K'z Lifelog ~青春18きっぷと乗り鉄のブログ~

青春18きっぷの話題をはじめ、汽車旅のノウハウや鉄道関連のニュースなどを思うままに綴っていく乗り鉄ブログです。

北東北の桜の名所 弘前・角館の桜まつりへ行こう!!(2018年版) ゴールデンウィークに乗りたいおすすめの臨時列車とともに紹介します!

おすすめ記事Pick Up! 2018夏 青春18きっぷシーズン到来! 青春18きっぷ関連の記事はこちらから!

間もなくゴールデンウィークがやってきますが、おでかけの予定はもう立てましたか? ゴールデンウィークは東北北部の桜が満開の時期にあたり、各地で桜まつりが開催されます。そんな東北の桜を、臨時列車に乗って見に行ってはいかがでしょうか? この記事では、東北北部の桜の名所、弘前と角館の桜まつりの情報と、おすすめの臨時列車をご紹介します。

※2018.04.11更新(2018年版の情報に更新)

弘前さくらまつり2018(弘前公園)

f:id:kzlife:20180411220154j:plain

まず紹介するのは、有名な弘前公園の「弘前さくらまつり」です。弘前城がある弘前公園には2600本もの桜の木が植えられていて、満開の時期の美しさと言ったら筆舌に尽くしがたいものがあります。ゴールデンウィーク中のニュースでは、必ずと言っていいほど弘前公園のさくらまつりの様子が放送されていますね。

  • 開催期間: 2018年4月21日(土)~5月6日(日)
  • 会場: 弘前公園
  • ライトアップ: 4月18日(水)~5月6日(日) 日没~23:00まで
  • アクセス: JR弘前駅から徒歩20分、土手町循環100円バスで約10分

www.hirosakipark.jp

弘前さくらまつりのサイトによると、今年はやはり桜の開花が例年より早いようで、4月9日現在の開花予想では、例年より5日早い4月18日に開花、4月23日に満開 となっています。

弘前公園の外濠が桜の花びらで埋め尽くされる「花筏」(はないかだ)は、桜が散り始める4月26日からが見ごろだそうです。

ゴールデンウィークに入る頃には、桜(ソメイヨシノ)はかなり散っているかもしれませんが、花筏は見られるかもしれませんね。

最新情報は、上記の「弘前さくらまつり2018」のWebサイトでご確認下さい。

この弘前さくらまつりに合わせて、多くの臨時列車が運転されます。

特急 弘前さくらまつり号(秋田~弘前)

ゴールデンウィーク中、秋田~弘前間を毎日1往復運転されるのが、特急 弘前さくらまつり号です。

  • 運転日: 2018年4月21日(土)、22日(日)、28日(土)、29日(日)、30日(月)、5月1日(火)~6日(日)
  • 運転時刻:
    • 秋田 09:05発 → 弘前 11:28着
    • 弘前 15:47発 → 秋田 18:09着
  • 車両: E751系4両(一部指定席)

秋田から弘前へ日帰りで往復できる時間帯に運転されていますが、おすすめは、このあとご紹介する「角館の桜まつり」と合わせての周遊の旅 です。

東北新幹線新青森から奥羽本線経由で弘前に入り、弘前さくらまつりを堪能したあと、この弘前さくらまつり号で秋田へ移動。翌日は、角館桜まつりを見に行くという行程です。

快速 弘前夜桜観賞号(秋田~弘前)

f:id:kzlife:20180411220738j:plain

同じく、秋田~弘前を往復する臨時列車です。

  • 運転日: 2018年4月28日(土)~30日(月)
  • 運転時刻:
    • 秋田 13:09発 → 弘前 15:54着
    • 弘前 20:33発 → 秋田 23:02着
  • 車両: キハ48形クルージングトレイン(2両編成 全車指定席)

列車名のとおり、弘前公園の夜桜を楽しめる時間帯に運転される臨時列車 です。運転日が限られているのと、全車指定席なので指定席が確保できないと乗車できない点に注意です。

日時があえば、前述の弘前さくらまつり号よりも、快速列車の弘前夜桜観賞号のほうが特急料金不要でおトクに移動できます。この「キハ48形クルージングトレイン」というのは、初代リゾートしらかみの車両です。2両編成と短いですが、シートピッチが1,200mmと新幹線よりも広く、快適に移動できます。

快速 リゾートあすなろ弘前桜1号・2号(八戸~弘前)

八戸から青森を経由して弘前へ行く快速列車です。

  • 運転日: 2018年4月28日(土)~30日(月)
  • 運転時刻:
    • 1号: 八戸 08:16発 → 青森 10:18発 → 新青森 10:24発 → 弘前 11:09着
    • 2号: 弘前 15:08発 → 新青森 15:47着 → 青森 15:58着 → 八戸 17:53着
  • 車両: HB-E300系 リゾートあすなろ 2両編成(全車指定席)

普段は、「リゾートあすなろ下北」など、大湊線を中心に走っている観光列車です。青い森鉄道、奥羽本線を経由して、八戸~弘前を走ります。

東京からの東北新幹線はやぶさ1号は、八戸09:21着なので間に合いませんが、新青森には09:49着ですので、「リゾートあすなろ 弘前1号」(新青森10:24発)に乗り継げます。

  • 東京 06:56発 → 新青森 09:49着(東北新幹線 はやぶさ1号)
  • 新青森 10:24発 → 弘前 11:09着(快速 リゾートあすなろ弘前桜1号)

ゆったりした座席の観光列車で、弘前さくらまつりを見に行くのもおすすめですね。

角館の桜まつり2018

f:id:kzlife:20180411221553j:plain

弘前と並ぶ桜の名所が角館です。角館では、桧木内川(ひのきないがわ)に沿って咲くソメイヨシノと、観光名所の武家屋敷周辺のシダレザクラの2種類の桜が楽しめます。桧木内川堤のソメイヨシノは、全長2キロメートルにも及ぶ桜のトンネルになっていて、弘前公園のお堀に咲く桜とは、また違った雰囲気を味わえると思います。

  • 開催期間: 2018年4月20日(金)~5月5日(土)
  • 会場: 角館周辺(桧木内川堤、武家屋敷)
  • アクセス: JR弘前駅から徒歩20分程度

kakunodate-kanko.jp

こちらも、例年より開花が早いようで、4月9日時点では、ソメイヨシノ、シダレザクラともに、4月21日~22日頃の開花予想 となっています。満開までは1週間程度とのことなので、ゴールデンウィークの前半に訪れたほうがよいでしょう。

最新の開花状況は、上記の「角館の桜まつり」のサイトをご覧ください。

角館へのアクセスは?

角館は秋田新幹線の停車駅ですので、東北新幹線・秋田新幹線の沿線からはアクセスは容易です。角館駅から桜が見られる桧木内川堤や武家屋敷までは徒歩20分ほどです。

また、上で紹介した弘前とを結ぶ臨時列車も運転されます。

東北の桜の名所を結ぶ快速「角館武家屋敷とさくら号」「弘前お城とさくら号」

f:id:kzlife:20180411221249j:plain

例年、ゴールデンウィークの時期に見ごろを迎える東北の桜の名所、弘前と角館を乗り換えなしで結ぶ臨時列車です。

  • 運転日: 2018年4月21日(土)、22日(日)、28日(土)~30日(月)
  • 運転時刻:
    • 快速「角館武家屋敷とさくら号」: 弘前 08:22発 → 角館 12:17着
    • 快速「弘前お城とさくら号」: 角館 14:41発 → 弘前 18:28着
  • 車両: 秋田内陸縦貫鉄道車(全車自由席)

角館~鷹ノ巣間は秋田内陸縦貫鉄道線を、鷹ノ巣~弘前間はJR奥羽本線を走ります。ゴールデンウィークに北東北の桜の名所を巡るにはピッタリの列車ですね。

この列車、2017年は、2月に発生した秋田内陸縦貫線の線路肩崩落の影響で運転中止となってしまいました。今年は無事に運転されるといいですね。

弘前~角館の桜まつりめぐりの旅

臨時列車をうまく活用すれば、「弘前さくらまつり」と「角館の桜まつり」をめぐる快適な汽車旅ができます。首都圏や南東北など、東北新幹線沿線からのアクセスを想定した周遊ルートを考えてみました。

まずは、東北新幹線沿線から弘前へアクセスします。

  • 東北新幹線沿線 → 弘前
    • (東北新幹線)新青森(奥羽本線普通列車)弘前
    • (東北新幹線)新青森(リゾートあすなろ 弘前桜1号)弘前 (4月28日~30日のみ)

弘前さくらまつりを楽しんだ後、角館へ移動します。

  • 弘前 → 角館
    • 弘前(特急 弘前さくらまつり号)秋田(普通列車または秋田新幹線)角館
    • 弘前(快速 弘前夜桜観賞号)秋田(普通列車または秋田新幹線)角館 (4月28日~30日のみ)
    • 弘前(快速 角館武家屋敷とさくら号)角館(4月21日、22日、28日~30日)

弘前さくらまつりを楽しんだ後、秋田へ移動して1泊する場合は、特急「弘前さくらまつり号」(弘前 15:47発 → 秋田 18:09着)が利用できます。弘前の夜桜まで楽しんだあとなら、秋田到着が遅くなりますが、快速「弘前夜桜観賞号」(弘前 20:33発 → 秋田 23:02着)も利用できます。

弘前で夜桜を楽しんで、弘前に泊まる場合には、翌朝、快速「角館武家屋敷とさくら号」(弘前 08:22発 → 角館 12:17着)で角館へ移動するのがよいでしょう。

角館の桜まつりを楽しんだ後は、秋田新幹線で帰ることができます。


以上、ゴールデンウィークに乗りたいおすすめ臨時列車、汽車に乗って弘前・角館の桜まつりへ行こう、という話題でした。2018年は、各地で桜の開花が記録的に早くなっています。ゴールデンウィークの前半、なるべく早めに訪れたいところですね。