K'z Lifelog ~青春18きっぷと乗り鉄のブログ~

青春18きっぷの話題をはじめ、汽車旅のノウハウや鉄道関連のニュースなどを思うままに綴っていく乗り鉄ブログです。

2017-18年 冬の青春18きっぷで乗車したいおすすめの観光列車3選! 早めに指定券を確保して冬の汽車旅を楽しみましょう!

おすすめ記事Pick Up! 【トップページ】 まずはこちらから!青春18きっぷ・おすすめ路線など当ブログおすすめ記事の目次です
【ダイヤ改正】 JR東日本が10月14日にダイヤ改正! 黒磯~新白河の輸送体系変更!
【おトクなきっぷ】 おすすめのフリーきっぷ紹介記事まとめ

12月10日から始まる冬の青春18きっぷシーズンまで、あと1か月を切りました。1か月を切ったということは、青春18きっぷシーズンに乗車できる観光列車の指定席券の発売が始まっているということです。この記事では、冬の青春18きっぷで乗車したい、冬を感じられる観光列車をご紹介したいと思います。

快速 リゾートみのり(仙台~新庄)

f:id:kzlife:20171112205428j:plain

いつ運転されるの?

  • 運転日:主に土休日
  • 2017-18年冬の青春18きっぷ期間中の運転日:
    • 12月10日(日)、16日(土)、17日(日)、23日(土)、24日(日)、29日(金)、30日(土)、31日(日)
    • 1月2日(火)、3日(水)、6日(土)、7日(日)、8日(月)
  • 運転時刻:
    • 仙台 09:13発 → 鳴子温泉 11:00着/11:23発 → 新庄 12:26着
    • 新庄 15:01発 → 鳴子温泉 16:00着/16:02発 → 仙台 17:39着

どんな列車なの?

仙台と新庄を、東北本線~陸羽東線経由で結ぶ観光列車です。陸羽東線(小牛田~新庄)は、「奥の細道湯けむりライン」の愛称のとおり、鳴子温泉をはじめ、川渡(かわたび)温泉、中山平温泉、赤倉温泉、瀬見温泉など、沿線に温泉地がずらっと並ぶ路線です。鳴子温泉~赤倉温泉のあたりは、奥羽山脈越えの山深い地域を走りますので、冬季は積雪も豊富です。仙台~新庄を乗りとおさず、途中の温泉地で途中下車して、温泉を楽しむのもよいと思います。

f:id:kzlife:20171112205916j:plain
陸羽東線の雪景色 このときは雪が少なかったです

「リゾートみのり」の車両は、キハ48形という気動車を改造したもので、2両または3両で運転されます。(冬の青春18きっぷ期間中は2両での運転)

シートピッチ(前後のシートの幅)が1,200mmととても広く、新幹線のグリーン席(1,160mm)よりも広いのが特徴です。雪深い山々を車窓に眺めながら、ゆったりと過ごすことができます。

「リゾートみのり」は全席指定の快速列車として運転されますので、青春18きっぷと指定席券(520円)で乗車できます。乗車したい日の指定席券を早めに購入しておきましょう。

詳しくは、JR東日本仙台支社のサイトをご覧ください。

jr-sendai.com

快速 冬のおいこっと(長野~戸狩野沢温泉)

いつ運転されるの?

  • 運転日:主に土休日
  • 2017-18年冬の青春18きっぷ期間中の運転日:
    • 12月16日(土)、17日(日)、23日(土)、24日(日)、30日(土)、31日(日)
    • 1月1日(月)、6日(土)、7日(日)、8日(月)
  • 運転時刻:
    • 冬のおいこっと1号 長野 09:15発 → 戸狩野沢温泉 10:22着
    • 冬のおいこっと2号 戸狩野沢温泉 10:53発 → 長野 11:54着
    • 冬のおいこっと3号 長野 13:28発 → 戸狩野沢温泉 14:28着
    • 冬のおいこっと4号 戸狩野沢温泉 14:50発 → 長野 15:57着

どんな列車なの?

「おいこっと」は、飯山線の長野~十日町を走る観光列車ですが、冬季は、長野~戸狩野沢温泉間に1日2往復運転されます。

「おいこっと」は、"TOKYO"を逆から読んだものだそうで、東京とは正反対のふるさと(田舎)をイメージした列車になっています。車両は、飯山線を運行するキハ110系を改造したものですが、座席配置などは、通常のキハ110系を踏襲しています。

飯山線は、長野~越後川口(新潟県)を結ぶローカル線で、路線の大部分は千曲川~信濃川に沿っています。春~秋に乗車すれば川の路線としての車窓を楽しめますが、冬季は白銀の世界に包まれます。飯山線の沿線は豪雪地帯として有名で、森宮野原駅では、昭和20年に7.85メートルの日本最高積雪を観測したことでも有名です。

あまりに雪が多いため、大雪が降ると、除雪作業のためにたびたび運休となります。そのため、この「おいこっと」の運転も、冬季に限り、沿線でも比較的雪が少ない長野~戸狩野沢温泉にしているのだと思います。

そんな路線ですので、暖かい車内で雪景色を眺めながら汽車旅を楽しむことができます。汽車旅の特権、昼間から「雪見酒」もできますよ!

詳しくは、JR東日本長野支社のサイトをご覧ください。

www.jreast.co.jp

快速 リゾートビューふるさと(長野~南小谷)

f:id:kzlife:20171112205543j:plain

いつ運転されるの?

  • 運転日:主に土休日
  • 2017-18年冬の青春18きっぷ期間中の運転日:
    • 12月10日(日)、16日(土)、17日(日)、23日(土)、24日(日)、30日(土)、31日(日)
    • 1月1日(月)、2日(火)、3日(水)、6日(土)、7日(日)、8日(月)
  • 運転時刻:
    • 長野 09:04発 → 姨捨 09:28着/09:45発 → 松本 10:27着/10:41発 → 南小谷 12:57着
    • 南小谷 15:16発 → 松本 17:14着/17:23発 → 長野 18:28着
    • 途中停車駅: 篠ノ井、姨捨、松本、穂高、信濃大町、白馬

どんな列車なの?

篠ノ井線~大糸線でおなじみとなった観光列車「リゾートビューふるさと」です。この冬は、青春18きっぷシーズンの土日と年末年始を中心に運転されます。

f:id:kzlife:20171112205740j:plain
姨捨駅から眺める善光寺平(夏に撮影) 冬は雪景色でしょうね

篠ノ井線の区間では、姨捨からの善光寺平の車窓が見どころです。日本三大車窓の一つに数えられています。午前中に運転される南小谷行きでは、姨捨で17分の停車時間があり、ホームに降りて善光寺平の絶景をじっくりと眺めることができます。

大糸線の区間は、安曇野の田園風景と北アルプスの山容が見どころです。それほど豪雪地帯ではないはずですが、それでも冬季は銀世界になります。

沿線には、大町温泉(信濃大町駅)や、白馬スキー場(白馬駅)などがあり、冬季の観光スポットが充実しています。

首都圏からは、

  • 北陸新幹線で長野にアクセスして、長野から「リゾートビューふるさと」に乗車
  • 中央本線の特急あずさ号で松本にアクセスして、松本から「リゾートビューふるさと」に乗車

という二通りのアクセス方法がありますが、おすすめは長野からの乗車です。というのも、姨捨駅からの善光寺平の絶景を眺められるからです。

「リゾートビューふるさと」も、全車指定席の快速列車として運転されますので、青春18きっぷ+指定席券で乗車可能です。窓が大きく、ゆったりとしたシートの列車ですので、大糸線の汽車旅にはぴったりの列車ですよ。

当ブログでは「リゾートビューふるさと」の乗車レポートを掲載しています。夏季(夏の青春18きっぷシーズン)に乗車した時の記事ですので、車窓は異なると思いますが、沿線の見どころなどはわかると思います。

www.kzlifelog.com


以上、この冬の青春18きっぷで乗車したい観光列車を3つご紹介しました。冬らしい景色が眺められる列車をご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか? 暖かい列車内から雪景色をぼーっと眺めるのが冬の汽車旅の醍醐味ですね。

関連記事

2017-2018年冬季のおすすめ臨時列車を紹介した記事です。青春18きっぷで乗車できる列車も多く紹介していますので、ぜひご覧ください。

www.kzlifelog.com