K'z Lifelog ~青春18きっぷと乗り鉄のブログ~

青春18きっぷの話題をはじめ、汽車旅のノウハウや鉄道関連のニュースなどを思うままに綴っていく乗り鉄ブログです。

豪雨被害で運休中の久大本線 光岡~日田間の運転再開が7月14日に決定! 夏の青春18きっぷシーズンに間に合いました!

おすすめ記事Pick Up! 【トップページ】 まずはこちらから!青春18きっぷ・おすすめ路線など当ブログおすすめ記事の目次です
【臨時列車】 2018年夏のおすすめ臨時列車を紹介!
【おトクなきっぷ】 おすすめのフリーきっぷ紹介記事まとめ

2017年7月の九州北部豪雨の被害で長期間運休となっているJR九州の久大本線の光岡~日田間。その運転再開が、2018年7月14日に決まりました。被災区間では、橋梁が流出するなど、大きな被害を受けたところもありますが、急ピッチで復旧作業が進められており、運休から約1年で復旧することになりました。この夏の青春18きっぷシーズンに間に合いそうです。

久大本線の運転再開が7月14日に決定!

久大本線は、久留米と大分を結ぶJR九州の路線です。総延長は141.5kmで、全線非電化です。沿線には由布院などメジャーな観光地があり、博多~由布院を結ぶ特急「ゆふいんの森」が走る観光路線でもあります。

その久大本線の光岡(てるおか)~日田(ひた)間の2.4kmが、平成29年7月九州北部豪雨により被災し、長期間の運休となっていました。11箇所が被災し、中でも、花月川にかかる「花月川橋梁(かげつがわきょうりょう)」の流出が最も大きな被害でした。

f:id:kzlife:20180419233341p:plain

(出典)平成 29 年 7 月九州北部豪雨による久大本線・日田彦山線の状況について

その久大本線ですが、運休から約1年後の2018年7月14日(土)の運転再開が発表されました。

運休中の運転状況

光岡駅と日田駅はお隣の駅。つまり、運休しているのはたった一駅間なのです。ところが、鉄道は、一駅間でも運休していたら、当たり前ですが、直通の運転ができません。

そこで、現在(2018年4月)は以下のような運転状況になっています。

列車 区間 運転状況
普通列車 光岡~日田
運転見合わせ
代行バス(12.5往復/日)
を運転
特急ゆふいんの森 博多~由布院・別府 博多~小倉・大分経由
(日豊本線経由)で運転
特急ゆふ 日田~由布院・大分・別府 博多~日田間は運休


博多から由布院や別府などの温泉地へのアクセスを担う「ゆふいんの森」は、本来は、博多から久留米まで鹿児島本線を、久留米から由布院を経て大分までは久大本線を走ります。

久大本線の運休により、昨年7月より、小倉・日豊本線経由、つまり、本来のルートとは逆回りで由布院まで運転されています。

「久大本線 ぜんぶつながるプロジェクト」を実施

久大本線の運転再開に合わせて、「久大本線 ぜんぶつながるプロジェクト」を実施します。

f:id:kzlife:20180419233058p:plain

(出典)~久大本線 ぜんぶつながる~ 久大本線全線での運転再開について (JR九州ニュースリリース 2018年4月19日 PDFファイル)

久大本線全線で運転再開をPRするポスターを掲示するほか、特急ゆふいんの森の車体に、上記のロゴマークをラッピングします。

たった1駅間が運休となっているために、代行バスへの乗り換えや、本来と異なるルートでの特急列車の運転など、不便を強いられているわけですが、それが「ぜんぶつながる」ことによって元の姿に戻るわけですね。1年という短期間で運転再開までこぎつけた関係者の方々には、ホントに頭の下がる思いです。

「或る列車」の運転区間延長

さらに、JR九州が誇る観光列車やクルーズトレインを、久大本線で臨時に運転します。

7月22日(日)の「或る列車」(大分コース)午後便の列車の始発駅を、通常の日田駅から筑後吉井駅発に変更して運転されます。筑後吉井駅発にすることで、今回の復旧区間である光岡~日田間を通るようにしたのでしょうね。

  • 「或る列車」(大分コース)
    • 本来の運転コース: 大分→日田(午前便)、日田→大分(午後便)
    • 7月22日の運転コース: 大分→日田(午前便)、筑後吉井→大分(午後便)

「ななつ星 in 九州」の運転経路変更(久大本線経由で運転)

7月28日(土)~29日(日)の1泊2日コースの2日目の運転経路を変更して、久大本線経由で運転します。

  • 「ななつ星 in 九州」
    • 【1日目】博多駅 → 有田駅 → 佐世保駅 → 長崎駅(車中泊)
    • 【2日目】鳥栖駅 → 豊後森駅 → 由布院駅(昼食) → 博多駅

「ななつ星 in 九州」の2018年春~秋の1泊2日コースの二日目は、本来であれば、

  • 【2日目】鳥栖駅 → 玉名駅 → 八代駅 → 玉名駅 → 博多駅

という、鹿児島本線ルートで運転されるのですが、7月28日発の1泊2日コースに限り、久大本線ルートに変更されます。

こちらも、復旧・運転再開したばかりの区間を経由するルートですね。

夏の観光シーズン・青春18きっぷシーズンに間に合った!

f:id:kzlife:20180323225308j:plain

7月14日、夏休みに入る直前に運転再開ということで、何とか夏の観光シーズンに間に合いましたね。それに、乗り鉄としては、7月20日から利用期間となる「夏の青春18きっぷシーズン」に間に合ったのもよかったです。

久大本線は、鹿児島本線の久留米駅と、日豊本線の大分駅を結ぶ路線で、九州を乗り鉄するときのルートを作るときに重要な路線なのですよね。現在は、熊本~大分を結ぶ豊肥本線が、2年前の熊本地震で被災して運休中です。そのため、九州の西側(鹿児島本線側)と東側(日豊本線側)をつなぐルートとして、久大本線が復活するのはとても大きな意味がありますね。


以上、久大本線の光岡~日田間の運転再開が2018年7月14日に決定したという話題でした。この夏の観光や青春18きっぷでの乗り鉄で、久大本線を訪れてみてはいかがでしょうか。