ひさの乗り鉄ブログ

青春18きっぷの話題をはじめ、観光列車や風光明媚な路線の乗車記などを思うままに綴っていく乗り鉄ブログです。

代行バス・復旧区間を経由して常磐線を完乗 ~被災路線をたどる青春18きっぷ旅(1) 2019冬~

おすすめ記事Pick Up! 青春18きっぷ関連の記事はこちらから!

2018-19年の冬の青春18きっぷ旅。第二弾は、東日本大震災の被災路線に乗車し、復興の様子を確認する旅に出ることにしました。2019年3月には宮古~釜石間(JR山田線→三陸鉄道に移管)が、2020年3月には常磐線の全線復旧が控えています。鉄道の全線復旧を前に、現在の様子を見ておきたいと思ったのでした。

旅の計画

正月明けの金・土の1泊2日で、東日本大震災で津波や原発事故の被害を受けた路線をたどって、青春18きっぷでできるだけ北へと行く、というマイルールを決めて、計画を立てました。

その結果、以下のような計画となりました。

  • 1日目:常磐線(上野→仙台、代行バス区間・前回訪問時からの鉄道復旧区間の確認)、仙石東北ライン(仙台→石巻、仙石線の被災区間の確認)、石巻泊
  • 2日目:気仙沼線(柳津→気仙沼、BRT区間の確認)、大船渡線(気仙沼→盛、BRT区間の確認、奇跡の一本松訪問)、三陸鉄道南リアス線(盛→釜石)、釜石線・東北本線(釜石→盛岡、快速はまゆり乗車)

ポイントは、常磐線全線の乗車と、気仙沼線・大船渡線のBRT区間全線の乗車を入れたことです。常磐線は2017年1月に、気仙沼線BRTは2013年8月に乗車したことがあるので、その後の復旧・復興の様子を見ておきたいと思ったからです。

早朝の朝焼けから太平洋の絶景へ! 常磐線を北上!

今回の旅、2日目の盛岡→東京の東北新幹線以外は、基本的に青春18きっぷで行くことにしました。つまり、出発がとても朝早くなるということです(笑)

f:id:kzlife:20190120211812j:plain
まだ暗い早朝の上野駅で出発を待つ水戸行きの普通列車

上野駅06時04分発の水戸行きに乗車。水戸までは2時間の行程なので、グリーン車を奮発します。徐々に明るくなっていく朝焼けの空を、グリーン車の2階席から眺めながら、常磐線で北上します。

f:id:kzlife:20190120212029j:plain
水戸発いわき行きはE501系10両編成!

グリーン車はガラガラのまま、午前8時ちょうどに終点の水戸に到着。次に乗り継ぐのは、08時18分発のいわき行き普通列車。E501系。なんと10両編成です。

f:id:kzlife:20190120212104j:plain
久ノ浜付近の車窓からは太平洋が見えます

水戸より北側では、ところどころで海岸線の近くを通るので、太平洋を眺めることができます。寒い冬の日でしたが、太平洋は意外にも穏やかです。

さすがに朝の下り列車には10両は輸送力過剰なのか、一人1ロングシート(?)のまま、09時50分にいわきに到着しました。

f:id:kzlife:20190120212209j:plain
富岡行きの普通列車は元スーパーひたちの651系!

いわきからは、富岡行きの普通列車に乗り継ぎます。この列車は、かつて「スーパーひたち」として活躍していた651系電車(4両編成)です。

車内は、リクライニングシートがボックスの状態にセットされています。普段からこのまま運用されているのでしょう。これに青春18きっぷのみで乗車できるとは、なかなかの乗りトク列車ですね。

f:id:kzlife:20190120212352j:plain
津波の被害を受けた区間を北へ! 今では無事に復旧しています

いわき~富岡間でも、ところどころ海のすぐ近くを通ります。そのため、あちこちで津波の被害を受けてしまったのでした。それでも、いまは無事に復旧しています。

富岡には11時09分に到着。ここから先、浪江までの間は、原発事故の影響で、現在も運休中ですので、代行バスに乗り換えます。

真新しい富岡駅と、時が止まった帰還困難区域

富岡駅は、東日本大震災の津波被害によって全壊。その後の原発事故で立ち入り禁止区域になってしまたっため、復旧工事ができずにいましたが、2017年4月に避難指示が解除。同10月に富岡までの運転が再開されました。

f:id:kzlife:20190120212521j:plain
津波で全壊した富岡駅、2017年10月に新たな駅舎で復旧しました

真新しい駅舎に、きれいに整備された駅前広場が目を引きます。新しい駅舎には、NREが運営するコンビニ・お食事処「さくらステーションKINONE」も開店しました。

f:id:kzlife:20190120212636j:plain
富岡~浪江間の常磐線は現在も不通のため、代行バスに乗り換えます

その駅前広場にあるバス停から、浪江駅行きの代行バスに乗車します。この日はほぼ満席に近いほどの盛況ぶりです。

代行バスは、時刻通り、11時40分に富岡駅を発車。窓開け厳禁とのアナウンスがありました。というのも、この代行バスは、この先、線量の高い帰還困難区域を通過するからです。

f:id:kzlife:20190120212720j:plain
国道6号線に入るとすぐに帰還困難区域へ 窓開けは厳禁です

いよいよ、帰還困難区域に入ります。窓を閉められる車両以外は通行禁止ということですね。

f:id:kzlife:20190120212755j:plainf:id:kzlife:20190120212826j:plain
2011年の震災の日から何も変わっていない帰還困難区域…

2年前に乗車したときは、竜田~原ノ町間の運行でしたが、同じ国道6号線を通っているはずです。そのときと、様子は全く変わっていません。放置され、荒れ放題となったお店やガソリンスタンドなどが点在し、道路との間には侵入できないようにバリケードが設置されています。

2011年3月のあの日から、この帰還困難区域だけはずっとこのまま。本当にここだけ時間が止まってしまったようです。現在でも、帰還できる目途は立っていません。

富岡駅から約30分の乗車で、12時10分、終点の浪江駅に到着しました。

全壊した富岡駅が立て替えられ、復興に向けて進み始めた富岡町とは対照的に、帰還困難区域だけは全くの手つかず。2020年3月には常磐線が全線で運転を再開する予定ですが、そのときに、この帰還困難区域はどうなっているのでしょうか? 再び時が動き出す日がくることを願っています。

f:id:kzlife:20190120213055j:plain
浪江からは719系4両編成で原ノ町へ

浪江からは原ノ町行きの普通列車に乗車します。719系4両編成。この形式の電車が出てくると、東北へやってきたな、と思えますね。

3番線だけが使用されている富岡駅を12時10分に発車。青空に農地が広がるのどかな風景の中を走行、約20分で終点の原ノ町に到着しました。

原ノ町のランチ休憩は「歩々」の親子丼!

f:id:kzlife:20190120213249j:plain
お昼を過ぎてようやく原ノ町に到着

早朝からずっと列車とバスに乗り続けてきたので、ここらで乗り継ぐ列車を1本遅らせて、ランチ休憩にしましょう。

f:id:kzlife:20190205231724j:plain
まちなかひろば原ノ町屋台村にある「歩々」(ふうふう)

ランチは、原ノ町駅から徒歩10分弱の「まちなかひろば原ノ町屋台村」にある小さなお食事処「歩々(ふうふう)」にしました。カウンターのみで、数人も入れば満席です。

f:id:kzlife:20190205231759j:plain
伊達鶏の親子丼(大)小鉢2個もついて650円!

伊達鶏の親子丼(大)。小鉢やデザートが二つ選べて、合わせて650円と格安です。この親子丼、ふわとろで絶品でした。ジューシーな鶏肉にたまごが絡んで最高です。

横浜出身の店主が始めたお店だそうですが、かなりレベルの高い親子丼でした。こうなると、他のメニューも食べてみたくなりますが、それは、また次に常磐線を旅するときのお楽しみとしましょう。

webサイトはないようですが、Facebookのページがありました。

www.facebook.com

津波の被害が大きかった区間を抜けて仙台へ

おなかも膨れたところで、鉄道の旅に戻りましょう。

f:id:kzlife:20190120213406j:plain
常磐線最後の列車はE721系+701系の4両編成 仙台行き

原ノ町からは、13時48分発の仙台行きに乗車します。E721系+701系の4両編成です。ボックスシートのあるE721系に乗車。窓側の座席を確保して、仙台までの汽車旅を楽しみましょう。

f:id:kzlife:20190120213500j:plain
津波被害後に内陸に付け替えられた高架区間を走行

途中の相馬~浜吉田間は、もともと太平洋の海岸線のすぐ近くを通っていたのですが、東日本大震災の津波で甚大な被害を受けてしまいました。その後、1kmほど内陸に線路を移し、高架の路線として復旧したのでした。

移設された高架の線路や駅の様子については、2017年1月に乗車したときの記事で詳しく紹介しています。

www.kzlifelog.com

付け替え区間を抜け、岩沼駅から東北本線に入ると、徐々に乗客が増えてきました。最後は、立ち客も出るほどの混雑になり、15時12分に仙台に到着。上野駅から、途中1時間の休憩を挟みましたが、約9時間かけて、常磐線を乗りとおしたのでした。(つづく)

関連記事

常磐線の詳細な乗車レポートについては、以下の記事をご覧ください。

www.kzlifelog.com