ひさの乗り鉄ブログ

青春18きっぷの話題をはじめ、観光列車や風光明媚な路線の乗車記などを思うままに綴っていく乗り鉄ブログです。

鉄道で星空観察へ! 満天の星空を眺められる列車3選!(2019-20年冬版)


各地で観光列車が運転されるようになって久しいですが、最近では夕方~夜間の時間帯に運転される観光列車や臨時列車も増えています。目的は「星空観察」。列車で街から離れ、空が暗い山のほうへと移動し、満天の星空を観察しようという観光列車です。この記事では、2019~20年の秋・冬に運転される星空観察のための列車をまとめてみました。

満天の星空を眺めに列車で山へ

満天の星空を眺めるためには、周囲に街明かりがない、暗い所へ出かける必要があります。そのため、星空観察を目的とした列車は、山や高原を走る路線が多くなります。

今回ご紹介する小海線、大井川鉄道井川線、それに、西武鉄道秩父線は、いずれも内陸部の山や高原を走っています。

そして、冬は、星空観察に適した季節。春や夏と比べて、冬の空は澄んでいて、星がよく見えます。それに、冬の星座には明るい星が多く、全天で20個しかない1等星のうち、7つは冬の星座にあるのです。

ただし、冬の夜はとても寒いです。しっかりと防寒対策をして出かけましょう。

野辺山駅で星空観賞会を開催!「HIGH RAIL 星空」(小海線)

f:id:kzlife:20191102163447j:plain
小淵沢駅で発車を待つ「HIGH RAIL 星空」(2018年1月撮影)

小海線を走る観光列車「HIGH RAIL 1375」。八ヶ岳や千曲川、そして、野辺山高原など、小海線の美しい車窓を存分に楽しめる観光列車です。

その「HIGH RAIL 1375」ですが、運転日に2~3本運転される列車のうち、夜間に運転されているのが「HIGH RAIL 星空」です。

  • 快速「HIGH RAIL 星空」
    • 運転日
      • 11月: 1(金)~4(月), 9(土)~10(日), 16(土)~17(日), 23(土)~24(日)
      • 12月: 7(土)~8(日), 14(土)~15(日), 21(土)~22(日)
      • 1月: 4(土)~5(日), 11(土)~13(月), 18(土)~19(日), 25(土)~26(日)
      • 2月: 1(土)~2(日), 8(土)~9(日), 15(土)~16(日), 22(土)~24(月)
    • 運転時刻
      • 小淵沢 18:17発 → 野辺山 19:06着/19:52発 → 小諸 21:39着
    • 使用車両: キハ110+キハ100(HIGH RAIL 1375)

日中時間帯に運転される「HIGH RAIL 1号」「HIGH RAIL 2号」は、車内でブランチやスイーツをいただきながら、小海線の車窓を眺める列車ですが、「HIGH RAIL 星空」は一味違います。

f:id:kzlife:20191102163111j:plain
野辺山駅に停車中の「HIGH RAIL 星空」

運転時刻が夜間になるため、車窓を眺めることはできません。その代わり、JR線で最も標高の高い駅、野辺山駅での長時間停車を利用して、「星空観察会」が開催されます。

f:id:kzlife:20191102162950j:plain
野辺山駅前での星空観賞会、真っ暗でよくわからないかもしれませんが…

野辺山駅前は明かりが消されて真っ暗。その中で、「星空案内人」が、そのときに見られる星座や惑星などを解説してくれます。

また、野辺山に到着するまでの1時間弱の間に、車内の端っこにあるミニプラネタリウムで、その時期の星座についての解説があります。実際に野辺山駅で星空観察をする前の予習にピッタリです。

「HIGH RAIL 星空」の詳しい様子については、2018年1月に乗車したときの乗車記をご覧ください。(2019-20年とはダイヤが異なります)

www.kzlifelog.com

「HIGH RAIL 星空」を含むHIGH RAILシリーズの指定席券の予約・購入方法や、オプションの購入方法などを紹介した記事です。乗車してみたいという方はぜひご覧ください。

www.kzlifelog.com

「HIGH RAIL 星空」は、週末を中心に一年を通して運転されていますので、長野や山梨への旅行の際に乗車してみてはいかがでしょうか。

ダム湖にある秘境駅「奥大井湖上駅」で星空観察!「井川線星空列車」(大井川鉄道井川線)

f:id:kzlife:20191102163234j:plain
大井川鉄道井川線、客車はミニサイズ!

静岡県を走る大井川鉄道はSL列車で有名です。そのSL列車が走る大井川本線(金谷~千頭)のさらに奥、千頭~井川を走るのが「井川線」です。

井川線は大井川に沿って走りますが、その途中、ダムによって生まれた接岨湖(せっそ湖)に突き出た「奥大井湖上駅」があります。「井川線星空列車」は、井川線の起点、千頭駅から奥大井湖上駅まで走り、奥大井湖上駅で1時間ほどの星空観察のあと、再び千頭駅へと戻ります。

  • 「井川線星空列車」
    • 運転日: 11月30日(土),12月14日(土)・21日(土),1月18日(土)・25日(土),2月15日(土)・22日(土),3月14日(土)
    • 運転時刻
      • 往路: 千頭 16:53発 → 奥大井湖上 18:01着
      • 復路: 奥大井湖上 19:00発 → 奥泉 19:40着 → 千頭 20:05着
    • 料金: 「星空特別乗車券」(千頭往復 1,440円,千頭→奥大井湖上→奥泉 1,080円)

奥大井湖上駅は、列車でしかアクセスできない秘境駅の一つ。周囲を接岨湖と山に囲まれていますし、周囲には民家や町などはありません。晴れれば満天の星空が期待できそうです。

詳しくは、大井川鉄道のWebサイトをご覧ください。

oigawa-railway.co.jp

三峯神社で星空観賞と雲海鑑賞! 西武鉄道の夜行ツアー!

秩父にある三峯神社へ、夜中、まだ暗いうちに到着して、星空観賞をしたあと、明るくなってきたらこの時期によく見られる雲海も見てしまおうというツアーです。

  • 「秩父・三峯神社で絶景の雲海&星空鑑賞を目指す!夜行列車で行く秩父絶景ツアー」
    • 運転日: 11月21日(金)
    • 乗車可能駅: 新木場,有楽町,練馬,所沢
    • 使用車両: 西武40000系(S-TRAINに利用される車両,クロスシート状態で利用)

このツアー、数年前から定期的に実施されています。最初は池袋発で「ニューレッドアロー」(NRA)利用でしたが、最近では、S-TRAIN用の40000系電車を利用して、有楽町線の新木場駅、有楽町駅からの乗車もできるようになっています。

f:id:kzlife:20191102162811j:plainf:id:kzlife:20191102162819j:plain
夜行ツアーに利用される西武鉄道40000系電車

運転時刻は公開されていませんが、各乗車駅での集合時刻が22時~23時40分となっていて、西武秩父駅からバスに乗り換えて、三峯神社に午前3時ごろ到着、というスケジュールになっています。夜行列車ではありますが、午前1時ごろには西武秩父駅に到着すると思われるため、仮眠をとる程度でしょうね。

詳しくは、西武トラベルのサイトをご覧ください。

※現時点でキャンセル待ち状態になっているようですのでご注意ください。


以上、「鉄道で星空観察へ! 満天の星空を眺められる列車3選!(2019-20年冬版)」でした。空が澄んで星が良く見える季節に、都会から少し離れて満天の星空を見に行く。たまにはこんな旅もいかがでしょうか?

関連記事

当ブログで紹介している、観光列車、SL列車、風光明媚な路線の乗車記の目次ページです。おすすめの観光列車や路線も紹介しています。

www.kzlifelog.com