K'z Lifelog ~青春18きっぷと乗り鉄のブログ~

青春18きっぷの話題をはじめ、汽車旅のノウハウや鉄道関連のニュースなどを思うままに綴っていく乗り鉄ブログです。

鉄道ニュース

2019年JRダイヤ改正ポイントまとめ! 「富士回遊」新設など中央線系統の特急刷新、おおさか東線全線開業が2大トピック!

JR各社が、2019年3月16日に実施するダイヤ改正の概要を発表しました。JR東日本の中央線特急の刷新と、JR西日本のおおさか東線の全線開業が大きなトピックです。 2019年3月16日、JR各社がダイヤ改正を実施! JR東日本は中央線特急を刷新、特急「富士回遊」「…

【2019年 JRダイヤ改正】中央ライナー・青梅ライナーは特急化、ホームライナー千葉は廃止! 首都圏の通勤ライナーは一気に衰退へ

JR東日本は、2019年春のダイヤ改正で、中央線を走る「中央ライナー」「青梅ライナー」を廃止・特急化、総武快速線を走る「ホームライナー千葉」を廃止すると発表しました。ここ数年で次々と姿を消す首都圏の通勤ライナー。今後の着席サービスは、特急列車や…

三陸鉄道 新生「リアス線」のダイヤ発表! 2019年3月に開業、全線を4時間以上かけて走破する長距離列車も誕生します!

三陸鉄道は、2019年3月に復旧・開業する新生「リアス線」(盛~久慈間 163km)のダイヤを発表しました。注目は、盛~久慈間の全線を走破する列車が、上り3本、下り2本の計5本も設定されたことです。所要時間は4時間超、JRでもなかなかないほどの長距離普…

JR札沼線 北海道医療大学~新十津川間、2020年5月7日廃止へ!

沿線4町が廃止容認に合意していたJR札沼線の北海道医療大学~新十津川間ですが、報道によりますと、2020年5月6日が最終運行、翌5月7日に廃止とする方針とのことです。今月中には廃止合意文書に調印、JR北海道が国土交通省に廃止届を提出する予定で、いよい…

JR西日本が神戸線に通勤特急「らくラクはりま」を新設! 新快速の「Aシート」と合わせて着席通勤を推進へ

JR西日本は、2019年3月のダイヤ改正時に、大阪~姫路間に通勤特急「らくラクはりま」を新設すると発表しました。割安なチケットレスサービスも拡充し、先日発表された新快速への有料座席サービス「Aシート」とあわせて、着席通勤を推進します。 JR神戸線に通…

東武「SL大樹」も故障で運休! 各地でSLの不具合相次ぐ、観光の目玉もメンテナンスは大変!

JR各社をはじめ、大手私鉄や中小私鉄では、観光客向けにSL(蒸気機関車)の復活運転がさかんに行われていますが、今年はSLの故障や不具合で運休が相次いでいます。いったん故障してしまうと、運休が長期間に及ぶ傾向もあり、SLのメンテナンスはなかなか大変…

JR北海道の日高本線 日高門別~様似間の廃止を容認へ! 鵡川~日高門別間の行方は?

JR北海道の「単独で維持困難な線区」の一つである日高本線の鵡川~様似間。2015年の高波被害で長期運休となっています。今回、このうちの日高門別~様似間の鉄道での復旧を断念し、廃止・バス転換を容認することで、沿線の7町長が合意したとの報道がありま…

JR北海道が平成29年の線区別収支を発表! 全路線赤字の状況は変わらず、北海道新幹線は99億円の赤字!

JR北海道が平成29年度(2017年度)の線区別収支を発表しました。全路線赤字であることは前年度と変わらず、北海道新幹線の赤字は、54億円から99億円へと倍増! 抜本的な経営改善には、ローカル線の廃止よりも、赤字の絶対額が大きい北海道新幹線や在来線の幹…

東武鉄道が蒸気機関車の復元に挑戦! C111が45年ぶりに復活へ!

昨年、「SL大樹」の運行を開始したばかりの東武鉄道ですが、今度は、静態保存されているSLの復元に挑戦するという発表がありました。復元されるのは、北海道に保存されていたC11形蒸気機関車「C111」。2020年冬の運行開始を目指しているとのことです。 東武…

2019年ダイヤ改正で中央線に新宿~河口湖(富士急行線直通)の定期特急列車が誕生へ! 「スーパーあずさ」の愛称は廃止!

報道によりますと、2019年3月のダイヤ改正で、新宿(東京)から富士急行線に直通する定期特急列車が誕生するとのことです。中央線特急はE353系に統一され、同時に「スーパーあずさ」の愛称は廃止、「あずさ」「かいじ」に統一するようです。先日発表された「…

JR東日本が中央線特急あずさ・かいじに「新たな着席サービス」を導入! 指定席料金は値下がりも、回数券廃止・トクだ値大幅値上げか?

2019年3月から、中央線特急「あずさ」「かいじ」等の普通車で、「新たな着席サービス」が導入されます。既に常磐線特急では導入されている方式ですが、特急車両が新型のE353系に統一される2019年3月から、中央線特急でも導入することになります。 肝心の特急…

JR西日本が新快速に「Aシート」を導入へ! 有料座席サービスで関西エリアの青春18きっぷ旅が変わるかも!?

JR西日本は、2019年春から、神戸線・京都線・琵琶湖線の一部の新快速列車に、有料座席サービス「Aシート」を導入します。12両編成のうち1両を改造して、有料座席サービスを提供するようです。関西では、京阪電鉄が2017年に有料座席指定サービス「プレミアム…

東急大井町線「Q SEAT」サービスが2018年12月から開始! 東急初の有料座席指定サービスは競争率が高いかも!?

2018年12月14日から、東急大井町線で、有料座席指定サービス「Q SEAT」が開始されます。平日夜間の大井町発長津田行きの急行列車の5本でサービスを実施し、7両編成のうち1両が「Q SEAT」となります。注目の座席指定料金は400円。乗車時間・距離に対して高め…

JR北海道が2019年10月に運賃値上げへ! 値上げ幅はどのくらいのなるのか?

JR北海道の「単独で維持困難な線区」について話し合う6者会議が10月20日に開催され、JR北海道は、2019年10月にも運賃値上げを実施する意向を示したとのことです。40億円の増収となるように値上げするとのことです。将来の乗客減を招く恐れもある運賃値上げで…

新潟・庄内地方の観光列車「海里」が2019年10月にデビュー! きらきらうえつ後継、ディーゼルハイブリッドで運行路線の拡大も期待!

JR東日本新潟支社は、2019年10月から、新潟~酒田間に新たな観光列車「海里」(KAIRI)の運行を開始すると発表しました。同区間を走る「きらきらうえつ」の後継と思われますが、ディーゼルハイブリッド車両になることから、運転区間の拡大も期待できそうです…

JR札沼線 北海道医療大学~新十津川間、早ければ来年中にも廃止へ!

JR北海道の「単独で維持困難な線区」の一つ、札沼線の北海道医療大学~新十津川間が、早ければ来年中にも廃止との報道がありました。沿線の4町長が会合を開き、正式に同区間の廃止の受け入れを表明しました。早ければ年内にも廃止届が出されることになりそ…

JR北海道の特急列車に乗り放題の「ひがし&きた北海道キャンペーンパス」付きJALツアーがお得! 冬の道東・流氷観光に最適です!

この秋~冬に、JR北海道の道央・道東方面の特急列車に乗車できるフリーきっぷ「ひがし&きた北海道キャンペーンパス」が付いたJAL(日本航空)の国内ツアーが登場します。航空券、ホテル、JR北海道のフリーパスがすべて付いて、3泊4日のツアーで東京発着47,8…

JR北海道 札沼線末端区間の廃止を沿線自治体が容認へ! 台風被害の日高本線は年内復旧、留萌本線は存続を模索中

沿線自治体が個別に廃止容認を表明していた札沼線の北海道医療大学-新十津川間ですが、10月中にもそろって廃止容認の合意を表明する見込みとなりました。一方、北海道胆振東部地震で不通となっている日高本線の苫小牧~鵡川間は年内復旧へ、「維持困難線区…

京王電鉄が臨時座席指定列車「Mt. TAKAO号」を紅葉シーズンに運転!

京王電鉄が、11月の紅葉シーズンに、臨時座席指定列車「Mt. TAKAO号」を運転します。高尾山口→新宿の上り列車のみで、土休日は2本、平日は1本運転します。京王ライナーに利用されている5000系車両で運行され、座席はクロスシートとなります。高尾山で紅葉狩…

釧網本線「快速しれとこ摩周号」に指定席を試験的に導入! 将来の観光列車導入へとつなげてほしい取り組みです

JR北海道は、釧網本線の快速「しれとこ摩周号」に、期間限定で試験的に指定席を導入すると発表しました。WILLER社が9月~10月に運行する「摩周湖周遊レストランバス」「知床探検バス」に接続する列車への指定席導入という試みです。観光客が多い釧網本線には…

東武の夜行列車「日光夜行号」、2018年は新宿発・JR経由も運転! 早朝の紅葉を眺めるツアーとして発売!

2016年から毎年10月に運転されている東武鉄道の夜行列車「日光夜行号」。2018年は、これまでの浅草発以外に、新宿発・JR線経由での「日光夜行号」も運転されます。日中時間帯の特急「日光」のルートですが、JR線を夜行列車が走行するとなると注目ですね。 東…

JR北海道が資金難で電気式気動車「H100形」の導入を見送りへ! 普通列車の運行への影響は?

JR北海道が、かねてから計画していた電気式気動車「H100形」の導入を、資金難を理由に見送ることになりそうです。使用開始から30年以上を経た国鉄時代の古い車両「キハ40形」などを置き換える予定でしたが、当面は古い車両でやりくりすることになりそうです…

宮古~釜石間のレールが繋がった! 2019年3月の三陸鉄道「リアス線」運転再開に向けて走行試験が始まります!

東日本大震災の津波被害で運休中の山田線 宮古~釜石間。2019年3月までに復旧工事を完了し、JR東日本から三陸鉄道に移管して、新生「リアス線」として運転が開始される予定です。工事は順調に進捗し、7月18日には全区間でレールが繋がり、8月からはディーゼ…

JR北海道に2年間で総額400億円を支援へ! 5年後にまた路線の見直しか?

国土交通省は、経営難に陥っているJR北海道に対して、2019~2020年度の2年間で総額400億円の支援を実施することを発表しました。JR北海道は2030年度までの長期支援を求めていましたが、今後の収支改善の状況を見ながら追加の支援をする方針です。 JR北海道に…

北海道新幹線の高速化試験を実施へ! 青函トンネル内の時速160キロ運転は2019年のダイヤ改正から?

鉄道・運輸機構は、北海道新幹線の青函トンネル内での高速化に向けて、2018年9月に高速走行試験を実施すると発表しました。この試験が問題なく実施されれば、2018年度末にも北海道新幹線の高速化が実現するかもしれません。 2018年9月に高速走行試験を実施!…

JR東日本が羽田空港アクセス線の具体的な計画を発表! 羽田空港へのダイレクトアクセス実現も、北海道新幹線への影響は?

JR東日本がグループ経営ビジョン「変革2027」を発表しました。注目は何と言っても「羽田空港アクセス線」が経営ビジョンに掲載されたことでしょう。北陸新幹線延伸開業後、目立った新線開業の予定がなかったJR東日本ですが、2028年頃の開業に向けていよいよ…

大宮始発 新函館北斗行きの臨時「はやぶさ」を増強へ! 朝10時に函館到着で観光に便利!

2018年6月に初めて運転された大宮始発の新函館北斗行きの臨時「はやぶさ101号」。朝6時に大宮を出発、函館には午前10時過ぎに到着するという、なかなかインパクトのあるダイヤです。そんな大宮始発の「はやぶさ」を、今後は閑散期にも拡大して運転すると報じ…

JR北海道が20年ぶりに運賃値上げを検討! 経営再建に有効な一手となるか?

JR北海道の島田社長は、6月13日の会見で、運賃の値上げに言及したそうです。20年以上も値上げされていないJR北海道の運賃。経営状態を考えれば仕方がないとも思えますが、さらなる乗客減となってしまっては意味がありません。 JR北海道社長が運賃の値上げに…

JR北海道の「単独で維持困難な線区」5線区は支援しない方針へ! 2031年度に経営自立の目標は達成できるか?

JR北海道の「単独で維持困難な線区」をめぐり、JR北海道、国土交通省、北海道、市長会、町村会、JR貨物の6者協議が開催され、5線区では財政支援をしない方針が固まったとのことです。JR北海道は、残りの8線区での財政支援や、コスト削減等で経営を立て直し…

大宮始発の新函館北斗行き「はやぶさ101号」を6月・7月に運転! 函館に午前10時過ぎに到着します! 50%引きのきっぷも!

JR東日本とJR北海道は、北海道の観光シーズンの6月下旬と7月下旬の土曜日に、大宮駅を午前6時ちょうどに出発する臨時「はやぶさ101号」を運転します。定期の一番列車「はやぶさ1号」(東京06:32発)に比べて、函館に1時間以上も早く、午前10時過ぎに到着し…