K'z Lifelog ~青春18きっぷと乗り鉄のブログ~

青春18きっぷの話題をはじめ、汽車旅のノウハウや鉄道関連のニュースなどを思うままに綴っていく乗り鉄ブログです。

長野~金沢の三セク4社が二日間乗り放題の「4社共同 開業3周年謝恩フリーきっぷ」発売! 青春18きっぷと合わせて春の北陸を旅してみましょう!

おすすめ記事Pick Up! 青春18きっぷ関連の記事はこちらから!

北陸新幹線開業時にJRから分離され開業したIRいしかわ鉄道、あいの風とやま鉄道、えちごトキめき鉄道、しなの鉄道(北しなの線)の4路線。開業から3周年を記念して、長野~直江津~金沢間が二日間乗り放題となる「4社共同 開業3周年謝恩フリーきっぷ」が発売されます。春の青春18きっぷと合わせて、北陸地方の旅行や乗り鉄を楽しむのによさそうなフリーきっぷです。

「4社共同 開業3周年謝恩フリーきっぷ」を発売!

IRいしかわ鉄道、あいの風とやま鉄道、えちごトキめき鉄道、しなの鉄道の4社は、開業3周年を記念して、長野~金沢間の4社の路線の普通車自由席が二日間乗り放題となる「4社共同 開業3周年謝恩フリーきっぷ」を発売します。

  • 利用期間: 2018年3月14日(水)~2018年5月7日(月)
  • 発売期間: 2018年3月13日(火)~2018年5月6日(日)
  • 有効期間: 連続する2日間
  • フリーエリア: 以下の区間の普通・快速列車の普通車自由席に乗車可能
    • IRいしかわ鉄道(金沢~倶利伽羅)
    • あいの風とやま鉄道(倶利伽羅~市振)
    • えちごトキめき鉄道(市振~妙高高原)
    • しなの鉄道北しなの線(妙高高原~長野)
  • 発売箇所
    • IRいしかわ鉄道(金沢駅はIRお客さまカウンター)、あいの風とやま鉄道(西高岡駅、小杉駅南口、生地駅を除く)、えちごトキめき鉄道及びしなの鉄道北しなの線(長野駅はしなの鉄道きっぷうりば)の各有人駅窓口
  • 発売枚数
    • IRいしかわ鉄道、えちごトキめき鉄道、しなの鉄道: 各1,000枚
    • あいの風とやま鉄道: 2,000枚
  • おねだん: 4,000円(大人),2,000円(小児)

詳細は、各社のリリースをご覧ください。

春の青春18きっぷと合わせて北陸へ!

f:id:kzlife:20180302002546j:plain
立山連峰も車窓からゆっくり眺められます!

乗り鉄的な活用法としては、4月10日まで利用できる春の青春18きっぷと合わせて、三セクの旅を楽しみたいところですね。

北陸新幹線開業前までは、長野~直江津~金沢はJR信越本線、JR北陸本線でしたので、青春18きっぷで乗車することができました。ところが、北陸新幹線開業に伴って、同区間は4社の第三セクターに移管されたため、一部の例外を除いて、青春18きっぷでは乗車できなくなってしまいました。

f:id:kzlife:20180302002710j:plain
えちごトキめき鉄道 日本海ひすいラインからは日本海の絶景が!

三セクに移管されて運賃も上がってしまったため、青春18きっぷの旅では乗りにくくなってしまったこの区間。この機会に、今回発売される「4社共同 開業3周年謝恩フリーきっぷ」を使って、三セクに移管されたあとの旧信越本線・北陸本線の区間を楽しんでみるのもよいのではないでしょうか。

また、青春18きっぷシーズンが終わったあとも、ゴールデンウィークが終わるまで「4社共同 開業3周年謝恩フリーきっぷ」を利用できるので、往路は北陸新幹線、復路は金沢や高岡、富山などを観光しながら長野まで三セクの鉄道の旅を楽しむのもアリですね。

全区間片道に乗るだけでもお得!

「4社共同 開業3周年謝恩フリーきっぷ」は4,000円と安くないですが、実は、長野~金沢の片道を通しで乗るよりも1,000円近くもお得になるのです。

  • 普通運賃: 4,910円
  • 4社共同 開業3周年謝恩フリーきっぷ: 4,000円

しかも、「4社共同 開業3周年謝恩フリーきっぷ」は2日間有効なので、往復利用することもでき、さらにお得になりますね。フリーきっぷなので、気軽に途中下車できるのもいいですね。

三セク4社の車両乗り比べ!

三セクに移管された区間は、4社に分割されてしまったため、JR東日本・西日本の2社で運行していたときよりも乗り換えが増えてしまっています。それはそれで面倒なのですが、逆に、各社の個性的な車両に乗車できるという楽しみもあります。「4社共同 開業3周年謝恩フリーきっぷ」を利用して、各社の車両を乗り比べてみるのも楽しそうです。

f:id:kzlife:20180302002503j:plain

あいの風とやま鉄道やIRいしかわ鉄道は、521系という新しい車両が主力となっています。JR西日本から移管されたり、同形式で新製されたりした車両ですが、最新型の車両ですし、クロスシートが並ぶ座席も快適です。JR西日本とは車両のデザインが異なるのも楽しいですね。

f:id:kzlife:20180302002432j:plain

えちごトキめき鉄道のET122形です。JR西日本のキハ122形をベースに新製された車両です。主に日本海ひすいライン(市振~直江津)で運行されています。この区間は全線電化区間なのですが、途中の糸魚川を堺に交流と直流が切り替わるため、コストの高い交直流電車ではなく、気動車を新製したのです。

このように、各社それぞれの車両を投入して運用していますので、乗り比べをしてみると、乗り継ぎも苦ではなくなるのではないでしょうか。


以上、長野~直江津~金沢の三セク区間が二日間乗り放題となる「4社共同 開業3周年謝恩フリーきっぷ」をご紹介しました。春の青春18きっぷと合わせて利用し、春の北陸を旅しましょう!

関連記事

2018年1月に青春18きっぷで飛騨・信州を旅したときに、富山から糸魚川まで、あいの風とやま鉄道とえちごトキめき鉄道(日本海ひすいライン)に乗車しました。そのときの旅行記です。立山連峰や日本海の車窓が美しい区間です。

www.kzlifelog.com