K'z Lifelog ~青春18きっぷと乗り鉄のブログ~

青春18きっぷの話題をはじめ、汽車旅のノウハウや鉄道関連のニュースなどを思うままに綴っていく乗り鉄ブログです。

大宮始発の新函館北斗行き「はやぶさ101号」を6月に運転! 函館に午前10時過ぎに到着します!

おすすめ記事Pick Up! 【トップページ】 まずはこちらから!青春18きっぷ・おすすめ路線など当ブログおすすめ記事の目次です
【ダイヤ改正】 2018年3月JRダイヤ改正! JR九州は大幅減便改正へ!
【おトクなきっぷ】 おすすめのフリーきっぷ紹介記事まとめ

JR東日本とJR北海道は、北海道の観光シーズンの6月下旬の土曜日に、大宮駅を午前6時ちょうどに出発する臨時「はやぶさ101号」を運転します。定期の一番列車「はやぶさ1号」(東京06:32発)に比べて、函館に1時間以上も早く、午前10時過ぎに到着します。

f:id:kzlife:20180410224204j:plain

大宮始発の初の北海道新幹線を運転!

JR東日本とJR北海道は、大宮始発の新函館北斗行き「はやぶさ101号」 を、2018年6月23日(土)、30日(土)に運転します。

合わせて、新函館北斗から函館への臨時「はこだてライナー」と、新函館北斗で乗り継げる札幌行きの臨時特急「北斗85号」を運転します。

注目は、

  • 大宮始発の初の新函館北斗行き「はやぶさ号」であること
  • 大宮発が午前6時で、定期列車「はやぶさ1号」よりも1時間以上早く函館に到着すること

でしょう。

これまで、大宮始発の新青森行きの臨時「はやぶさ」が運転されたことはありますが、北海道新幹線に直通する列車は初の運転となります。

函館駅到着が午前10時過ぎ!! 日帰りでも滞在時間は8時間に

f:id:kzlife:20180410224015j:plain

臨時「はやぶさ101号」のダイヤは以下のとおりです。

  • 大宮 06:00発 → 仙台 07:07発 → 盛岡 07:47発 → 新青森 08:40発 → 新函館北斗 09:41着

新函館北斗から乗り継げる臨時列車「はこだてライナー」(函館行き)、「特急北斗85号」(札幌行き)のダイヤは以下のとおりです。

  • 新函館北斗 09:54発 → 五稜郭 10:05発 → 函館 10:09着 (臨時はこだてライナー)
  • 函館 09:31発 → 新函館北斗 09:51発札幌 13:42着 (臨時特急北斗85号)

早朝に大宮を出て、鉄道利用で函館に午前10時過ぎに到着できてしまいます。さすがに新幹線という速さ!

ちなみに、北海道新幹線の最終で東京に戻る乗り継ぎは、

  • 函館 18:01発 → 新函館北斗 18:23着(普通はこだてライナー)
  • 新函館北斗 18:36発 → 大宮 22:38着 → 東京 23:04着(はやぶさ42号)

となりますので、臨時「はやぶさ101号」を利用すると、函館滞在時間は8時間弱 となります。

羽田発の航空機には敵わず

ここまで早く函館に到着できるようになった新幹線ですが、羽田発函館行きの航空機には敵いません。

大宮始発の臨時「はやぶさ101号」が運転される6月23日のダイヤを見てみると、はやぶさ101号よりも先に函館に到着する便があります。

便名(航空会社) 羽田空港発 函館空港着
057(ADO) 06:55 08:10
585(JAL) 07:50 09:10


函館空港は函館の市街地に比較的近く、シャトルバスで20分ほどです。JAL 585便(羽田 07:50発)でも、はやぶさ101号より先に函館の市街地に到着できるでしょう。

北海道新幹線は、青函トンネルの時速140キロ制限と、新函館北斗での在来線への乗り換えがネックですね。

乗客減の2年目、北関東の需要取り込みを考えるべきでは…

北海道新幹線は、2018年3月26日で開業2年を迎えました。開業1年目は予想を上回る乗客数でしたが、2年目は前年比21%減と苦戦。1日の平均利用客数は約5,000人、平均乗車率は26%でした。

mainichi.jp

函館は、観光需要は多いものの、安定的なビジネス需要が見込めないため、開業効果が一巡すると、乗客が減ってしまうのでしょうね。それに加えて、先ほど見てきたように、航空機に比べて競争力がないのも苦戦の一因でしょう。

f:id:kzlife:20180410224136j:plain

北海道新幹線開業時に、「はやぶさ」を宇都宮に停車させたらよいのではないかという議論がありましたが、観光需要を喚起するという意味では、もう一度考えてもよいかもしれませんね。

北関東からだと、羽田空港に出るまでにかなり時間がかかりますので、北海道新幹線の競争力は相対的に増すはずです。

定期列車の「はやぶさ」を停めるのは難しくても、今回の大宮始発の臨時「はやぶさ」を、宇都宮や郡山に停車させるのはありかもしれませんね。「線」で結ぶ鉄道のメリットを発揮できると思うのですけどね。


以上、大宮始発の臨時「はやぶさ101号」が運転されるという話題でした。早朝に首都圏を出発して、鉄道のみで、午前10時に函館に到着できるのは隔世の感があります。ただ、対航空機ではまだまだ。根本的な解決策は、青函トンネルを含む速度向上でしょうけれど、停車駅の工夫で、もう少し需要喚起できるのでは、とも思います。