K'z Lifelog ~青春18きっぷと乗り鉄のブログ~

青春18きっぷの話題をはじめ、汽車旅のノウハウや鉄道関連のニュースなどを思うままに綴っていく乗り鉄ブログです。

汽車に乗って「横手のかまくら」を見に行こう!

おすすめ記事Pick Up! 【トップページ】 まずはこちらから!青春18きっぷ・おすすめ路線など当ブログおすすめ記事の目次です
【ダイヤ改正】 JR東日本が10月14日にダイヤ改正! 黒磯~新白河の輸送体系変更!
【おトクなきっぷ】 おすすめのフリーきっぷ紹介記事まとめ

雪だるま

冬のお祭りといえば「雪まつり」です。東北地方や甲信越地方を中心に、各地で雪まつりが開催されますが、今回はその中から、かまくらまつりとして最も有名な「横手のかまくら」を紹介します。横手へ列車でアクセスする方法や、おすすめの列車も紹介します。

横手のかまくら(2月15日~16日)

「かまくら」のお祭りとして、日本で最も有名といっても過言でないのが、秋田県横手市で開催される 横手のかまくら です。小正月行事の一つで、毎年2月15日~16日に開催されています。

横手のかまくらとは?

横手のかまくらは、450年もの歴史のある伝統的な行事です。現在では、水神様をまつる小正月の行事とされていて、かまくらの中に子供たちが入って、「おがんでたんせ(水神様をおがんでください)」と言いながら、甘酒やおもちをふるまうのが恒例となっています。かまくらの期間中は、市内に100基ものかまくらが作られるそうです。

かまくらまつりが開催されるのは18時からですので、かまくらの灯りが雪景色を照らす幻想的な雰囲気が楽しめることと思います。

横手のかまくらの歴史は?

横手のかまくらは450年の歴史があり、藩政の時代の以下の3つの風習が変遷を経て、現在のような小正月の行事となったそうです。

  • 武家の住んでいる内町で、雪の壁の中に門松やしめ縄を入れ、お神酒やお餅を供えて燃やし、子供たちの無事と成長を祈った
  • 商人の住んでいる外町で、井戸のそばに雪の穴を掘り、水神様をまつり、良い水に恵まれるように祈った
  • 当時の子供たちの遊びで、積もった雪に穴をあけて、その中に入って遊ぶ雪遊びがあった

(出典)一般社団法人 横手市観光協会 横手市観光協会 - 横手の祭り・イベント - 横手の雪まつり

かまくらの幻想的な雰囲気に加えて、450年前のかまくらの歴史を思い越してみると、ノスタルジックな気分に浸れるかもしれませんね。

横手のかまくらは、いつどこで開催されるの?

横手のかまくらは、2月15日・16日の18時~21時に、横手市内の複数の会場で開催されますが、前週末からプレイベントが市内の各地で開催されます。

主な会場としては、 横手市役所本庁舎前道路公園、横手公園、羽黒町武家屋敷通り、二葉町かまくら通りなどがあります。メイン会場は横手市役所本庁舎前道路公園で、JR奥羽本線の横手駅から徒歩10分ほどです。また、これら主な会場を巡回する巡回バスも運行されています。

横手のかまくらの開催場所・日程・スケジュールの詳細は、下記リンクの横手市観光協会のサイトをご覧ください。

一般社団法人 横手市観光協会 横手市観光協会 - 横手の祭り・イベント - 横手の雪まつり - 平成29年のかまくら・ぼんでん情報

横手へのアクセスは? おすすめの列車は?

横手へは、秋田新幹線こまち号に乗車し大曲で下車、奥羽本線の上り列車に乗り換えて20分ほどです。東京や仙台からであれば、このルートが最も早いでしょう。

汽車旅や温泉を楽しみながら横手へ行くには、北上線経由がおすすめです。東北新幹線の北上駅で下車し、北上線に乗り換えて1時間15分ほどで横手に到着します。北上線の沿線には、錦秋湖など車窓の美しいスポットがあるほか、ほっとゆだ駅周辺には湯田温泉郷などの温泉が点在しています。また、ほっとゆだ駅にも温泉施設が併設されています。

秋田方面からは、横手のかまくらにあわせて、臨時列車「快速かまくらまつり号」が走ります。

  • 快速かまくらまつり号 2月15日・16日運転,秋田14:12→横手15:40,横手21:01→秋田22:13

キハ48形を改造したクルージングトレインという車両で運転されます。以前、五能線のリゾートしらかみで使われていた車両ですので、快速列車のわりには座席が広く、乗り心地は抜群です。

以上、汽車に乗って「横手のかまくら」を見に行こうでした。冬の幻想的な雪まつりへ出かけてみてはいかがでしょうか?