりづらいので、具体例で考えてみます。入金判定金額=1,000円,入金実行金額=1,000円 (チャージ残額が1,000円を切ったら、1,000円を入金する)とします。

2番目の「オートチャージしても精算額に満たない場合」というのは、例えば、

  • 自動改札出場時に残額が500円
  • 運賃が1,000円ならば、1,000円オートチャージされて残額が1,500円になり、そこから運賃の1,000円が差し引かれて、残額は500円になる
  • 運賃が2,000円ならば、1,000円オートチャージしても運賃(2,000円)に満たないため、オートチャージはされない(残額不足で改札を出られない)

ということと思われます。

一度しかオートチャージしないのは、利用者が設定した額を超えてオートチャージされてしまうことを防ぐためでしょう。「入金実行金額を1,000円に設定したのに、勝手に2,000円チャージされた!」とならないように。

定期券区間を経由して定期券区間外の駅相互間の乗車の場合にはオートチャージされない

例えば、A駅-B駅-C駅-D駅という路線があったときに、

  • B駅-C駅間の定期券を持っていて、A駅で乗車し、D駅で下車した場合、改札出場時のオートチャージは実施されない

ということです。

この場合、定期券区間外のA駅-B駅の運賃+C駅-D駅間の運賃の合計額が差し引かれますが、その運賃に残額が満たなかったとしても、オートチャージされないということになります。

このような仕様にした理由はよくわかりませんが、システム的な都合かもしれませんね。SuicaやPASMOでは、エリア内の最安経路で運賃が計算されますが、前述の例の場合、

  • 定期券区間を含むルートが最安の場合、A駅-B駅とC駅-D駅の2区間の料金の計算が必要
  • 定期券区間を含まないルートが最安の可能性もあるため、A駅-D駅の最安経路の計算も必要

となり、経路計算のバリエーションがかなり増えてしまいます。

これを、自動改札機にタッチした一瞬で実行しなくてはならないため、オートチャージの判別・実行のための処理が時間的に難しいのかもしれません。

「タッチでGo! 新幹線」向けのサービスかも?

なぜこの時期に自動改札出場時のオートチャージに対応したのでしょうか。

一つ考えられそうなのが、JR東日本が2018年4月から開始する「タッチでGo! 新幹線」に向けたサービスではないかということです。

「タッチでGo! 新幹線」は、乗車券や特急券を購入せずに、JR東日本の新幹線(主に関東地方の駅相互間)の自由席に乗車できるサービスです。新幹線から下車したあと、乗車した区間の乗車券+特急券の合計額が差し引かれます。

www.kzlifelog.com

例えば、東京~宇都宮間の乗車で4,210円かかります。このように、比較的大きな金額が自動改札出場時に差し引かれますから、首都圏の在来線や地下鉄に乗車する感覚でいると、出場時に残額不足となることが多発しそうです。

それを避けるために、出場時にもオートチャージができるようにしたのではないかと思います。

オートチャージはとても便利! VIEWカード利用者は絶対におすすめです!

オートチャージを利用したことのないVIEWカード利用者の方は、この機会にオートチャージを設定してみてはいかがでしょうか? 特に、エキナカやスーパー、コンビニなどでSuicaをよく利用される方には、絶対におすすめできます。

自動券売機での入金処理が必要ないというのはとても便利ですし、改札で残額不足で引っかかって後ろの人に迷惑をかけることもなくなります。

それに、オートチャージを利用すると、VIEWカードのポイントが3倍(1,000円あたり6ポイント=15円相当)となります。駅の自動券売機で、現金でSuicaにチャージしてもポイントはつきません。

ちなみに、オートチャージの設定(SuicaとVIEWカードの紐付けや、入金判定金額・入金実行金額の設定・変更等)は、JR東日本の主要駅にあるATM「VIEW ALTTE」で設定できます。モバイルSuicaの場合には、手元のスマートフォンで設定できます。


以上、2018年3月から自動改札出場時にもオートチャージが利用できるようになるという話題をお届けしました。電子マネーがますます便利になりそうですね。