ひさの乗り鉄ブログ

青春18きっぷの話題をはじめ、観光列車や風光明媚な路線の乗車記などを思うままに綴っていく乗り鉄ブログです。

気仙沼線・大船渡線BRT・三陸鉄道南リアス線を乗り継いで盛岡へ ~被災路線をたどる青春18きっぷ旅(3) 2019冬~


1日目は、上野から常磐線をひたすら北上、仙台から仙石東北ラインに乗り継いで、石巻までやってきました。2日目は、三陸海岸沿いをさらに北上していきます。

早朝の列車で前谷地へ

昨晩は石巻に宿泊。1日目の旅の様子は、以下の記事をご覧ください。

www.kzlifelog.com

2日目は、例によって早朝の列車で石巻を出発します。これに乗らないと、このあとの計画が大きく狂ってしまうので、頑張って早起きしたのでした。

f:id:kzlife:20190312214129j:plain
早朝の石巻駅で出発を待つ石巻線の列車

石巻06時51分発の石巻線 古川行きに乗車します。土曜日の早朝ということもあって、乗客はまばら。学校は休みだと思いますが、部活動があるのか、学生さんがまばらに乗っている程度です。

列車は、JR東日本の非電化区間ではおなじみの気動車、キハ110系の4両編成です。この乗客数で4両編成は過剰ですが、おそらく運用の都合でしょう。終点の古川で切り離されて、一部は陸羽東線の列車にでもなるのでしょう。

f:id:kzlife:20190312214226j:plain
石巻線の車内はガラガラ!

車内はこの通りガラガラ。途中駅からの乗客も少なく、ほとんど空気輸送のまま、7時11分に前谷地(まえやち)に到着しました。

前谷地から気仙沼線へ

f:id:kzlife:20190312214320j:plain
冬の朝を迎えた前谷地駅

前谷地駅は、石巻線(小牛田~女川)の途中駅ですが、気仙沼線が分岐する駅でもあります。写真の向こう側が小牛田方面、手前が石巻方面で、写真には写っていませんが、一番右側にある3番線から、気仙沼線の列車が発車します。

住所は石巻市ですが、市庁舎がある市街地からはかなり離れています。田舎ののどかな乗換駅といった趣で、なかなかいい雰囲気です。

f:id:kzlife:20190312214350j:plain
朝日を浴びながら出発を待つ気仙沼線の列車

朝日を浴びながら出発を待つ気仙沼線の列車。キハ110系の1両です。こちらも車内はガラガラ。余裕で1ボックスを占有できます。

f:id:kzlife:20190123230028j:plain
柳津到着直前、川幅の広い北上川を渡ります

07時33分に前谷地を発車。石巻線の線路と分かれて北へ進路をとります。途中駅での乗降はほとんどなく、川幅の広い旧北上川を渡ると、07時56分、終点の柳津(やないづ)に到着です。

新たに整備された柳津駅の乗り場から気仙沼線BRTに乗車!

気仙沼線は、本来は前谷地~気仙沼間の路線ですが、ここ柳津から気仙沼までは、BRT(バス高速輸送システム)での運行となっています。

2011年の東日本大震災の津波により甚大な被害を受けてしまったため、鉄道での復旧をあきらめ、鉄道の路盤やトンネルなどをそのまま活用してバス専用道を整備。BRTとして復旧したというわけです。

f:id:kzlife:20190312214410j:plain
柳津駅では鉄道からBRTへ乗り換え

柳津駅で鉄路は途切れていますが、その向こうに停車しているBRTに乗車して、先へ進みましょう。

気仙沼線BRTの乗車の様子は、以下の記事で詳しくレポートしています。

www.kzlifelog.com

気仙沼9分乗り換えで大船渡線BRTへ!

柳津からタップリ2時間もBRTに乗車して、10時ちょうどに気仙沼駅に到着しました。

f:id:kzlife:20190312214458j:plain
気仙沼で大船渡線BRTに乗り換え

次は、大船渡線BRTに乗車。乗り継ぎの時間はたった9分! トイレを済ませて、急いでBRTに乗車したのでした。

f:id:kzlife:20190312214830j:plain
復興のシンボル「奇跡の一本松」へ

途中、「奇跡の一本松」駅で下車。10分ほど歩いて、海岸の近くにある奇跡の一本松を見に行きました。

震災を忘れないために、そして、震災からの復興のシンボルとしての「奇跡の一本松」。震災から8年が過ぎた今でも、周囲は更地のままです。少しでも早く復興が進むことを願わずにはいられません。

大船渡線BRTの乗車レポートは、以下の記事をご覧ください。

www.kzlifelog.com

盛駅でランチ休憩

大船渡線BRTの終点、盛駅には、11時57分に到着。ちょうどお昼時ということで、乗り継ぐ列車を1本見送って、ランチにしました。

盛駅から駅前の道路を10分ほど歩いたところにあるお蕎麦屋さん「千秋庵」へ。蕎麦が食べたかったので、BRTの中で食べログで探していたのでした。

駅前の通りから、少し脇道に入ったわかりにくいところにあるのですが、お昼時ということもあってか、かなりお客さんが入っていました。みな地元の方のようで、家族連れや老夫婦が多かったですね。地元の方に愛されているお蕎麦屋さん、という感じです。

f:id:kzlife:20190312214919j:plain
盛のお蕎麦屋さん「千秋庵」の天ざる蕎麦

注文したのは天ざる蕎麦。比較的コシのあるお蕎麦に、揚げたての天ぷら。何も言うことはありません(笑)

f:id:kzlife:20190312215008j:plainf:id:kzlife:20190312215027j:plain
小さな三陸鉄道の駅舎と、立派なJRの駅舎

おなかも膨れたところで、盛駅に戻ってきました。

左側のかわいい建物が三陸鉄道の駅舎、右側の立派な建物がJR東日本の駅舎です。盛駅に乗り入れているのは、三陸鉄道は鉄道、JR東日本はバス(BRT)なのですが、JR東日本のほうが大きな駅舎ですね。

三陸鉄道南リアス線でのんびり旅

f:id:kzlife:20190312215132j:plain
三陸鉄道南リアス線の気動車は1両

ずっとBRTの旅が続いていましたが、ここから鉄道の再び鉄道の旅へ。13時17分発の南リアス線釜石行きに乗車します。WAONラッピングの気動車ですね。

f:id:kzlife:20190312215219j:plain
南リアス線随一の絶景区間、吉浜湾

三陸海岸沿いに走る南リアス線の一番の見どころは、吉浜湾です。トンネルと入り江のが繰り返される車窓の中で、随一の絶景区間です。吉浜湾が一番よく見えるポイントで、徐行してくれました。

三陸鉄道南リアス線の車窓については、以下の乗車レポートをご覧ください。

www.kzlifelog.com

午後の南リアス線は、車内が閑散としていました。列車ものんびり走りますが、車内の時間ものんびりとしたものでした。

快速「はまゆり」でループ線を堪能!

釜石駅には14時10分に到着。次は、釜石線の快速「はまゆり6号」に乗車します。

f:id:kzlife:20190312215306j:plain
快速はまゆり6号は堂々の4両編成!

釜石線のホームへ急ぐと、列車は既に入線していました。それもそのはず、乗り継ぎ時間は8分しかありません。今回の青春18きっぷ旅は、乗りたい路線や列車が多かったので、乗り継ぎがかなりタイトです。

14時18分、釜石駅を発車します。快速はまゆりには指定席があり、指定席は特急のようなリクライニングシートです。乗車時間が長いので、指定席を奮発したのでした。

f:id:kzlife:20190312215350j:plain
オメガループでこれから走る鉄橋を見上げる

釜石線の一番の見どころ「オメガループ」。オメガ(Ω)の形をしたループで、高度をかせいでいきます。そのせいで、これから走る線路を(あるいは、さっき走ってきた線路を)車窓から見ることができます。Googleマップと車窓を見比べながら乗っていると、楽しいですよ。

f:id:kzlife:20190312215445j:plain
快速はまゆり6号は、雪景色の東北本線を爆走!

途中、雪が降ってきたりと、天候の変化が目まぐるしかったですが、花巻から東北本線に入ると晴れ間が見えてきました。東北新幹線の乗り換え駅の新花巻で大半の乗客が下車。車内ががらがらになった快速「はまゆり」は、東北本線を爆走します。

16時40分、盛岡駅に到着しました。

釜石線「快速はまゆり」の乗車レポートは、以下の記事をご覧ください。オメガループについても、詳しく紹介しています。

www.kzlifelog.com

最後は東北新幹線「やまびこ」のグリーン車を奮発!

f:id:kzlife:20190312215520j:plain
盛岡から「やまびこ56号」で帰京

自宅(東京)から丸二日間かけて、ひたすら北上して、ようやく盛岡までやってきました。今回の旅の最後の列車は、東北新幹線「やまびこ」です。丸二日間かけてやってきた距離を、3時間で戻してくれます(笑)

f:id:kzlife:20190312215544j:plain
やまびこのグリーン車を奮発します

やまびこ56号のグリーン車に乗車します。グリーン車にするつもりはなかったのですが、指定席が満席だったので、やむを得ず(?)グリーン車を奮発したのでした。お正月明けの週末ですが、第二の(?)Uターンラッシュの日らしく、指定席は軒並み満席でした。

まあ、ここまで、旅費は、青春18きっぷ二日分+三陸鉄道の乗車券くらいしかかかっていないので、最後くらい贅沢をしてもいいでしょう。

f:id:kzlife:20190312215604j:plain
やまびこ(E2系)グリーン車の座席

新幹線のグリーン車に乗るのは久しぶりです。さすがに座席はゆったりしていて、これなら3時間乗っていても、まったく苦痛ではありませんね。

18時40分に盛岡駅を発車。仙台までは各駅停車です。

f:id:kzlife:20190312215628j:plain
旅の終わりを祝って乾杯!

盛岡駅の売店で売れ残っていた幕の内弁当と銀河高原ビールで乾杯! 暗くなった車窓を眺めながら、帰京したのでした。(おわり)


以上、『被災路線をたどる青春18きっぷ旅』の旅行記でした。震災からの復興の途上にある三陸地方ですが、着実に復興が進んでいるところ、遅々として進まないところなど、地域によって差が出てきているように感じました。2019年3月には、宮古~釜石間の鉄道も再開することですし、復興応援の意味も込めて、また訪れてみたいと思います。

関連記事

『被災路線をたどる青春18きっぷ旅 2019冬』の旅行記のリンクです。

www.kzlifelog.com

www.kzlifelog.com