K'z Lifelog ~青春18きっぷと乗り鉄のブログ~

青春18きっぷの話題をはじめ、汽車旅のノウハウや鉄道関連のニュースなどを思うままに綴っていく乗り鉄ブログです。

3月25日デビューの西武・東京メトロ・東急・横浜高速直通のS-TRAIN、料金とダイヤからおすすめの利用法を紹介します!

おすすめ記事Pick Up! 【トップページ】 まずはこちらから!青春18きっぷ・おすすめ路線など当ブログおすすめ記事の目次です
【ダイヤ改正】 JR東日本が10月14日にダイヤ改正! 黒磯~新白河の輸送体系変更!
【おトクなきっぷ】 おすすめのフリーきっぷ紹介記事まとめ

みなとみらいの夜景(by足成さん)

3月25日に、西武鉄道・東京メトロ・東急電鉄・横浜高速鉄道の4社を直通する有料の座席指定列車「S-TRAIN」がデビューします。既にダイヤや料金が発表されています。この記事では、土休日に運転される西武秩父・飯能~元町・中華街のS-TRAINの料金とダイヤから、観光でのおすすめの利用方法を考えてみたいと思います。

S-TRAINの概要

S-TRAINは、西武鉄道・東京メトロ・東急電鉄・横浜高速鉄道の4社が運行する有料の座席指定列車です。西武の40000系という車両を使用しますが、東武のTJライナーのように、ロングシートにもクロスシートにもなる車両です。S-TRAINとして運転するときは、クロスシートとして運転されます。

特徴的なのは、平日と土休日で運転区間が異なることです。

  • 平日: 所沢→豊洲(4本),豊洲→所沢(3本)
  • 土休日: 西武秩父・飯能→元町・中華街(合計2本),元町・中華街→西武秩父・飯能・所沢(合計3本)

過去記事でも紹介していますので、よろしければご覧ください。

www.kzlifelog.com

土休日運転のS-TRAINのダイヤと料金

S-TRAINのダイヤと料金は以下の通りです。

S-TRAINの土休日ダイヤ

  • 西武秩父・飯能 → 元町・中華街
    • S-TRAIN2号: 飯能 09:18発 → 元町・中華街 10:53着
    • S-TRAIN4号: 西武秩父 17:05発 → 元町・中華街 19:38着
  • 元町・中華街 → 西武秩父・飯能・所沢
    • S-TRAIN1号: 元町・中華街 07:01発 → 西武秩父 09:15着
    • S-TRAIN3号: 元町・中華街 16:55発 → 飯能 18:34着
    • S-TRAIN5号: 元町・中華街 19:55発 → 所沢 21:11着

S-TRAINの主な区間の指定席料金(大人)

西武 東京メトロ 東急・横浜高速
西武 300円 510円 860円
東京メトロ 510円 - 560円
東急・横浜高速 860円 560円 350円

※西武秩父発着は、上記料金に200円プラス。
※西武線内: 飯能、入間市、所沢、石神井公園
※東京メトロ副都心線内: 池袋(降車のみ)、新宿三丁目、渋谷
※東急・横浜高速鉄道線内:渋谷、自由が丘、横浜、元町・中華街

詳細は、S-TRAINのWebサイトをご覧ください。

S-TRAIN(Sトレイン)- 有料座席指定列車

観光向けのおすすめ利用法

土休日ダイヤということで、観光や買い物に利用する人が多いと思いますので、観光向けのおすすめの利用法を紹介します。

西武線沿線から横浜方面への観光

西武線沿線から横浜への観光に利用する場合は以下のようになります。

  • 往路(西武線→横浜方面):
    • S-TRAIN2号(飯能 09:18発 → 元町・中華街 10:53着)
  • 復路(横浜方面→西武線):
    • S-TRAIN3号(元町・中華街 16:55発 → 飯能 18:34着)
    • S-TRAIN5号(元町・中華街 19:55発 → 所沢 21:11着)

往復にS-TRAINを利用する場合、元町・中華街での滞在時間は、6時間~9時間となります。S-TRAIN5号(19:55発)であれば、早めの夕食を中華街でとってから乗車することもできそうです。

元町・中華街から西武池袋線へ直通する列車はたくさん運転されていますが、飯能まで行く列車は朝から日中時間帯しか走っていませんので、S-TRAIN3号で直通できるのは大きなメリットになりそうです。所沢までであれば、小手指行きが遅い時間までありますので、そちらでもよいかもしれません。

東急線沿線から秩父方面への観光

東急東横線沿線から秩父方面への観光に利用する場合はこんな感じになります。

  • 往路(東急線沿線→秩父方面):
    • S-TRAIN1号(元町・中華街 07:01発 → 西武秩父 09:15着)
  • 復路(秩父方面→東急線沿線):
    • S-TRAIN4号(西武秩父 17:05発 → 元町・中華街 19:38着)

こちらは、往路・復路とも1本ずつしかありません。ただ、1号、4号ともに西武秩父発着ですので、秩父観光に利用することができます。

横浜からだと、S-TRAIN1号は午前7時台ですので、少し早いかもしれませんね。一方、復路は、西武秩父17:05発とちょうどよい時間に設定されています。

往復S-TRAIN利用の場合は、西武秩父の滞在時間は8時間近くになりますので、十分に観光できそうです。

西武線内のみの利用は?

S-TRAINは、西武池袋線内のみの利用も可能です。ただし、西武線には「レッドアロー」という特急専用車を利用した有料の特急列車が頻繁に走っています。西武池袋線内の利用に限定して、主な区間の料金を比べてみます。

区間 レッドアロー S-TRAIN
西武秩父~池袋 700円 710円
飯能~池袋 500円 510円
所沢~池袋 400円 510円

※S-TRAINの池袋は副都心線池袋駅

ご覧のように、レッドアローのほうが少し安いです。レッドアローは特急専用の車両ですので、デッキもありますし、車内設備は明らかに上です。運転本数も格段に多く、飯能~池袋は30分毎、西武秩父~池袋は30分~1時間毎に走っています。つまり、西武線内のみでS-TRAINを利用する意味はあまりないでしょう。

都心~横浜方面の利用は?

S-TRAINは、東京メトロ・東急東横線・みなとみらい線内のみの利用も可能です。渋谷~横浜は東横線の特急(料金不要)で30分程度、池袋~横浜は40分程度です。S-TRAINでもほぼ同様の所要時間です。

東急線には、現在は有料の座席指定列車は走っていませんので、S-TRAINの座席指定料金を払うに値するかがポイントとなります。

上記料金表のとおり、渋谷~横浜や元町・中華街は350円、池袋~横浜や元町・中華街は560円です。350円ならば払ってもよさそうに考える人も多そうですが、560円となると割高感が出そうです。

もっとも、1日に2.5往復しか走っていませんので、狙って乗るのでなければ、近距離で利用する機会はほとんどないかもしれませんが…。

秩父方面・横浜方面の観光に利用しよう!

結論としては、やはり、秩父方面・横浜方面の観光に利用する使い方がおすすめです。

運転本数は少ないものの、朝・夕方の使いやすい時間に設定されています。西武線側は、朝の下り(西武秩父行き)と夕方の上り(元町・中華街行き)が西武秩父発着に設定されていて、秩父への観光に利用しやすくなっていますし、逆向き(朝の上り・夜の下り)は西武線沿線の需要に応じて発着駅が飯能や所沢に設定されています。少ない車両をやりくりしつつ、適切な時間帯に設定したよくできたダイヤだと思います。

欲を言えば、もっと運転本数が増えるとよいのですが、S-TRAINの利用が好調だったら、増発も検討されるかもしれませんね。