K'z Lifelog ~青春18きっぷと乗り鉄のブログ~

青春18きっぷの話題をはじめ、汽車旅のノウハウや鉄道関連のニュースなどを思うままに綴っていく乗り鉄ブログです。

「碓氷峠鉄道文化むら」へ行こう! 往年の碓氷峠で活躍していた車両たちに出会えます!

おすすめ記事Pick Up! 【トップページ】 まずはこちらから!青春18きっぷ・おすすめ路線など当ブログおすすめ記事の目次です
【ダイヤ改正】 JR東日本が10月14日にダイヤ改正! 黒磯~新白河の輸送体系変更!
【おトクなきっぷ】 おすすめのフリーきっぷ紹介記事まとめ
【注目記事!】西武「S-TRAIN」&東武「特急リバティ」関連記事まとめ

かつて、信越本線の横川と軽井沢を結んでいた急勾配の「碓氷峠」をご存知でしょうか。北陸新幹線(当時は長野新幹線)の開業とともに廃止になってしまいましたが、横川駅の車両基地の跡地に、その歴史を伝えるテーマパーク「碓氷峠鉄道文化むら」があります。今回、汽車旅の途中に立ち寄ってみましたので、その様子をご紹介します。

「碓氷峠」とは?

碓氷峠とは、群馬県と長野県の県境にある標高約960メートルの峠です。長野県側は千曲川(信濃川)が日本海へ、群馬県側は利根川が太平洋に流れる、いわゆる分水嶺にもなっています。

高崎と新潟を長野経由で結んでいた信越本線は、かつて、この碓氷峠を通っていました。66.7パーミル(水平距離1000メートルに対して66.7メートル登る)という日本一の急勾配で、日本の鉄道の難所にもなっていた場所です。

1997年に北陸新幹線(当時は長野新幹線)が長野まで開通したときに、碓氷峠越えとなる横川~軽井沢間が廃止になりました。

「碓氷峠鉄道文化むら」とは?

碓氷峠の横川~軽井沢間が廃止になったあと、横川駅に隣接する車両基地跡に、碓氷峠の歴史や、碓氷峠で活躍していた車両を展示する鉄道テーマパークとして「碓氷峠鉄道文化むら」がオープンしました。

展示だけでなく、乗り物も充実しています。

  • ミニSL(300メートルの軌道を1周する5インチゲージのミニSL)
  • あぷとくん(園内800メートルを1周する蒸気機関車)
  • トロッコ列車ライン(1997年に廃止された信越本線横川~軽井沢の下り線2.6kmを走るトロッコ列車)

鉄道好きはもとより、ちびっ子も楽しめるようなテーマパークになっていますので、家族連れで遊びに行くのもよさそうですね。実際に、家族連れの姿も多く目にしました。

詳しくは、碓氷峠鉄道文化むらのWebサイトをご覧ください。

碓氷峠鉄道文化むら

「碓氷峠鉄道文化むら」がある横川駅へは、高崎から信越本線の電車で30分ちょっとです。

碓氷峠の歴史

ということで、個人的に気になった展示について、簡単にご紹介します。

まずは、鉄道資料館の2階に展示されている碓氷峠の歴史についてです。歴史の解説だけでなく、当時の地図や機関車の図面などの資料とともに展示されているので、見ごたえがありますよ。

日本初のアプト式により1892年に開通

碓氷峠の鉄道は、関東地方と日本海側を結ぶメインルートとして、1892年に開通しました。この開通当初は「アプト式」という方式で急勾配を克服していました。アプト式というのは、2本のレールの間に、ぎざぎざの歯がついたレールを敷設しておき、車両側に取り付けた歯車を噛み合わせることで、急勾配をのぼる方式の鉄道です。

ちなみに、大井川鉄道 井川線では、現役のアプト式鉄道に乗車することができます。下記の記事で紹介していますので、興味がありましたらご覧ください。

www.kzlifelog.com

電化・複線化・粘着運転方式へ

その後、輸送力を増強するために、明治時代末期に電化、昭和41年の複線化と同時に、アプト式から粘着運転方式に変更されました。

粘着運転方式というのは、鉄のレールの上を鉄の車輪で走る、普通の鉄道の方式です。とはいえ、急勾配であることには変わりはなく、旅客列車、貨物列車ともに、EF63形という補助機関車2両を連結して、碓氷峠の急勾配を登ったり下ったりすることになりました。

碓氷峠で活躍した車両が展示されている鉄道展示館

碓氷峠の歴史を勉強したあとは、展示されている車両を見てまわります。


189系特急あさま

碓氷鉄道文化むらに入場して、すぐ目に入ってくるのが、この189系特急型電車です。北陸新幹線が開通する前に、上野~長野を結んでいた「特急あさま号」に使われていた車両です。国鉄時代の「特急」といえば、このフォルムにこのカラーリングですよね!

189系の車内

車内も開放されていました。古いクロスシートが並びます。このシートのシンプルな配色に、国鉄時代の雰囲気が感じられますね。


EF63形電気機関車

こちらが「鉄道展示館」に保存されている「EF63形 電気機関車」です。碓氷峠というと、この機関車を思い浮かべるのは40代以上の方でしょう(笑)。

碓氷峠を走る電車などに2両一組で連結して、勾配を登る列車を押し上げたり、勾配を下る列車が暴走しないようにブレーキを掛けたりする補助機関車の役割を担っていました。このため、上野発の下り列車の場合、横川に到着すると、列車の後方に補助機関車を連結するため、数分の停車時間がありました。有名な「峠の釜めし」はこの停車時間を利用して売られていたのですね。


EF62形電気機関車

こちらはEF62形電気機関車です。同じく、鉄道展示館に展示されていました。

EF63形は碓氷峠専用の補助機関車でしたが、このEF62形は、碓氷峠を含む信越本線を直通できる形式として製造されたものだそうです。電気機関車ですので、客車や貨物をけん引します。碓氷峠では、前述のEF63形と協調運転できるようになっているそうです。


ED42形電気機関車

前述のように、碓氷峠が開通した直後は、アプト式という方式で勾配に対応していました。そのアプト式に対応している電気機関車が、このED42形という形式です。この写真からはわかりませんが、機関車の下面に、ラックレールと噛み合わせる「歯」がついています。

碓氷峠とは無関係? でも気になる車両たち

屋外展示場には、碓氷峠とは直接関係がなさそうな車両たちも多く展示されています。年配の鉄道ファンの方は、懐かしいと感じられる車両もあると思います。

そんな中から、個人的に気になった車両を紹介してみます。


キハ20系気動車

昭和32年から製造された、昭和中期に全国の非電化路線を走っていた「キハ20系」という形式の気動車です。今ではほとんど見られなくなってしまいました。


キハ35系気動車

大都市近郊向けの「キハ35系」という気動車です。両開きの扉が3つにロングシートと、現在の通勤型電車と似たような装備ですね。ここに展示されている「キハ35-901」は、塩害対策向けに作られたステンレス製の試作車で、もともとは房総半島を走っていたそうですが、晩年は川越線や八高線に転用されたそうです。

扉が車体の外にはみ出しているのがイイですね。「外吊り式」というそうです。


スロフ12

急行型の12系客車を改造したお座敷客車だそうです。

スロフ12の車内

この車両は車内に入れるようになっていました。なぜか、冷房が効いていて、当日は猛暑だったこともあって、しばらく涼んでしまいました。

お座敷列車なので、車内はご覧のように畳敷きです。窓に障子があったりして、内装も和風ですね。

乗り物も充実

前述のように、実際に乗車できる「乗り物」も充実しています。

トロッコ列車ライン

ちょうど、トロッコ列車が走ってきました。碓氷峠鉄道文化むらから、2.6kmも離れた「とうげのゆ(峠の湯)」駅まで運転されています。運転日は、基本的に土休日(8月は毎日)、1日に5往復運転されています。

終点の「とうげのゆ」駅には、その名の通り日帰り温泉施設があり、温泉や食事が楽しめるそうです。


ミニSL

一番お手軽に乗車できるのは、この「ミニSL」です。広場を一周するだけですが、10分おきに運転されていて乗車しやすいです。とても小さいですが、本物の「蒸気機関車」です。石炭を焚いてボイラーのお湯を沸かし、その蒸気を動力として走行します。小さいですが、大人も乗車できますよ。

以上、「碓氷峠鉄道文化むら」をご紹介しました。鉄道ファンならもちろんのこと、家族連れでも楽しめるテーマパークになっています。トロッコ列車に乗って、峠の湯の日帰り温泉施設も訪問すれば、丸一日楽しめると思います。乗り鉄的には、首都圏からの青春18きっぷ日帰り旅の目的地としてもちょうどよいですね。