K'z Lifelog ~青春18きっぷと乗り鉄のブログ~

青春18きっぷの話題をはじめ、汽車旅のノウハウや鉄道関連のニュースなどを思うままに綴っていく乗り鉄ブログです。

JR四国全線が乗り放題の「JR四国発足30周年謝恩きっぷ」発売! 特急券と組み合わせれば特急にも乗車できる使い勝手の良いフリーきっぷです!

おすすめ記事Pick Up! 【トップページ】 まずはこちらから!青春18きっぷ・おすすめ路線など当ブログおすすめ記事の目次です
【ダイヤ改正】 JR東日本が10月14日にダイヤ改正! 黒磯~新白河の輸送体系変更!
【おトクなきっぷ】 おすすめのフリーきっぷ紹介記事まとめ

f:id:kzlife:20170902000823j:plain

JR四国が、発足30周年を記念して、JR四国全線に乗り放題となる「JR四国発足30周年謝恩きっぷ」を発売します。利用可能期間が3か月もあるうえ、別途特急券を購入すれば特急にも乗車できる、非常に使い勝手のよいきっぷになっています。この記事では、JR四国が発売している他のフリーきっぷとの比較もしていますので、この秋に四国への汽車旅を予定されている方はぜひご覧ください!

「JR四国発足30周年謝恩きっぷ」とは?

「JR四国発足30周年謝恩きっぷ」の概要は以下の通りです。

  • 利用期間:2017年10月1日(日)~12月27日(水)
  • 有効期間:1日
  • 発売期間:利用日の1か月前から7日前(前週の同曜日)まで
  • フリーエリア:
    • JR四国全線(宇多津~児島間を含む)の快速・普通列車の普通車自由席
    • 土佐くろしお鉄道線(窪川~若井間)の普通列車の普通車自由席
    • JR四国バスの路線バス(大栃線、久万高原線) ※高速バスには乗車できない
    • 特急券、グリーン券、指定席券等を別途購入すれば、特急列車や、快速・普通列車の普通車指定席・グリーン席等へも乗車可能
  • 発売箇所:JR四国の駅のみどりの窓口、ワープ支店、駅ワーププラザ及び、四国内の主な旅行会社
  • おねだん: おとな 3,000円,こども 1,500円

詳しくは、JR四国のニュースリリースをご覧ください。

「JR四国発足30周年謝恩きっぷ」の発売について(JR四国ニュースリリース 2017年8月31日)

「JR四国発足30周年謝恩きっぷ」の特徴は?

「JR四国発足30周年謝恩きっぷ」の特徴は、何といっても 別途特急券を購入すれば、特急列車にも乗車できること でしょう。それでいて、一日乗り放題で3,000円なのですから、かなりおトクで使い勝手のよいフリーきっぷだと思います。

また、利用可能期間が10月1日~12月27日の約3か月と長い うえに、平日・土休日を問わずに利用できる ので、いろいろな目的に利用することができそうです。

他のフリーきっぷとの比較

JR四国は、実はかなりフリーきっぷが充実しています。通年利用可能でおトクなものが多いので、「JR四国発足30周年謝恩きっぷ」を利用するのが良いのか、他のフリーきっぷがよいのか迷ってしまいそうです。

基本的には、目的地がどこかや、どんな行程で旅行をしたいかによっておトクなフリーきっぷは変わってくると思います。ここでは、JR四国全線に乗車可能な他のフリーきっぷと比較してみたいと思います。

フリーきっぷ名称 フリーエリア・効用 利用可能期間 有効期間 おねだん
四国フリーきっぷ JR四国全線(※1)の
特急・快速・普通列車
普通車自由席
通年 3日間 16,140円
週末乗り放題
きっぷ
JR四国全線(※1)の
特急・快速・普通列車
普通車自由席
通年
(土休日)
1日 10,280円
四国再発見
早トクきっぷ
JR四国全線(※1)の
快速・普通列車
普通車自由席
通年
(土休日)
1日 2,060円
バースデイきっぷ
普通車自由席用
JR四国全線(※1)の
特急・快速・普通列車
普通車自由席
~2018年4月2日
誕生日の月のみ
利用可能
3日間 9,500円
若者限定
四国フリーきっぷ
JR四国全線(※1)の
快速・普通列車
普通車自由席
春季:3/1~4/12
夏季:7/20~9/12
冬季:12/10~1/12
3日間 9,800円
(25歳以下)
JR四国発足30周年
謝恩きっぷ
JR四国全線(※1)の
快速・普通列車
普通車自由席
10/1~12/27 1日 3,000円

※1: 宇多津~児島間、および、土佐くろしお鉄道線 窪川~若井間を含む

利用月限定や、年齢制限のあるきっぷも多いですが、JR四国の全線乗り放題フリーきっぷはかなり充実しています。

1日限定で特急も利用したいなら「JR四国発足30周年謝恩きっぷ」がおトク

そんな中で、「JR四国発足30周年謝恩きっぷ」と近いのは「四国再発見早トクきっぷ」です。四国再発見早トクきっぷのほうが1000円近く安いですが、特急券を購入しても特急には乗車できないという制限があります。

特急列車にも乗車したい場合には、「週末乗り放題きっぷ」が比較対象でしょうか。ただ、おねだんが10,280円と、「JR四国発足30周年謝恩きっぷ」の3,000円と比べるとかなり高額になってしまうので、特急列車にかなり乗車しないと「JR四国発足30周年謝恩きっぷ」に特急券を加えたほうが安くなりそうです。

また、「四国再発見早トクきっぷ」「週末乗り放題きっぷ」は土休日のみ利用可能なきっぷです。平日に旅行するなら「JR四国発足30周年謝恩きっぷ」一択ということになります。

結局、平日の旅行か、土休日でも特急にそこそこ乗車したい場合に「JR四国発足30周年謝恩きっぷ」がおトク ということになりそうです。

ちなみに、都市間の単純往復であれば、「Sきっぷ」という割引率の高い往復タイプ(特急自由席用)のきっぷがあります。

www.jr-eki.com

3日間利用するなら「四国フリーきっぷ」がおトク

一方、1日ではなく、複数日に渡ってフリーきっぷを利用したい場合は、「四国フリーきっぷ」「バースデイきっぷ」「若者限定 四国フリーきっぷ」あたりが候補となります。利用期間や年齢に制限のない「四国フリーきっぷ」は、特急にも乗れて3日間で16,140円です。「JR四国発足30周年謝恩きっぷ」3回分の9,000円との差額は7,140円。3日間で、特急料金7,140円以上乗車する場合には、「四国フリーきっぷ」のほうが有利です。

もちろん、「バースデイきっぷ」や「若者限定 四国フリーきっぷ」は、9千円台とかなりおトクですので、条件に合う方は、間違いなくこちらのきっぷのほうが良いでしょう。

つまり、3日間連続で四国を旅したいなら、おそらく「四国フリーきっぷ」のほうがおトク でしょう。

おすすめは「のんびりローカル線の旅」+「観光列車の旅」

ということで、「JR四国発足30周年謝恩きっぷ」は、平日にのんびりとローカル線を旅したい場合によさそうです。目的地までは特急券を別途購入してサクッと到着して、ローカル線では普通列車や、指定席券(列車によってはグリーン券)を購入して観光列車に乗車、という使い方がおすすめですね。

また、最近、JR四国にも増えてきている観光列車に乗車するのに「JR四国発足30周年謝恩きっぷ」を利用するのもよさそうです。特に、列車内で食事が提供される観光列車

  • 「四国まんなか千年ものがたり」(多度津~大歩危)
  • 「伊予灘ものがたり」(松山~伊予大洲・八幡浜)

は、全席グリーン車の特急列車として運転されます。「JR四国発足30周年謝恩きっぷ」であれば、特急券・グリーン券を追加すれば乗車できます が、他のフリーきっぷでは、グリーン車用のグレードの高いフリーきっぷ(例:「四国グリーン紀行」4日間グリーン車・普通車指定席に乗り放題で20,570円)が必要になります。

このように、他の料金券(特急券、指定席券、グリーン券等)を自由に組み合わせられるのが「JR四国発足30周年謝恩きっぷ」のメリット と言えそうです。

以上、「JR四国発足30周年謝恩きっぷ」の概要と、他のフリーきっぷとの比較について解説しました。この秋に四国で汽車旅をしたい方は、どのフリーきっぷが適しているのかを選ぶ参考にしてもらえればと思います。