スポンサーリンク

10月の旅行のきっぷ類は9月中に購入しよう! 10月に利用するきっぷでも9月中に購入すれば消費税率8%です!

ノウハウ

2019年10月1日に、消費税率が8%から10%に引き上げられます。JRや鉄道会社の乗車券やフリーきっぷ、定期券なども値上げになりますが、知っておきたいのは9月中に購入したきっぷは、利用するのが10月1日以降でも消費税率8%である点です。10月に利用する予定のきっぷ類は、できるだけ9月中に購入しておきましょう。

f:id:kzlife:20190801223024j:plain

※2019.09.20更新(JR各社のインターネット予約・購入サービスについて追記)

スポンサーリンク

JR各社、鉄道各社が消費税率引き上げに伴い値上げ

既にJR各社や鉄道各社から発表されていますが、2019年10月1日の消費税率8%から10%への引き上げに伴って、乗車券(運賃)、特急料金、定期料金などが値上げされます。

多くは、消費税率の引き上げ分を価格に転嫁しただけですので、値上げ幅はおおむね2%程度ですが、一部の鉄道会社では、同時に運賃の値上げを実施します。代表的なところでは、JR北海道が大幅な値上げを実施します。

消費税増税分と合わせて、運賃は平均で15.7%、特急料金も含めた全体では11.1%の大幅値上げになります。

スポンサーリンク

きっぷ類にかかる消費税率は購入日が基準! 9月中の購入がお得!

きっぷ類の場合、特に、旅行などで長距離を利用する場合には、あらかじめ購入しておくことが多いでしょう。一般的に、JR各社のきっぷ類、指定席券などは、乗車日の1か月前から購入することができます。

そこで、知っておきたいのは、きっぷ類にかかる消費税率は、購入日が基準になる ということです。きっぷを実際に利用する日ではないということです。

10月1日に同じ区間、同じ列車に乗る予定だったとしても、

  • 9月中にきっぷ類を購入しておけば消費税率は8%
  • 乗車日当日の10月1日に購入すると消費税率は10%

となり、実質的に支払う料金が変わってきます。

つまり、事前に購入できるきっぷ類は、なるべく9月中に購入しておいたほうがお得 ということになります。

スポンサーリンク

たった2%でも長距離では数百円の値上げに!

f:id:kzlife:20190510125015j:plain

たった2%の値上げならたいしたことないのでは、と思うかもしれません。

料金が安い区間、たとえば、JR東日本の初乗り運賃で見てみると、

  • 幹線: 144円→147円(きっぷの場合は140円→150円)
  • 電車特定区間・山手線内: 133円→136円(きっぷの場合は140円→140円で変わらず)

となっており、数円の値上げにとどまりますし、10円単位の料金設定になっている紙のきっぷでは、料金が変わらないことさえあります。

ところが、長距離になってくると話は変わってます。

区間運賃特急料金合計値上幅
東京~新青森10,340円
(10,150円)
7,330円
(7,200円)
17,670円
(17,350円)
+320円
東京~秋田10,010円
(9,830円)
8,110円
(7,970円)
18,120円
(17,800円)
+320円
東京~新大阪8,910円
(8,750円)
5,810円
(5,700円)
14,720円
(14,450円)
+270円

東京から新幹線で新青森、秋田、新大阪などへの料金は、300円前後も違ってきます。

スポンサーリンク

フリーきっぷも値上げ! 9月中に購入しよう!

値上げされるのは、通常のきっぷ類だけではありません。JR各社が発売するフリーきっぷも値上げされます。

フリーきっぷ料金値上げ幅
北海道フリーパス26,230円 → 27,430円+1,200円
(+4.6%)
週末パス8,730円 → 8,880円+150円
(+1.7%)
三連休東日本・函館パス14,050円 → 14,370円+320円
(+2.3%)
ぐるっと九州きっぷ14,000円 → 14,260円+260円
(+1.9%)

エリアが広いフリーきっぷは、もともと価格も高いため、たかだか2%程度の値上げとはいえ、ばかにならないですね。

フリーきっぷも、通常のきっぷ類と同様に、利用日(利用開始日)の1か月前から購入できるものが多くあります。10月に利用する予定のフリーきっぷを、9月中に購入しておくことで、少しでも安く購入することができます。

スポンサーリンク

JR北海道は運賃値上げも実施! 9月中の購入が有利!

前述のとおり、JR北海道は、消費税引き上げ分だけでなく、運賃や特急料金の値上げも実施します。値上げ幅は平均で約11%と、かなり大きなものになっています。

区間料金値上げ幅
札幌~函館・
新函館北斗
8,830円 → 9,440円+610円
(+6.9%)
札幌~釧路9,370円 → 9,990円+620円
(+6.6%)
札幌~網走9,910円 → 10,540円+630円
(+6.4%)
札幌~稚内10,450円 → 11,090円+640円
(+6.1%)

札幌から主要都市への料金(運賃+指定席特急料金)でみると、おおむね6~7%の値上げになっています。往復で利用すると1,000円以上の値上げとなりますので、かなり大きいですね。

f:id:kzlife:20190508231522j:plain

JR北海道の運賃・特急料金の値上げについても、JR他社の消費税率引き上げに伴う値上げと同様、10月に利用するきっぷ類であっても、9月中に購入すれば消費税率8%が適用されます

事前に旅行などの予定がわかっている場合には、特にJR北海道のきっぷ類を早めに購入しておくのがよいでしょう。

スポンサーリンク

JR各社のインターネット予約・購入サービスの消費税率切替タイミングは?

みどりの窓口や自動券売機などできっぷを購入する場合には、基本的に「購入日」を基準にして、消費税率が決まるのでした。

それでは、JR各社のインターネット予約・購入サービスで予約や購入した場合はどうなるのでしょうか?

基本的には、料金を支払った日 が基準になります。ただし、この「支払った日」というのが、サービスごとに違うので要注意です。

以下に、筆者が調べた限りでの、各サービスでの消費税率の適用となる基準日をまとめておきます。正確を期しているつもりですが、間違いがある可能性もありますので、必ず各社のWebサイトなどでご確認ください。

サービス支払い方法消費税率の基準日
えきねっと
JR券申込サービス
クレジットカード駅できっぷを受け取った日
えきねっと
チケットレスサービス
クレジットカードえきねっとで購入した日
EX予約クレジットカードEX予約で購入した日
e5489クレジットカードe5489で購入した日
コンビニ・金融機関
・駅での支払い
支払いをした日
JR四国ツアークレジットカード
コンビニ
支払いをした日 ※1
インターネット
列車予約
クレジットカードインターネット列車予約
で購入・決裁した日
コンビニ・銀行
ATM・駅
支払いをした日

※1: 自由席利用のフリーきっぷは9月25日23時まで、指定席利用のフリーきっぷは9月23日23時までに支払いを完了した場合は、消費税率8%が適用される(詳しくはJR四国「価格改定に伴う重要なお知らせ」(PDF)を参照してください)

クレジットカードによるオンライン決済の場合、通常はきっぷを予約後、そのまま決済をしますので、きっぷの予約・購入日がそのまま支払日になります。

ただし、JR東日本、JR北海道の「えきねっと」JR券申込サービスは要注意。「えきねっと」では、購入契約はインターネットでの申し込み完了時に成立しますが、決済日は「きっぷを駅で受け取った日」になります。決済時点での消費税率が適用されるため、インターネットでの申し込み完了日ではなく、きっぷの受取日が基準になります

また、「JR四国ツアー」は、きっぷの受け取り方法が「郵送」に限定されるため、支払日が基準になるものの、購入期限が9月23日または25日となっていますので、注意しましょう。

各社とも、9月末~10月にかけて、消費税率の切り替えの影響で、インターネット予約サービスのサービス制限(きっぷの申し込みや変更の制限)、サービス時間の変更などが予定されています。9月末ぎりぎりになると、消費税率がどうなるか以前に、購入できないといったことにもなりかねませんので、早めの購入を心がけましょう。


以上、「10月の旅行のきっぷ類は9月中に購入しよう! 10月に利用するきっぷでも9月中に購入すれば消費税率8%です!」でした。10月は秋の旅行シーズンですし、3連休もあります。消費税率の引き上げの影響は大きいですが、9月中にきっぷ類を購入することで、少しでも安く済ませたいところですね。

スポンサーリンク

関連記事

当ブログで紹介しているおすすめのフリーきっぷ・割引きっぷの一覧ページです。各フリーきっぷの記事では、きっぷの内容だけでなく、どのように使えばお得になるのか、おすすめの使い方やおすすめの路線なども詳しく紹介しています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました