ひさの乗り鉄ブログ

青春18きっぷの話題をはじめ、観光列車や風光明媚な路線の乗車記などを思うままに綴っていく乗り鉄ブログです。

鉄道ニュース-JR北海道

「SL冬の湿原号」の蒸気機関車と客車を4億円かけて修繕へ! JR北海道が観光列車に投資する狙いは?

今やJR北海道で唯一となってしまったSL列車「SL冬の湿原号」。蒸気機関車や客車の老朽化に伴い、今後が懸念されていましたが、JR北海道は4億円をかけて、蒸気機関車の全般検査と修繕、客車のリニューアルを実施すると発表しました。年間収入が3億円の路線…

北海道と国が観光列車用の車両を購入、JR北海道に無償貸与へ! JR北海道の観光列車充実なるか?

北海道と国が第三セクターの枠組みで観光用の車両を購入し、JR北海道に無償貸与する方針との報道がありました。JR北海道が自治体負担を前提に存続を目指す8線区での運行を想定しているとことです。経営危機のJR北海道を立て直す切り札、そして、8線区存続…

運休中の日高本線 鵡川~様似間、2021年4月1日で廃止へ! 沿線7町がJR北海道と最終合意、JR北海道が鉄道事業廃止届を提出!

2015年に高波の被害を受けて運休が続く日高本線の鵡川~様似間ですが、沿線の7町長は2021年4月1日の廃止・バス転換でJR北海道と合意。JR北海道は10月27日付で鉄道事業廃止届を国交省に提出、12月28日付で廃止日を2021年4月1日に繰り上げる届け出をしました…

【JR北海道 2021年ダイヤ改正】宗谷本線は12駅廃止、特急「サロベツ」1往復臨時格下げの大ナタ! 札幌圏は日中夜間帯に減便へ!

JR北海道は、2021年春のダイヤ改正の詳細を発表しました。特急列車の減便・臨時格下げ、札幌圏の減便等、コロナ後も需要が戻らない前提での大幅縮小の改正となっています。中でも、宗谷本線は、全体の約4分の1にあたる12駅を廃止、特急を1往復臨時格下げ…

アフターコロナに向けて鉄道各社の事業縮小が加速! JR東・西は終電繰り上げ、JR北海道は特急減便で、今後の鉄道はどうなる?

新型コロナウイルスが鉄道各社の収益を直撃しています。JR各社は鉄道需要は元に戻らないと見込んで、減便や時間帯別運賃など、アフターコロナに向けての検討を開始しています。人口減でゆるやかな減便傾向が続くと思われていた鉄道事業ですが、新型コロナが…

JR北海道が2021年3月のダイヤ見直しの概要を発表! 特急列車の減便・減車を実施、「大雪」は全便臨時格下げへ!

JR北海道は、2021年3月のダイヤ改正での「ダイヤの見直し」の概要を発表しました。主要な特急列車の減便・減車が柱となっていて、旭川~網走を結ぶ特急「大雪」は、現行の定期列車4本すべてが臨時列車に格下げとなります。コロナ禍での影響が長引くことを見…

東北新幹線 盛岡~新青森間で320km/h運転を実現へ! 北海道新幹線東京~札幌「4時間の壁」突破に向けて大きな一歩!

JR東日本は、東北新幹線の盛岡~新青森間の最高速度を、現状の260km/hから320km/hへ引き上げるための計画概要をまとめ、2020年10月から工事に入ることを発表しました。整備新幹線区間での初の最高速度の引き上げ、そして、北海道新幹線札幌延伸時の東京~札…

JR北海道が2020年第1四半期の収支を発表! 新型コロナによる利用減で営業損失は昨年比倍の200億円超へ!

JR北海道は、2020年第1四半期の線区ごとの収支状況を発表しました。新型コロナウイルス感染症の影響をもろに受け、第1四半期の損失は倍増して200億円越え。損失拡大の5割が札幌圏、9割以上を「単独で維持困難な線区」以外の主要路線が占める結果となり、今…

JR北海道の多目的特急車両「はまなす編成」が2020年10月にデビュー! 10~11月には定期特急列車としてのお披露目運転も!

JR北海道の多目的特急車両「はまなす編成」(261系5000代)が、2020年10月にデビューします。デビューは日帰りツアーでの運転ですが、10月~11月に、各地の定期特急列車にも充当され、お披露目運転ということになりそうです。 JR北海道の多目的特急車両「は…

新型コロナウイルスが鉄道事業者を直撃! 乗客数・収入半減で地方鉄道には死活問題!

新型コロナウイルス感染症の影響で経済活動に影響が出ていますが、鉄道事業にも大きな影響を与えています。東海道新幹線の乗客数が56%減、JR西日本の収益が45%減、JR東日本の2月の運輸収入が110億円減などなど。そして、最も深刻なのがJR北海道と地方の鉄…

【2020年 JRダイヤ改正】石北本線の旭川→北見の臨時快速列車が2020年2月いっぱいで運転終了! 青春18きっぷの難関、今後は「特別快速きたみ」だけが頼りに!

JR北海道は、石北本線の旭川→北見で、毎週金曜日と日曜日に運転されている臨時快速列車の運転を、2020年2月いっぱいで終了すると発表しました。旭川から北見へ乗り換えなしで移動できる貴重な列車でした。青春18きっぷでの難関区間、今後は1日2往復のみの乗…

釧網本線「くしろ湿原ノロッコ」の利用が好調! 課題は札幌・新千歳空港からの周遊ルート!

JR北海道が夏季に運転しているトロッコ列車「くしろ湿原ノロッコ号」の利用状況を発表しました。2019年の利用は好調で、1日平均611名もの利用がありました。たった2往復のトロッコ列車で、定期客を含む同区間の平均乗車人員と同規模の利用実績があったことに…

JR北海道が観光列車に利用できる特急車両「261系5000代」2編成を製造! デザインと車内設備を発表!

JR北海道が、観光列車にも利用できる特急車両「261系5000代」(5両編成)を2編成製造します。今回、エクステリア、インテリアのデザインなどが発表されました。注目は1号車。料理を提供できるフリースペースや販売カウンターなどを備え、本格的な観光需要に…

青函トンネルで200~260km/hの高速走行試験を実施へ! 本命は貨物新幹線? 北海道新幹線の青函トンネル問題はどうなる?

鉄道・運輸機構は、2019年9月~10月に、青函トンネルで、北海道新幹線の高速走行試験を実施すると発表しました。速度は200~260km/hを予定しています。一方、国土交通省が、貨物新幹線の検討を始めたとの報道もあります。札幌延伸時に東京~札幌 4時間半を達…

JR北海道が宗谷本線で「風っこ そうや」を運転! JR東日本のトロッコ型車両を使用、待望の新たな観光列車に期待!(運転日・運転時刻を追加)

JR北海道は、2019年7月~9月に、宗谷本線で「風っこ そうや」を運転すると発表しました。JR東日本のトロッコ型気動車「びゅうコースター風っこ」を借り受けての運転となります。経営難に陥ってからは暗い話題ばかりのJR北海道ですが、ここへきて、ようやく新…

JR北海道が新函館北斗~札幌間の時速320km運転を国交省に要請! 北海道新幹線 東京~札幌「4時間の壁」を越えられるか?

JR北海道が、北海道新幹線の新函館北斗~札幌間を自社負担で高速化し、時速320kmでの運転ができるようにすることを国土交通省に要請しました。時速260kmに制限された整備新幹線区間での高速化の取り組みは初めてですが、東京~札幌の所要時間を少しでも短縮…

JR北海道が2019年10月の運賃値上げを申請、運賃を平均15.7%値上げへ! 北海道新幹線と特急料金は据え置き

昨年から運賃値上げの意向を示していたJR北海道ですが、運賃の平均値上げ率は13.6%となり、消費税増税分の2%と合わせて、約15.7%の値上げとなることがわかりました。一方、北海道新幹線の運賃と、在来線を含む特急料金については値上げしない方向だそうで…

JR北海道が2019年度の事業計画を発表! 電気式気動車H100形を投入、キハ40形を置き換えへ

JR北海道が2019年度の事業計画を発表しました。昨年度見送っていた新型電気式気動車「H100形」を新製し、国鉄時代から活躍する気動車キハ40形を置き換えることになります。また、キハ261系特急気動車の新製、快速「エアポート」の毎時5本化などが挙げられて…

JR北海道の維持困難線区、北海道と沿線自治体の負担が年40億円規模に!

JR北海道の「単独で維持困難な線区」を巡って、鉄道としての存続を目指す8線区を維持するために、北海道や沿線自治体に対して、合計で年間40億円規模の負担を求める方針であることがわかりました。人口減で財政の苦しい北海道にとっては、かなり大きな負担に…

JR北海道が多目的特急車両を新製! 札幌・新函館北斗から観光地への直通運転、観光列車の運転に期待!

JR北海道が特急タイプ(261系)の多目的車両を新製すると発表しました。普通列車用車両の改造も進めています。先日発表された、JR東日本、東急電鉄の車両を用いた観光列車の運転と合わせて、積極的に観光列車を運転する方向へと舵を切ったようです。北海道ら…

【石勝線夕張支線 乗り納め時刻表】 青春18きっぷ利用はダイヤ改正前までがおすすめ! ダイヤ改正後は臨時列車と特急を活用しよう!

JR北海道の石勝線夕張支線(新夕張~夕張間)が、2019年3月末の運行をもって廃止されます。これから乗り納めに行かれる方も多いでしょうから、札幌方面からの乗り納め時刻表を作成してみました。ダイヤ改正以降に運転される3往復の臨時列車にも対応していま…

JR札沼線 北海道医療大学~新十津川間、2020年5月7日廃止へ!

沿線4町が廃止容認に合意していたJR札沼線の北海道医療大学~新十津川間ですが、2020年5月6日が最終運行、翌5月7日に廃止となることが決まりました。JR北海道が、2018年12月21日付けで廃止届を国土交通省に提出しました。いよいよ廃止へ向けてのカウントダ…

JR北海道の日高本線 日高門別~様似間の廃止を容認へ! 鵡川~日高門別間の行方は?

JR北海道の「単独で維持困難な線区」の一つである日高本線の鵡川~様似間。2015年の高波被害で長期運休となっています。今回、このうちの日高門別~様似間の鉄道での復旧を断念し、廃止・バス転換を容認することで、沿線の7町長が合意したとの報道がありま…

JR北海道が平成29年の線区別収支を発表! 全路線赤字の状況は変わらず、北海道新幹線は99億円の赤字!

JR北海道が平成29年度(2017年度)の線区別収支を発表しました。全路線赤字であることは前年度と変わらず、北海道新幹線の赤字は、54億円から99億円へと倍増! 抜本的な経営改善には、ローカル線の廃止よりも、赤字の絶対額が大きい北海道新幹線や在来線の幹…

JR北海道が2019年10月に運賃値上げへ! 値上げ幅はどのくらいのなるのか?

JR北海道の「単独で維持困難な線区」について話し合う6者会議が10月20日に開催され、JR北海道は、2019年10月にも運賃値上げを実施する意向を示したとのことです。40億円の増収となるように値上げするとのことです。将来の乗客減を招く恐れもある運賃値上げで…

JR札沼線 北海道医療大学~新十津川間、早ければ来年中にも廃止へ!

JR北海道の「単独で維持困難な線区」の一つ、札沼線の北海道医療大学~新十津川間が、早ければ来年中にも廃止との報道がありました。沿線の4町長が会合を開き、正式に同区間の廃止の受け入れを表明しました。早ければ年内にも廃止届が出されることになりそ…

JR北海道 札沼線末端区間の廃止を沿線自治体が容認へ! 台風被害の日高本線は年内復旧、留萌本線は存続を模索中

沿線自治体が個別に廃止容認を表明していた札沼線の北海道医療大学-新十津川間ですが、10月中にもそろって廃止容認の合意を表明する見込みとなりました。一方、北海道胆振東部地震で不通となっている日高本線の苫小牧~鵡川間は年内復旧へ、「維持困難線区…

釧網本線「快速しれとこ摩周号」に指定席を試験的に導入! 将来の観光列車導入へとつなげてほしい取り組みです

JR北海道は、釧網本線の快速「しれとこ摩周号」に、期間限定で試験的に指定席を導入すると発表しました。WILLER社が9月~10月に運行する「摩周湖周遊レストランバス」「知床探検バス」に接続する列車への指定席導入という試みです。観光客が多い釧網本線には…

JR北海道が資金難で電気式気動車「H100形」の導入を見送りへ! 普通列車の運行への影響は?

JR北海道が、かねてから計画していた電気式気動車「H100形」の導入を、資金難を理由に見送ることになりそうです。使用開始から30年以上を経た国鉄時代の古い車両「キハ40形」などを置き換える予定でしたが、当面は古い車両でやりくりすることになりそうです…

JR北海道に2年間で総額400億円を支援へ! 5年後にまた路線の見直しか?

国土交通省は、経営難に陥っているJR北海道に対して、2019~2020年度の2年間で総額400億円の支援を実施することを発表しました。JR北海道は2030年度までの長期支援を求めていましたが、今後の収支改善の状況を見ながら追加の支援をする方針です。 JR北海道に…