K'z Lifelog ~青春18きっぷと乗り鉄のブログ~

青春18きっぷの話題をはじめ、汽車旅のノウハウや鉄道関連のニュースなどを思うままに綴っていく乗り鉄ブログです。

常磐線の竜田~浪江間の運転再開が10月21日に決定! 代行バスの本数も増え、分断された南北の線路がつながるまであと一歩です!

おすすめ記事Pick Up! 【トップページ】 まずはこちらから!青春18きっぷ・おすすめ路線など当ブログおすすめ記事の目次です
【ダイヤ改正】 JR東日本が10月14日にダイヤ改正! 黒磯~新白河の輸送体系変更!
【おトクなきっぷ】 おすすめのフリーきっぷ紹介記事まとめ
【注目記事!】西武「S-TRAIN」&東武「特急リバティ」関連記事まとめ

常磐線の普通列車

福島第一原発の事故により不通となっている常磐線ですが、2017年10月21日に、竜田~富岡間の運転再開が決まりました。たった一駅間だけの運転再開ですが、運休中の富岡~浪江の代行バスの運転本数も3倍近くに増え、ようやく福島県の浜通りを南北に結ぶ交通機関としての常磐線の復旧が見えてきました。

10月21日に竜田~富岡間の運転を再開!

JR東日本水戸支社は、2017年10月21日(土)に、現在不通となっている常磐線の竜田~浪江間のうち、南端部にあたる竜田~富岡間の運転を再開すると発表しました。列車の運転本数は11往復/日です。

また、竜田~富岡間の運転再開と同時に、今後も運休が続く富岡~浪江間の列車代行バスの運転本数を、現在の4本/日(2往復/日)から、11本/日(5.5往復/日)に増やすことも発表されました

  • 竜田~富岡間(1駅間)の運転再開(11往復/日)
  • 富岡~浪江間の列車代行バスの便数増加(現在4本/日→11本/日)

詳しくは、JR東日本水戸支社のプレスリリースをご覧ください。

常磐線竜田駅~富岡駅間の運転再開日決定について(JR東日本水戸支社プレスリリース 2017年7月19日)

常磐線復旧の足跡

東日本大震災の津波被害と福島第一原発事故の影響で、常磐線は長らく一部不通となっていますが、それでも徐々に運転再開し、不通区間は減ってきています。

これまでの常磐線の復旧の経緯と今後の復旧予定をまとめてみます。

  • 2011年10月: 久ノ浜~広野間 運転再開
  • 2011年12月: 原ノ町~相馬間 運転再開
  • 2014年6月: 広野~竜田間 運転再開
  • 2016年7月: 小高~原ノ町間 運転再開
  • 2016年12月: 相馬~浜吉田間 運転再開
  • 2017年4月: 浪江~小高間 運転再開
  • 2019年度末まで: 浪江~富岡間 運転再開予定(全線で運転再開!)

このうち、最も大工事だったのは、2016年12月に運転再開した相馬~浜吉田間でしょう。この区間は津波により甚大な被害を受けてしまい、もともとあった線路から内陸側に1キロほどのところに、新たに高架の線路を敷設して復旧しました。

2017年1月に、この区間を訪問していますので、よろしければご覧ください。

www.kzlifelog.com

避難指示が解除された富岡町の復興を後押し!

今回発表された、竜田~富岡間の運転再開は、2017年4月に富岡町(帰還困難区域を除く)の避難指示が解除されたことによるものです。

たった1駅間の運転再開ですが、避難指示が解除されたばかりの富岡町が、本格的に復興していくためには、鉄路の復旧はとても心強いものになるものと思います。

この区間、2017年1月に列車代行バスに乗って通過しましたが、バスの車内から復旧作業を進めている様子を見ることができました。

竜田駅北側での復旧作業の様子

この写真は、竜田駅の少し北側あたりを走行しているときに撮ったものですが、線路沿いに黒い袋がたくさん置かれているのがわかります。除染した跡なのか、単なる除草なのかわかりませんが、いずれにしても線路を復旧させるための作業には違いありません。当時は、まだ放射能の影響が残る区域で、こうした作業に携わる方々のおかげで鉄道が復旧するのですから、本当に頭の下がる思いです。

列車代行バスの大幅増便で福島浜通りの南北がつながる!

今回の発表のもう一つのポイントは、2017年10月以降も運休が続く富岡~浪江間の列車代行バスの本数が、現在の1日4本から1日11本に大幅増便されることです。

この区間には、帰還困難区域があり、列車代行バスが走る国道6号線は、通過はできるものの、帰還困難区域を走行中は窓を開けられないなど、制限が多くあります。

www.kzlifelog.com

それでも、列車代行バスが1日4本(2往復)から11本(5.5往復)に増えるのは、大きな違いです。現在の一日2往復では、他に移動手段がない人が、無理やり時間を合わせて利用する、という使い方にならざるを得ませんが、5.5往復くらいまで増えれば、ちょっと運転本数が少ないローカル線的な感覚で利用できるようになります。つまり、常磐線が福島県浜通りを南北に結ぶ交通機関としての役割を取り戻せる ということで、 一つの大きな区切りになるのではないかと思います。

もちろん、鉄路は分断されたままですが、代行バスを介して常磐線を利用する乗客が増えるのではないかと期待できます。

全線復旧まであと2~3年、復旧後は品川~仙台の特急列車にも期待?

2017年10月に竜田~富岡間が復旧すると、残された運休区間は富岡~浪江のみとなります。この区間は、2019年度末までの運転再開を目指しています。運転再開まであと2~3年を要することになりますが、それはこの区間が帰還困難区域を多く含むためです。大規模な除染も必要でしょうし、作業にも制限があると思われますので、時間を要するのは仕方がありません。

それでも、予定通りにいけば、東京オリンピックが開催されるまでには、常磐線は全線で運転再開をしていることになります

東日本大震災前までは、上野~仙台を走る「スーパーひたち」という特急列車が1日数本運転されていました。その後、途中のいわき駅で運転区間を分け、いわき~仙台の特急が誕生する予定でした。ところが、その計画が実現する前に、東日本大震災が発生してしまいました。

現在、首都圏では上野東京ラインが開通し、常磐線の列車は品川発着が増えています。全線で運転を再開したら、是非、品川~仙台間を結ぶ特急を走らせてほしいものですね。