K'z Lifelog ~青春18きっぷと乗り鉄のブログ~

青春18きっぷの話題をはじめ、汽車旅のノウハウや鉄道関連のニュースなどを思うままに綴っていく乗り鉄ブログです。

東武の新型特急「リバティ」が4月に登場、乗り鉄にうれしい会津田島行きの特急も新設されます

おすすめ記事Pick Up! 【トップページ】 まずはこちらから!青春18きっぷ・おすすめ路線など当ブログおすすめ記事の目次です
【ダイヤ改正】 JR東日本が10月14日にダイヤ改正! 黒磯~新白河の輸送体系変更!
【おトクなきっぷ】 おすすめのフリーきっぷ紹介記事まとめ
【注目記事!】西武「S-TRAIN」&東武「特急リバティ」関連記事まとめ

会津鉄道沿線の観光地 塔のへつり

東武鉄道の新型特急「リバティ」が、4月21日のダイヤ改正から運転が開始されることが発表されました。ダイヤや特急料金も発表されています。乗り鉄的にうれしいのは、日光・鬼怒川方面の特急の大増発と、新たに会津田島行きの特急が新設されたことでしょう。

新型特急「リバティ」4月に運転開始!

東武鉄道が4月21日にダイヤ改正を実施することを発表しました。今回は、そのうち、特急列車関係の概要について発表されています。詳しくは下記のリリースをご覧ください。

2017年4月21日(金)ダイヤ改正を実施! 東武スカイツリーライン・伊勢崎線・日光線・東武アーバンパークライン 【特急列車概要】(PDF:963KB)

新型特急車両リバティ(500系)は、3両編成を8本が新造されることが明らかにされていました。従来の特急車両スペーシアが6両編成なのに対して、リバティは3両編成と、小回りの利く短編成となっています。この3両編成を2本連結して6両編成としても運行できるようになっています。

東武日光・鬼怒川方面の特急列車大増発! 特急列車の併結も

今回、新型特急「リバティ」は、東武日光方面と鬼怒川方面に多く導入されます。リバティによって運転される特急列車の本数は以下の通りです。(浅草発の下り列車の本数)

  • リバティけごん 東武日光行き(平日:6本,土休日:7本)・新栃木行き(平日・土休日ともに1本)
  • リバティ会津 会津田島行き(平日・土休日ともに4本,リバティけごんに併結)

新型特急車両リバティを導入した後も、ダイヤは一部変更されますが、既存のスペーシアなどの特急車両は残ります。そのため、特急列車の本数が大幅に増えることになります。特に、土休日は、東武日光・鬼怒川方面への特急が9本も増発されることになります。

また、リバティけごんのうち半数程度は、リバティ会津と併結されるようです。浅草~下今市は併結された状態で運転され、下今市~東武日光・会津田島間は分割されて運転されます。

快速列車では分割・併結される列車が多くありましたが、リバティの導入によって、特急列車でも日常的にみられるようになりそうです。

野岩鉄道・会津鉄道直通のリバティ会津を新設

乗り鉄的に気になるもう一つのポイントは、「リバティ会津」の新設です。浅草から、東武鉄道・野岩鉄道・会津鉄道の3社を直通して、会津田島まで乗り入れる特急列車です。

これまで、浅草発会津田島行きの列車は、特急料金不要(乗車券のみ)で乗車できる快速や区間快速がありましたが、これに加えて特急列車が会津方面へも直通するようになります。

快速列車は、ボックスシートの車両が使われているため、それなりに汽車旅感はあります。ただ、会津田島までの乗車時間が3時間半程度とかなり長いため、混雑していると窮屈な思いをしました。以前、ゴールデンウィークに浅草から会津田島まで乗りとおしたことがありますが、満席で立ち客も出るほどの盛況ぶりで、座席は確保できたものの、あまり身動きできませんでした。

リバティ会津は、所要時間は快速とさほどかわらず3時間20分程度ですが、クロスシートに座れますので、ゆったりと旅をすることができそうです。

このルートは、会津田島で乗り換えると会津若松に抜けることができるため、汽車旅にはもってこいのルートです。途中、塔のへつりや大内宿、芦ノ牧温泉・湯野上温泉など、沿線に観光地・温泉地がたくさんあります。これらの観光地のすぐ近くまで、都心から特急で乗り換えなしで行けるようになるのはうれしいですね。

以上、東武鉄道の新型特急「リバティ」について、乗り鉄的に気になるポイントをまとめてみました。今年のゴールデンウィークには、新型特急に乗って日光や会津地方への汽車旅もよいかもしれませんね。