K'z Lifelog ~青春18きっぷと乗り鉄のブログ~

青春18きっぷの話題をはじめ、汽車旅のノウハウや鉄道関連のニュースなどを思うままに綴っていく乗り鉄ブログです。

飯田線の秘境駅を巡る急行「飯田線秘境駅号」が今年も走る! 普通列車で訪問したい方向けの旅程も紹介します!

おすすめ記事Pick Up! 【トップページ】 まずはこちらから!青春18きっぷ・おすすめ路線など当ブログおすすめ記事の目次です
【ダイヤ改正】 JR東日本が10月14日にダイヤ改正! 黒磯~新白河の輸送体系変更!
【おトクなきっぷ】 おすすめのフリーきっぷ紹介記事まとめ

飯田線

JR東海が、飯田線の秘境駅を巡る急行「飯田線秘境駅号」を今年も運転することを発表しました。4月6日(木)~9日(日)、13日(木)~16日(日)の計8日間、豊橋~飯田間で上下各1本ずつ運転されます。普段は運転本数が少なくて、なかなか訪れるのが大変な秘境駅を一気に制覇するチャンスです。ただ、秘境駅の雰囲気はあまり感じられないかもしれません。「秘境駅の雰囲気を味わいたい!」という方のために、6つの秘境駅を普通列車のみで巡る旅程も紹介します。(あまりお勧めはしませんが…)

急行「飯田線秘境駅号」とは?

急行「飯田線秘境駅号」は、2010年から毎年運転されている臨時急行列車です。飯田線にある主要駅に加えて、飯田線に点在する秘境駅にも停車する列車です。秘境駅での停車時間も確保されていますので、ホームに下りて写真撮影をしたり、周囲を散策したりすることができます。

運転概要

今年の「飯田線秘境駅号」の運転概要は以下の通りです。

  • 運転日:2017年4月6日(木)~9日(日)、13日(木)~16日(日) 計8日間
  • 運転区間: 豊橋~飯田 上下各1本運転
  • 使用車両:373系(特急「ワイドビュー伊那路」に利用されている特急型車両)
  • 全席指定

運転時刻は以下のようになっています。

  • 下り(豊橋発飯田行き)
    • 豊橋 09:50発
    • 新城 10:20着/10:40発(20分停車, 地元特産品の販売あり)
    • 大嵐 11:59着/12:16発(17分停車)
    • 小和田 12:21着/12:41発(20分停車)
    • 中井侍 12:46着/12:56発(10分停車)
    • 平岡 13:04着/13:52発(48分停車, 地元特産品の販売あり)
    • 為栗 14:00着/14:13発(13分停車)
    • 田本 14:24着/14:40発(16分停車)
    • 金野 14:52着/14:58発(6分停車)
    • 千代 15:00着/15:06発(6分停車)
    • 天竜峡 15:11着/15:13発
    • 飯田 15:30着
  • 上り(飯田発豊橋行き)
    • 飯田 13:08発
    • 天竜峡 13:24着/13:28発
    • 千代 13:34着/13:40発(6分停車)
    • 金野 13:42着/13:48発(6分停車)
    • 田本 14:04着/14:18発(14分停車)
    • 為栗 14:25着/14:40発(15分停車)
    • 平岡 14:48着/15:05発(17分停車, 地元特産品の販売あり)
    • 中井侍 15:13着/15:21発(8分停車)
    • 小和田 15:26着/15:43発(17分停車)
    • 豊橋 17:54着

太字で書いたところが秘境駅と呼ばれている6つの駅です。いずれも、6分~20分の停車時間が設けられていますので、ホームに下りたり、周囲を散策したりできると思います。また、主要駅にも停車しますが、特急停車駅の豊川、本長篠、中部天竜などには停車しません。特に、上りの豊橋行きは、小和田を出ると終点の豊橋まで2時間以上も停車しません。(単線ですので運転停車はあるでしょう。)

急行列車ですので、青春18きっぷでは乗車できません。急行券と指定席券を確保しておきましょう。

詳しくは、JR東海のニュースリリースをご覧下さい。

列車で行く!春のお出かけ情報について(平成29年3月2日 JR東海)

秘境駅を一気に制覇! ただし、秘境駅の雰囲気は味わえないかも?

飯田線は、秘境駅が点在する中部天竜~天竜峡の運転本数が極めて少ないため、例えば青春18きっぷを活用しても、秘境駅をすべて回るのはとても大変です。この区間には、「ワイドビュー伊那路」という特急も走っていますが、秘境駅などに停車するわけもないため、秘境駅訪問には利用できません。

この「飯田線秘境駅号」を活用すると、片道に乗車するだけで、6つの秘境駅を訪問できます。停車時間はそれほど長くはないですが、周囲の様子を確かめるには十分でしょう。

ただし、おそらく秘境駅の雰囲気はないでしょう。この列車に乗車している乗客のほとんどがホームに下りるでしょうから、秘境駅が乗客で溢れかえるという、それはそれで珍しい光景が見られると思います。

「列車が行ってしまったら、そこの残されたのは自分ひとり」という雰囲気を体験したければ、平日の昼間の普通列車を利用して訪問するしかなさそうです。

6つの秘境駅を普通列車で巡るプラン(おすすめしません!)

「どうしても秘境駅の雰囲気が味わいたい!」というコアな秘境駅マニアの方には、普通列車のみでこれら6つの秘境駅を巡る旅程を紹介します。時刻表を眺めながら考えたプランですので、もっとよい乗り継ぎがあるかもしれません。2017年ダイヤ改正後の平日ダイヤです。

飯田線秘境駅を巡るプラン

ローカル線でいろいろな駅で途中下車したことのある方にはわかると思いますが、本数が少ない路線で、なるべく効率よく多くの駅に下車しようとすると、上り→下り→上り→・・・というように、行ったり来たりを繰り返す必要があります。それでも、飯田線は本数が少ないうえに、普通列車なのにいくつかの秘境駅に停車しない列車があったりと、たった6駅を巡るのに丸一日かかってしまいます。

小和田駅に2時間半滞在するところは、どうにもなりませんでした。どうしてもつらい場合は、小和田10:12発の中部天竜行きに乗車し、中部天竜10:44発の天竜峡行きに乗車すると、これが小和田11時19分の列車ですので、時間をつぶすことができます。

飯田線と秘境駅を堪能したい方以外にはおすすめしません。「秘境」ですので、遭難しないようにご注意ください!!

というのはさておき、この区間は秘境駅が集中しているだけでなく、急流として知られる天竜川に沿って進む区間で、車窓も楽しめます。当ブログでも、「青春18きっぷで乗りたい川沿いの絶景路線3選」の筆頭として紹介しています。

www.kzlifelog.com

6つの秘境駅を自力で巡るのは大変そうですが、1つ、2つであれば、それほど無理なく行けると思いますので、青春18きっぷを活用して、秘境駅探訪にでかけてみてもよいでしょう。自力での秘境駅訪問に自信のない方は、急行「飯田線秘境駅号」を利用しましょう!

以上、急行「飯田線秘境駅号」と、普通列車で秘境駅を巡るプランの紹介でした。