K'z Lifelog ~青春18きっぷと乗り鉄のブログ~

青春18きっぷの話題をはじめ、汽車旅のノウハウや鉄道関連のニュースなどを思うままに綴っていく乗り鉄ブログです。

JR九州がお盆休みの九州新幹線に激安で乗車できる「激安!サマーバーゲンきっぷ」を発売! 青春18きっぷとの組み合わせで九州の汽車旅の行動範囲がグン広がります!

おすすめ記事Pick Up! 【トップページ】 まずはこちらから!青春18きっぷ・おすすめ路線など当ブログおすすめ記事の目次です
【ダイヤ改正】 JR東日本が10月14日にダイヤ改正! 黒磯~新白河の輸送体系変更!
【おトクなきっぷ】 おすすめのフリーきっぷ紹介記事まとめ
【注目記事!】西武「S-TRAIN」&東武「特急リバティ」関連記事まとめ

新幹線

JR九州が、お盆休み期間中に九州新幹線を激安で利用できる「激安!サマーバーゲンきっぷ」を発売します。博多~熊本が1,000円、博多~鹿児島中央が2,000円という破格のきっぷです。帰省にはもちろんのこと、青春18きっぷと組み合わせれば、九州の汽車旅の行動範囲がかなり広くなりそうです。

お盆休みに列車限定・発着駅限定で利用できる「激安!サマーバーゲンきっぷ」

JR九州が発売する「激安!サマーバーゲンきっぷ」の概要は以下の通りです。

  • 利用期間: 2017年8月10日(木)~20日(日)
  • 発売期間: 2017年8月4日(金)~17日(木)
    • 利用日の6日前の12時から3日前の23時まで発売
  • 設定区間とおねだん
    • 博多~熊本: 大人・こども 1,000円
    • 福岡市内(博多)~鹿児島中央: 大人・こども 2,000円
  • 利用可能列車:
  • きっぷの効力:
    • 指定された九州新幹線の普通車指定席に乗車可能
    • 指定された列車の指定された座席以外は一切無効(同じ列車の自由席にも乗車不可)
  • 発売条件:
    • 上記の利用可能列車の指定席が確保できた場合に発売
    • 発売隻数には限りがあり、空席があっても購入できない場合がある
  • 発売箇所:JR九州インターネット列車予約限定(駅の窓口等での発売はなし)

詳しくは、JR九州のサイトをご覧ください。

www.jrkyushu-kippu.jp

ちなみに、普通の九州新幹線の普通車指定席の乗車券を購入した場合との比較は以下の通りです。

区間 サマーバーゲンきっぷ 通常運賃・料金 おトク額
博多~熊本 1,000円 5,330円 4,330円
博多~鹿児島中央 2,000円 10,650円 8,650円

ちょっと見たことがない激安きっぷ

利用列車限定、発売枚数限定で、発売開始が利用日の6日前からと、かなり制約は多いですが、この破壊的な価格は魅力的です。指定席が空いていたら発売するということなので、お盆のピーク時は購入できない列車もありそうですが、ピーク時以外は、対象列車がすべて満席ということもないでしょう。

上記の通り、通常の乗車券と新幹線特急券を購入するのに比べるとおよそ8割引きというぶっ壊れた価格 です。JR九州にとって最も稼ぎ時のはずのお盆休みに、しかもフラッグシップである九州新幹線を、こんなに激安で売ってしまってよいのでしょうか?

JR九州の狙いは?

JR九州の狙いとしては、以下のようなものがあるのかな、と思います。

  1. お盆休み期間中に九州新幹線を利用しようとしている客は、事前に指定席券を購入するはず
  2. 博多~熊本・鹿児島の移動で、九州新幹線を利用しない層は、自家用車、高速バスを選択し、JR九州の在来線は選択肢に入っていない
  3. 豊肥本線、久大本線、日田彦山線が不通のため、鉄道での旅行を控える層が増えることを見越した需要喚起

1.については、空席があるくらいならタダでも、とは言わないまでも、激安でも乗せてしまえ、という発想でしょう。それは、2.のように、九州内を格安で移動しようとする人たちの選択肢には、そもそも鉄道は入っていないため、本来は通常料金を払って九州新幹線に乗ってくれる人たちが「激安!サマーバーゲンきっぷ」に流れることはない という判断があったのだと思います。

また、今年の特殊事情として、3.があるかなと思いました。2016年の熊本地震から一部不通になっている豊肥本線に加えて、今年の豪雨被害で久大本線や日田彦山線も一部不通となってしまい、鉄道での旅行を控える層が出ることを懸念したのではないかと思います。

需要に応じて料金を変える戦略?

国鉄時代から、鉄道の料金は、需要によらずにほぼ一定でした。繁忙期・閑散期で多少の差はついていますが、わずか200円に過ぎません。需要によって料金を変えるのではなく、閑散期には格安のフリーきっぷで需要を喚起する、というのがJR各社の戦略でした。

一方、今回のJR九州の「激安!サマーバーゲンきっぷ」は、売れ残った指定席を格安で販売する ということですので、企画乗車券という形をとってはいますが、ある意味、需要に応じて料金を変えているということになるのでは、と思います。

JR他社でも、需要を少ない列車を対象に、インターネット予約限定で割引料金を適用する例は増えてきています。JR東日本の「えきねっと トクだ値」などがその一例です。また、早めに購入すれば割安な料金が適用される例も増えています。JR九州の「激安!サマーバーゲンきっぷ」は、それをさらに進めて、直前まで売れ残った席を割安で販売するということですので、鉄道の料金も需要に応じて変わっていく時代になるのかもしれません。

乗り鉄には青春18きっぷとの併用がおすすめ!

さて、この「激安!サマーバーゲンきっぷ」ですが、この夏に九州の汽車旅を計画している方には、青春18きっぷとの併用をおすすめ したいと思います。特に、博多~鹿児島中央の移動には有効です。

博多から鹿児島中央までを、普通列車の乗り継ぎで移動しようとすると、最短ルートでも6時間以上かかります。さらに、途中、八代~川内は、青春18きっぷでは乗車できない「肥薩おれんじ鉄道」を経由するため、別途2,620円の乗車券を購入する必要があります。「激安!サマーバーゲンきっぷ」で指定席が確保できれば、この区間を、1時間半程度、2000円で移動できることになりますので、かなりの時間短縮になります

もっとも、利用日の6日前からしか購入できないため、「購入できればラッキー」くらいに考えておいたほうがよいでしょう。購入できなかった時のバックアッププランとして、普通列車の乗り継ぎに変更するのか、通常料金を支払って九州新幹線の自由席に乗車するのかは、あらかじめ考えておいたほうがおいと思います。

以上、破格の料金で九州新幹線に乗車できる「激安!サマーバーゲンきっぷ」を紹介しました。この夏に九州への汽車旅を考えている方は、利用を検討してみる価値があると思います。