K'z Lifelog ~青春18きっぷと乗り鉄のブログ~

青春18きっぷの話題をはじめ、汽車旅のノウハウや鉄道関連のニュースなどを思うままに綴っていく乗り鉄ブログです。

「ゆったり会津 東武フリーパス」で会津鉄道に乗ろう! 里山・温泉・観光地がすべて揃う南会津を汽車旅してみませんか?

おすすめ記事Pick Up! 【トップページ】 まずはこちらから!青春18きっぷ・おすすめ路線など当ブログおすすめ記事の目次です
【おトクなきっぷ】 おすすめのフリーきっぷ紹介記事まとめ
【注目記事!】西武「S-TRAIN」&東武「特急リバティ」関連記事まとめ

首都圏から会津地方へのルートの一つに、東武鉄道~野岩鉄道~会津鉄道の私鉄経由のルートがあります。このルートでの汽車旅に使える「ゆったり会津 東武フリーパス」を紹介します。制約が少なく、かなり優れたフリーきっぷですので、この「ゆったり会津 東武フリーパス」を活用して、会津鉄道の汽車旅をおすすめします!

首都圏~会津方面を結ぶ2つのルート

首都圏から会津方面へは、東北新幹線の郡山で磐越西線に乗り換えるルートと、東武鉄道(伊勢崎線~日光線~鬼怒川線)から、野岩鉄道、会津鉄道を経由して会津若松に至るルートがあります。

所要時間は、新幹線を利用する前者のほうが圧倒的に短いですが、汽車旅の雰囲気を味わいたいのなら後者をおすすめします。

それに、野岩鉄道~会津鉄道の沿線には温泉地が点在していたり、塔のへつり、大内宿といった観光地もあります。会津若松周辺の観光だけでなく、南会津を観光したいのであれば、このルートがおすすめです。

「ゆったり会津 東武フリーパス」とは?

東武鉄道~野岩鉄道~会津鉄道のルートで汽車旅をするときに活用したいのが、東武が発行している「ゆったり会津 東武フリーパス」です。

東武線沿線の発駅から下今市までの往復と、下今市~東武日光及び会津田島・芦ノ牧温泉・喜多方のフリー区間が乗り降り自由になる、往復+フリータイプのきっぷです。

以下に「ゆったり会津 東武フリーパス」の概要をまとめておきます。

  • 利用期間:通年
  • 発売期間:通年(利用開始日の購入も可能)
  • 有効期間:4日間
  • きっぷの効力:
    • 発駅~下今市までの往復(途中下車は不可)
    • フリー区間は乗降自由
    • 特急券を別途購入すれば、スペーシア、リバティ等の特急列車に乗車可能
  • 発売箇所:
    • 浅草~館林間、小村井~亀戸間、大宮~船橋間、杉戸高野台の各駅の駅窓口(押上、大師前は除く)
    • 浅草駅旅行センター
    • 東武トップツアーズ、JTB、近畿日本ツーリスト、日本旅行の各支店

フリー区間の広さで3種類のきっぷがあり、それぞれに3通りの発駅が設定されています。

  • 発駅1: 浅草~鐘ヶ淵、小村井~亀戸、増尾~船橋
  • 発駅2: 堀切~越谷、加須~館林、大宮~大和田、清水公園~新柏
  • 発駅3: 北越谷~花崎、七里~七光台、杉戸高野台
フリー区間 発駅1 発駅2 発駅3
下今市~東武日光・会津田島 5,840円 5,510円 5,220円
下今市~東武日光・芦ノ牧温泉 6,790円 6,500円 6,230円
下今市~東武日光・喜多方 7,260円 6,980円 6,730円

なお、こども用の料金も設定されています。詳しくは東武鉄道のWebサイトをご覧ください。

tabi.tobu.co.jp

「ゆったり会津 東武フリーパス」はどれくらいおトクなの?

では、このきっぷはどれくらいお得なのでしょうか?

単純往復でも十分おトク!

結論から言うと、単純往復でも十分に元が取れるくらいお得 です。

浅草~主要駅の往復運賃と比べてみましょう。

  • 浅草~会津若松: 往復9,360円(ゆったり会津 東武フリーパス 7,260円)
  • 浅草~芦ノ牧温泉: 往復8,480円(ゆったり会津 東武フリーパス 6,790円)
  • 浅草~会津田島: 往復6,480円(ゆったり会津 東武フリーパス 5,840円)

ご覧の通り、単純往復でも、「ゆったり会津 東武フリーパス」のほうがかなりお得です。

「ゆったり会津 東武フリーパス」は4日間有効ですので、観光地の最寄り駅で下車したりするでしょうから、おトク度はさらに上がると思います。

4日間有効を活かして日光~会津周遊の旅も可能!

さらに、有効期間が4日間と長いうえ、会津方面だけでなく下今市~東武日光もフリーエリアに入っているため、日光と会津を周遊する旅行にも使えます。2017年のダイヤ改正で、会津方面~東武日光を結ぶ普通列車や快速列車がかなり増えていますので、これらの列車を有効に活用することができますね。

通年利用可能なのもうれしい

さらに、この「ゆったり会津 東武フリーパス」は、なんと通年利用可能なのです。つまり、ゴールデンウィークやお盆休み、年末年始などの繁忙期でも利用できるのです。

JR東日本の自動改札には吸い込まれてしまうので要注意!

最後に一つだけ注意点を。

このきっぷ、裏が黒い磁気券になっていますので、いかにも自動改札が通れそうです。実際に、浅草駅で入場したときは自動改札を通しました。

しかし、フリーエリア内のJR東日本の駅(西若松~喜多方)では自動改札に通してはいけません! フリーエリア内にもかかわらず、自動改札に吸い込まれてしまいます。会津若松駅の自動改札前には大きく注意書きが貼ってあったのですが、読む前に入れてしまい、駅員さんに救出してもらう羽目になってしまいました…。「申し訳ありませんが有人改札をお通り下さい」と言われてしまいましたが、申し訳ないのはこっちですよね。JRの駅員さん、ごめんなさい。

会津鉄道のおすすめ

「ゆったり会津 東武フリーパス」はフリーきっぷですので、単純往復だけではもったいない! ということで、会津鉄道沿線の観光スポットや車窓の楽しみ方をご紹介します。

塔のへつり

塔のへつり

まずは、有名な観光スポット「塔のへつり」を散策しましょう。塔のへつり駅から徒歩5分ほどで着きますし、塔のへつり周辺にはお土産屋やお食事処もありますので、気軽に途中下車して観光することができます。

塔のへつりは、長い年月をかけて浸食と風化を繰り返したことで、渓谷を形作る断崖が塔のような形になったものです。塔のような断崖がいくつも並ぶさまは壮観です。この自然の造形美は、国の天然記念物に指定されています。エメラルドグリーンの川の水と相まって不思議な雰囲気です。

上の写真のように、つり橋がかけられていて、塔のへつりの断崖の中まで散策できるようになっています。ちなみに、つり橋は結構揺れますし、中央付近は手すりがかなり低くなっているので、高所恐怖症の方は要注意です!

下野街道の宿場町「大内宿」

大内宿

湯野上温泉駅からバスで15分ほどのところに、江戸時代の宿場町「大内宿」があります。30軒以上の茅葺屋根の古民家が街道沿いに並ぶ様子は、タイムスリップしたかのような感覚に陥ります。

大内宿では、散策しながらお土産屋を覗いたり、名物の「ねぎそば」を食したりするのがおすすめです。

大内宿については、アクセス方法も含めて別記事に詳しくまとめていますので、よろしければご覧ください。

www.kzlifelog.com

湯野上温泉駅

湯野上温泉駅に入ってくる会津鉄道の気動車

大内宿最寄りの駅が湯野上温泉駅です。会津鉄道の一つの駅に過ぎないのですが、日本に2つしかない茅葺屋根の駅舎が素晴らしい駅です。ホームの両脇には桜の木が並んでいますので、春になると上の写真のように、桜のトンネルを列車が走ってくる光景を眺めることができます。

湯野上温泉駅についても、別記事にまとめていますので、興味がありましたらご覧ください。

www.kzlifelog.com

これぞ日本の原風景! 会津鉄道の車窓

そして、最後は会津鉄道の車窓です。何というか、特に目立つランドマーク的な存在はないのですが、ほぼ全線に渡って里山の風景が続きます。

会津鉄道の車窓

山あいの盆地に田畑が広がり、家が点在するという、日本のどこにでもあるような田舎風景なのですが、このような車窓がひたすら続くのです。一生懸命に車窓を眺めるというよりは、空いている普通列車に乗ってぼんやりと車窓を眺め、ときにはうとうとしながら、のんびりとした汽車旅をしたい路線です。

阿賀川とサクラ

会津鉄道は阿賀川(あががわ)に沿って敷かれているため、車窓から阿賀川の流れが見える場所が結構あります。5月上旬は会津では桜の季節なので、この写真のように、阿賀川の土手に咲くサクラを眺めることができます。ちなみに、阿賀川は、阿賀野川(あがのがわ)の上流にあたり、会津鉄道の下り方向(会津若松方面)に向かって流れていきます。新潟県に入ると阿賀野川と名前を変え、途中で只見川と合流して、日本海にそそいでいます。塔のへつりを形作っているのも阿賀川の流れですね。只見川沿いには只見線、阿賀野川沿いには磐越西線が走っています。山間部の鉄道と川の流れは切っても切れない関係にありますね。

以上、「ゆったり会津 東武フリーパス」を利用して会津鉄道に汽車旅をしようという記事でした。「ゆったり会津 東武フリーパス」はおトク度、フリーエリアの広さ、通年利用可能、有効期間の長さ(4日間)と、かなり優れたフリーきっぷです。上手に活用して、会津鉄道の旅を楽しみたいですね!