スポンサーリンク

2017年夏の青春18きっぷシーズン間近! 「ムーンライトながら」など人気列車の指定券は早めに確保しよう!

青春18きっぷ

龍飛岬

2017年夏の青春18きっぷシーズンが近づいてきました。「え? 青春18きっぷが使えるのは7月20日からじゃないの?」と思われるかもしれませんが、戦いは1か月前から始まっているのです。

スポンサーリンク

2017年夏の「青春18きっぷ」「北海道&東日本パス」の概要

2017年夏の「青春18きっぷ」「北海道&東日本パス」の概要をまとめておきます。

青春18きっぷ北海道&東日本パス
利用期間7月20日(木)~9月10日(日)7月1日(土)~9月30日(土)
発売期間7月1日(土)~8月31日(木)6月20日(火)~9月24日(日)
フリーエリア全国のJR線JR北海道・JR東日本
青い森鉄道
IGRいわて銀河鉄道
北越急行
有効期間5日分連続する7日間
値段11,850円大人10.850円
小児5,420円

2017年の青春18きっぷについては、以下の記事で詳しく紹介しています。

www.kzlifelog.com

青春18きっぷと北海道&東日本パスの比較は、以下の記事で紹介していますので、よろしければご覧ください。

www.kzlifelog.com

スポンサーリンク

指定席券の発売は1か月前の午前10時!

JRの列車の指定席券の発売は、その列車が運転されるちょうど1か月前の午前10時からと決まっています。

青春18きっぷの利用期間は7月20日からですので、その1か月前の6月20日から、青春18きっぷ期間の列車の指定席券が発売されるわけです。

一方、北海道&東日本パスの利用期間は7月1日からですので、すでに1か月を切っています。海の日の三連休(7月15日~17日)の指定席券はもう発売が始まります。

特に、青春18きっぷの利用期間に運転される夜行快速列車(ムーンライトながら・ムーンライト信州)や、各地の観光列車は人気列車ですので、指定席券は早々に売り切れてしまうことがあります。狙っている方は早めに確保したほうがよさそうですよ。

スポンサーリンク

「青春18きっぷ」「北海道&東日本パス」で乗車できる人気列車・注目の列車

「青春18きっぷ」「北海道&東日本パス」で乗車できる、全車指定席の人気列車と今年の注目列車を紹介します。

列車名運転区間運転日
ムーンライトながら東京~大垣東京発 7/21~8/19
大垣発 7/22~8/20
ムーンライト信州81号新宿→白馬7/14,15,21,22,28,29
8/1-5,10,11,18,19
9/1,8
HIGH RAIL小淵沢~小諸7~9月の金・土・日中心
8月は火曜以外毎日運転
飯田線リレー号辰野~駒ヶ根辰野発 7/1, 8/26, 9/9
駒ヶ根発 7/2, 8/27, 9/10
レトロ大糸線号松本~南小谷9/23(1往復運転)
レトロ中央線号松本~富士見9/24(1往復運転)
リゾートしらかみ秋田~青森・弘前7~9月は毎日運転
運転日により2~3往復

注目は、7月1日にデビューする小海線の観光列車「HIGH RAIL 1375」でしょう。えきねっとで指定席券を購入できますが、すでに7月上旬は空席が少ないようでした。これから、7月中旬以降の指定席券も順次発売されていきますので、夏休みも汽車旅で乗車しようと考えている方は、早めに手配しましょう。

また、今年は「信州デスティネーションキャンペーン」(信州DC)が開催されますが、それに伴って、中央本線や飯田線、大糸線で臨時列車の運転が企画されています。旧型客車で運転される「レトロ大糸線号」「レトロ中央線号」や、飯田線の北側を走る「飯田線リレー号」などは、快速として運転されますので、青春18きっぷや北海道&東日本パスで乗車可能です。

他にも、各地で全車指定席の観光列車・リゾート列車が運転されます。また、SL列車も快速として運転されるので、青春18きっぷで乗車できます。

この夏の注目の臨時列車については、以下の記事にまとめていますので、ご覧ください。

www.kzlifelog.com

以上、2017年夏の青春18きっぷシーズン間近という話題をお届けしました。個人的には、HIGH RAILに乗りに行きたいなーと思っていますが、休みがとれる日の指定席券が確保できるか、今からそわそわしています(笑)

コメント

タイトルとURLをコピーしました