K'z Lifelog ~青春18きっぷと乗り鉄のブログ~

青春18きっぷの話題をはじめ、汽車旅のノウハウや鉄道関連のニュースなどを思うままに綴っていく乗り鉄ブログです。

2018年もJR九州が恒例のお正月限定乗り放題きっぷ「初乗り!お年玉乗り放題きっぷ」「元日九州初旅きっぷ」を発売! 初詣やお正月の旅行にどうぞ!

おすすめ記事Pick Up! 【トップページ】 まずはこちらから!青春18きっぷ・おすすめ路線など当ブログおすすめ記事の目次です
【ダイヤ改正】 JR東日本が10月14日にダイヤ改正! 黒磯~新白河の輸送体系変更!
【おトクなきっぷ】 おすすめのフリーきっぷ紹介記事まとめ

JR九州が、恒例となったお正月限定の乗り放題きっぷ「初乗り!お年玉乗り放題きっぷ」と「元日九州初旅きっぷ」を発売します。利用できるのはお正月に限定されますが、こども用が安く設定されていますので、家族での初詣や旅行に最適なきっぷです。

f:id:kzlife:20171121231539j:plain

恒例となったお正月の乗り放題きっぷ

JR九州は、毎年お正月に、自社線内乗り放題のきっぷを発売しています。

  • 「初乗り!お年玉乗り放題きっぷ」:普通列車・快速列車タイプ(1月1日~3日のうち1日利用可能)
  • 「元日九州初旅きっぷ」: 九州新幹線・在来線特急列車タイプ(1月1日のみ利用可能)

上記のようなタイプの異なる2種類のきっぷを発売します。

以下では、それぞれの概要について紹介しますが、詳細はJR九州のサイトでもご確認ください。

お正月のおでかけに便利な乗り放題きっぷを発売します!(JR九州 ニュースリリース 2017年11月21日 PDFファイル)

初乗り!お年玉乗り放題きっぷ

  • 利用期間: 2018年1月1日~3日のうち1日
    • 1月1日用は、12月31日21時から利用可能
  • 発売期間: 2017年12月1日~2018年1月3日
  • フリーエリア: JR九州全線の普通・快速列車の自由席に1日乗り放題
    • 別途、座席指定券を購入すれば、普通・快速列車の指定席にも乗車可能
  • お値段: おとな 2,300円,こども(小学生)200円
    • こども用はおとなと同一行程のときのみ有効, こども用のみの利用は不可
  • 発売箇所: JR九州の駅、JR九州旅行支店、駅旅行センター、九州内の主な旅行会社
    • インターネットでの発売はなし
  • URL: 初乗り!お年玉乗り放題きっぷ

青春18きっぷの1日分を切り取ったような乗り放題きっぷです。フリーエリアはJR九州全線で、普通列車・快速列車の自由席に乗り放題となるきっぷです。

このきっぷの特筆すべき点は、こども用が、なんと200円という破格な値段で発売される点でしょう。おとな用と合わせて利用し、同一行程であることが条件ですが、家族での初詣や旅行にもってこいのきっぷです。

また、1月1日用のきっぷは、前日の大晦日21時から利用可能です。初詣へ行き、そのまま旅行やちょっとしたおでかけにも利用できるのでおトクですね。

元日九州初旅きっぷ

f:id:kzlife:20171121231719j:plain

  • 利用期間: 2018年1月1日のみ
  • 発売期間: 2017年12月12日~12月30日(発売期間に要注意!
  • フリーエリア: JR九州全線(新幹線・特急列車含む)の自由席に1日乗り放題
    • 別途、指定席券、グリーン券を購入すれば、在来線特急列車の指定席、グリーン席に乗車可能
    • 九州新幹線の指定席・グリーン席には乗車できない
  • お値段: おとな12,000円,ことも2,000円
    • こども用はおとなと同一行程のときのみ有効, こども用のみの利用は不可
  • 発売箇所: JR九州の駅、JR九州旅行支店、駅旅行センター、九州内の主な旅行会社
    • インターネットでの発売はなし
  • URL: 元日九州初旅きっぷ

こちらは、元旦のみ有効ですが、九州新幹線を含む特急列車、普通・快速列車の自由席に乗り放題となるフリーきっぷです。

1日のみ有効、おとな用が12,000円ということで、近距離では元が取れません。九州新幹線の通常料金(自由席)と比べると、博多~新水俣以遠の往復で元が取れそう です。

もっとも、こちらもこども用が2,000円と激安なので、おとな用で元が取れなくても、家族全体で元が取れればよいという考え方であれば、おとな用1枚+こども用1枚で、博多~新八代往復でも元が取れます。(九州新幹線の通常料金・自由席との比較)

ただし、JR九州は、元旦も含めて通年で利用可能な割引きっぷを多数発売しています。九州新幹線の片道や単純往復であれば、「九州ネットきっぷ」「九州ネット早特7」などのネット限定のきっぷや、2枚つづりの「九州新幹線2枚きっぷ」などがあります。これらのきっぷとの比較もされたほうがよいと思います。

一つだけ注意点を。こういった期間限定の乗り放題きっぷには利用が集中します。「元日九州初旅きっぷ」単体では自由席にしか乗車できないので、混雑して座れない可能性があります。在来線特急への乗車であれば、事前に指定席券を購入しておいたほうが安心です。九州新幹線の指定席には乗車できないので、時間帯によっては、始発駅からの乗車でなければ、座れないと思っておいたほうがよいでしょう。

「青春18きっぷ」と「初乗り!お年玉乗り放題きっぷ」どっちがおすすめ?

「初乗り!お年玉乗り放題きっぷ」は、JR九州全線の普通・快速列車の自由席に乗り放題ということで、青春18きっぷのJR九州版といったフリーきっぷになっています。JR九州しか乗車できないことを除けば、青春18きっぷと効力はほぼ同じです。

値段も、青春18きっぷ1日あたり2,370円に対して、「初乗り!お年玉乗り放題きっぷ」は2,300円ですので、ほぼ同じですね。

おとな一人で旅をする場合は、利用日や利用期間に応じて選択すればよいでしょう。青春18きっぷを利用する予定があるのであれば、わざわざ「初乗り!お年玉乗り放題きっぷ」を別に購入する必要はありません。もちろん、青春18きっぷの5日分だけでは足りず、それを補完する意味で購入するのならありだと思います。

一方、青春18きっぷにはこども用の設定がありません。お正月(三が日)に、JR九州線内を家族で旅行する場合には、こども用が200円と破格の「初乗り!お年玉乗り放題きっぷ」のほうがよいでしょう


以上、JR九州が、毎年恒例となったお正月限定の乗り放題きっぷ「初乗り!お年玉乗り放題きっぷ」と「元日九州初旅きっぷ」を発売するという話題でした。初詣や帰省、お正月の旅行に、うまく活用したいですね。