K'z Lifelog ~青春18きっぷと乗り鉄のブログ~

青春18きっぷの話題をはじめ、汽車旅のノウハウや鉄道関連のニュースなどを思うままに綴っていく乗り鉄ブログです。

JR東日本の新幹線にIC乗車サービスを導入! 将来はきっぷ受け取り不要・チケットレスでの新幹線乗車が当たり前になりそうです!

おすすめ記事Pick Up! 2018年『秋の乗り放題パス』シーズン到来!

JR東日本・西日本・北海道の3社は、Suica等の交通系ICカードで新幹線の指定席や自由席に乗車できる「新たなIC乗車サービス」を2019年度末をめどに導入すると発表しました。首都圏で利用できる「タッチでGo!新幹線」とあわせて、新幹線の乗車はチケットレスになる時代がやってきそうです。

f:id:kzlife:20180609000847j:plain

チケットレスで新幹線に乗車できる「新たなIC乗車サービス」を導入へ!

JR東日本・JR西日本・JR北海道は、インターネットで予約し、自動改札機に登録した交通系ICカードをタッチするだけで新幹線に乗車できる「新たなIC乗車サービス」を導入すると発表しました。

サービスの概要は以下のとおりです。

  • インターネット予約サイト(JR東日本・JR東日本北海道:えきねっと、JR西日本:e5489)で新幹線の指定席または自由席を予約する際に、交通系ICカードを登録
  • 予約後に、登録した交通系ICカードを自動改札機にタッチするだけで新幹線に乗車できる
  • 同一列車・同一行程なら一回の予約で6名まで購入可能
  • 予約サイトでは、運賃(乗車券)と特急料金(特急券)が一体となった専用商品を発売
  • 対象となる新幹線は、東北・北海道新幹線、秋田新幹線、山形新幹線、上越新幹線、北陸新幹線
  • 対象となる交通系ICカードは、Suica、Kitaca、ICOCAを予定

JR東日本の現行のサービスで言えば、「モバイルSuica特急券」が近いでしょう。モバイルSuica特急券は、おサイフケータイなどに対応したスマートフォンが必要ですが、今回発表された「新たなIC乗車サービス」は、SuicaなどのICカードだけで同様のサービスを実現できると考えればよいでしょう。

実際、「新たなIC乗車サービス」が開始されたら、モバイルSuica特急券のサービスは終了することが発表されています。

東海道・山陽新幹線の「スマートEX」と同等のサービス?

今回、JR東日本他が発表した「新たなIC乗車サービス」は、東海道新幹線・山陽新幹線で昨年開始された「スマートEX」サービスに似ています。

新たなIC乗車サービス スマートEX
利用できる新幹線 東北・北海道新幹線
秋田・山形新幹線
上越新幹線
北陸新幹線
東海道新幹線
山陽新幹線
利用できる
交通系ICカード
開始当初は3種類
(Suica, Kitaca, ICOCA)
10種類
年会費 無料? 無料
新幹線の料金 運賃と料金が一体となった
新幹線専用商品
運賃と料金が一体となった
新幹線専用商品
(通常料金から200円引き)
割引商品 未発表 EX早得など早期割引商品を
利用可能
予約可能席数 1名~6名
(6名までICカードに
登録が可能)
1名~6名
(2名以上は紙のきっぷ
の受け取りが必要)


インターネットで予約したうえで、登録したICカードを改札にタッチするだけで新幹線に乗車できる、という基本的なサービスは全く同じです。

利用できるICカードの種類が異なるとか、複数名予約の扱いが異なるとか、細かい違いはありますが、基本的には「スマートEX」と同様のサービスが、JR東日本・北海道・西日本の新幹線でも利用できるようになる、と考えればよいでしょう。

「新たなIC乗車サービス」の料金は? 割引商品は?

今回の発表では、

予約サイトでは、運賃と料金が一体となった新幹線専用商品を発売します。

(出典)新たな新幹線IC乗車サービスの導入について(JR東日本プレスリリース 2018年6月5日 PDFファイル)

とだけ発表されていて、具体的な料金や、「スマートEX」で利用できるような早期割引のようなサービスがあるのかは、発表されませんでした。

ただ、JR東日本が提供している「モバイルSuica特急券」や、JR東海・西日本の「スマートEX」の料金・商品から推測することはできそうです。

料金はモバイルSuica特急券の「モバトク」「スーパーモバトク」が基準か?

f:id:kzlife:20180609000928j:plain

「新たなIC乗車サービス」の料金は、現行の「モバイルSuica特急券」の料金が基準になるのではないかと推測します。

モバイルSuica特急券には、主に以下の2種類の商品があります。

  • モバトク: 乗車直前まで購入できる基本サービス(運賃+料金の専用商品)
  • スーパーモバトク: 前日23:40までの購入で割引になる商品(区間・列車・席数限定)

東京から主要駅までの価格(普通車指定席・通常期)は以下の表のとおりです。カッコ内は、紙のきっぷとの差額です。

区間 モバトク スーパーモバトク
東京~仙台 9,970円
(-920円)
8,960円
(-1,930円)
東京~新青森 15,430円
(-1,410円)
設定なし
東京~新函館北斗 20,630円
(-1,550円)
15,460円
(-6,720円)
東京~秋田 15,540円
(-1,750円)
13,510円
(-3,780円)
東京~山形 10,180円
(-1,160円)
9,550円
(-1,790円)
東京~新潟 9,670円
(-900円)
8,690円
(-1,880円)
東京~長野 8,200円
(-800円)
設定なし
東京~金沢 14,120円
(-740円)
12,030円
(-2,090円)

※2018年6月現在の価格(JR東日本のWebサイトで検索)

区間によってかなり違いがありますが、基本サービス「モバトク」でも、普通に紙のきっぷを買うのに比べると、10%程度安くなる区間が多いです。「スマートEX」の一律200円引きに比べると、かなりおトクなのがわかると思います。

JR東日本の新幹線に乗車するのに、直前にきっぷを購入しなくてはならない場合には、「モバトク」が最もおトクなんですよね。モバイルSuicaの利用者がそれほど多くないので、利用できる人は限られるのですが。

モバイルSuica特急券のサービスは、「新たなIC乗車サービス」が開始されると同時に終了します。ICカードとしてモバイルSuicaも登録できるでしょうから、使い勝手としてはモバイルSuica特急券とは変わらないわけですね。

であれば、乗車直前まで購入できる「モバトク」の料金を、ぜひ引き継いでいただきたいところです。

早期割引きっぷは「えきねっとトクだ値」「お先にトクだ値」が利用できるかも?

東海道・山陽新幹線の「スマートEX」では「早得」という早期割引きっぷが利用できます。それでは、「新たなIC乗車サービス」ではどうなるのでしょうか?

これについても、まだ発表されていませんので、以下で推測してみます。

「新たなIC乗車サービス」では、「えきねっと」で予約・購入をすると発表されていますので、「えきねっと」の早期割引きっぷ「えきねっとトクだ値」「お先にトクだ値」を購入できるようになるのではないでしょうか。

「えきねっとトクだ値」は前日まで、「お先にトクだ値」は3週間前までの購入が必要ですが、5~40%程度の割引率が設定されていて、かなりお得に乗車できる列車もあります。

www.kzlifelog.com

そもそも、「新たなIC乗車サービス」は、「えきねっと」のチケットレス版、というか、「えきねっと」で紙のきっぷ以外にICカードも利用できるようになる という位置づけのサービスになりそうに思います。だとすれば、基本的には「えきねっと」の商品がそのまま購入できるというのが自然です。


以上、JR東日本・北海道・西日本が、交通系ICカードで新幹線に乗車できる「新たなIC乗車サービス」を、2019年度末に導入するというニュースでした。都市圏の普通列車やバスでは、ICカードでの乗車は当たり前のものになっていますが、新幹線でもチケットレスで乗車するのが当たり前の時代になりそうですね。