K'z Lifelog ~青春18きっぷと乗り鉄のブログ~

青春18きっぷの話題をはじめ、汽車旅のノウハウや鉄道関連のニュースなどを思うままに綴っていく乗り鉄ブログです。

JR東日本が気仙沼~仙台の直通臨時快速を運転、観光車両「Kenji」を利用した3時間ノンストップの快速列車です!

おすすめ記事Pick Up! 【トップページ】 まずはこちらから!青春18きっぷ・おすすめ路線など当ブログおすすめ記事の目次です
【ダイヤ改正】 JR東日本が10月14日にダイヤ改正! 黒磯~新白河の輸送体系変更!
【おトクなきっぷ】 おすすめのフリーきっぷ紹介記事まとめ

JR東日本仙台支社は、10月と11月の計8日間、気仙沼~仙台間に直通臨時快速列車を運転すると発表しました。なんと途中ノンストップで3時間! かつての快速「南三陸」の代替列車になりえるのでしょうか?

気仙沼~仙台間の直通臨時快速列車を運転、車両は「Kenji」編成を利用!

JR東日本仙台支社が発表した気仙沼~仙台間の直通臨時快速列車の概要は以下の通りです。

  • 運転日
    • 2017年10月9日(月・祝)、10日(火)、17日(火)、18日(水)
    • 2017年11月3日(金・祝)、4日(土)、10日(金)、11日(土)
  • 運転区間:気仙沼~仙台(大船渡線・東北本線経由)
  • 運転時刻
    • 気仙沼 08:12発 → 仙台 11:10着(ノンストップ)
    • 仙台 18:09発 → 気仙沼 21:14着(ノンストップ)
  • 使用車両: 「Kenji」編成(キハ58系3両,定員130名、全車自由席)

詳しくは、JR東日本仙台支社のプレスリリースをご覧ください。

気仙沼駅~仙台駅の直通臨時快速列車運行のお知らせ(JR東日本仙台支社プレスリリース 2017年9月13日)

快速列車ながら気仙沼~仙台間を3時間ノンストップ!

f:id:kzlife:20170914235759j:plain
「Kenji」利用の臨時列車「さんりくトレイン宮古号」(2006年)

この列車、快速列車ながら、気仙沼~仙台間をノンストップで走ります。実際には運転停車(運転上の停車)は何回かあると思いますが、途中駅での乗降は一切できないようです。

所用時間はなんと3時間以上! 3時間も列車に乗っているのはたいへんだと思うかもしれませんが、観光列車にも利用されている「Kenji」という車両が使われます。座席はリクライニングするクロスシートで、特急列車並みの設備になっています。座席さえ確保できれば、時間はかかりますが、それほど疲れることはないでしょうね。

「Kenji」編成については、JR東日本盛岡支社のWebサイトをご覧下さい。

www.jr-morioka.com

宮城県内の都市間移動なのに岩手県を経由?

f:id:kzlife:20170828235603j:plain

この直通臨時快速列車は、大船渡線、東北本線経由で運転されます。途中、一ノ関で大船渡線から東北本線に入りますが、一ノ関は岩手県です。というより、大船渡線は大部分が岩手県を走っています。一方、気仙沼、仙台はともに宮城県です。宮城県内の都市間を結ぶ列車なのに、岩手県経由になってしまっているのには理由があります。

かつてのルートの一部はBRTに

東日本大震災前までは、仙台と気仙沼を結ぶ快速列車「南三陸」が一日2往復運転されていました。この快速南三陸は、

  • 仙台~(東北本線)~小牛田~(石巻線)~前谷地~(気仙沼線)~気仙沼

というルートで走っていました。途中、主要駅に停車して、所用時間は2時間前後でした。

ところが、東日本大震災の津波被害により、気仙沼線は壊滅的な被害を受けてしまい、現在は、途中の柳津~気仙沼間はBRT(バス高速輸送システム、鉄道の線路跡をバス専用道として利用するバス)になっています。つまり、鉄道車両は直通できないのです。

そのため、鉄道が直通できるルートとして、今回の大船渡線経由のルートが選ばれたのでしょう。その代わり、距離はだいぶ伸びてしまい、前述の通り約3時間となってしまいました。

所用時間は普通列車乗り継ぎと大差ないが、乗り換えなしがメリット

この直通臨時快速列車のルートを(定期運転の)普通列車の乗り継ぎで行ったとすると、以下のようになります。

  • 気仙沼 09:16発 → 一ノ関 10:35着(大船渡線)
  • 一ノ関 10:39発 → 小牛田 11:26着(東北本線)
  • 小牛田 11:40発 → 仙台 12:27着(東北本線)

2回の乗り継ぎが必要になるものの、乗り継ぎがよいので、気仙沼から仙台まで3時間11分と、直通臨時快速列車と10分ほどしか変わりません。

もっとも、直通臨時快速列車は、前述の通り観光列車用の車両ですし、乗り換えも不要ですので、所用時間はさほど変わらなくても、だいぶ楽ではあると思います。

今回の運転は需要調査? 今後の運転はどうなるか?

今回の直通臨時快速列車の運転は、需要調査の意味合いもあるのではないかと思います。というのも、運転日が週末や連休だけでなく、火曜日や水曜日といった平日も含まれているからです。土休日と平日の両方で運転してみて、どのくらいの乗車があるのかを調べる目的があるのではないでしょうか。

もともと快速南三陸が定期列車として、1日2往復走っていた区間でもありますので、今回の直通臨時快速列車の利用が好調であれば、今後は定期的に運転されるかもしれませんね。

仙台~気仙沼の高速バスとの比較

仙台~気仙沼の他の交通機関としては、宮城交通が運行する高速バスが走っています。今回の直通臨時快速列車が定期的に運転されるようになったとして、所要時間、運賃などを比較してみました。

高速バス 直通臨時快速
所要時間 2時間45分~55分 3時間前後
運転本数 7往復(※1) 1往復
正規運賃(片道) 2,000円 3,020円
割引運賃 回数券(2回)
3,700円
なし

※1: 4往復は仙台~気仙沼(自由乗車制)、3往復は仙台~気仙沼~大船渡(予約制)

所要時間はいい勝負でしょう。前述の通り、今回の直通臨時快速は、普通列車の乗り継ぎと大差ない所要時間となっています。臨時列車のため、単線区間での行き違いなどでの待ち時間が多いのではないかと推測します。つまり、きちんとダイヤを作れば、高速バスと同程度にはなるのではないかと思います。

一方、高速バスは7往復も運転されています。今回の直通臨時快速は1往復のみ、東日本大震災前まで運転されていた快速南三陸も2往復の運転でした。フリークエンシー(運転頻度)では高速バスの圧勝ですね。

問題は運賃です。高速バスは回数券利用で往復3,700円ですが、JRは往復6,040円にもなってしまいます。高速バスと勝負するのであれば、往復で同程度の運賃になる割引きっぷが必要でしょう。

JRの運賃がこんなに高いのは、前述のとおり、大船渡線経由ということで、かなりの遠回りになってしまっているからです。

快速南三陸が運転されていた経路(東北本線~石巻線~気仙沼線)では、運賃は2,360円でした。せめて、この最短経路と同程度になるきっぷが必要ではないかと思いますね。

今後の動向に注目!

東日本大震災では、仙台~石巻を結ぶ仙石線も被害を受け、長期間に渡って不通となりました。そのときには、東北本線~石巻線経由で臨時列車が運転されています。その臨時列車は、現在では、「仙石東北ライン」に形を変えて、仙台~石巻の主要交通機関となっています。しかも、仙石東北ラインのために、車両を新製しているのです。

www.kzlifelog.com

今回の直通臨時快速列車も、利用が多ければ、同様に定期列車になるかもしれません。高速バスが7往復走っていることからしても、それなりの需要があることがうかがえます。

県都仙台との直通列車が復活すれば、気仙沼の復興や観光振興にも大きなメリットがありそうに思います。

今後の動向に注目していきたいと思います。