K'z Lifelog ~青春18きっぷと乗り鉄のブログ~

青春18きっぷの話題をはじめ、汽車旅のノウハウや鉄道関連のニュースなどを思うままに綴っていく乗り鉄ブログです。

中央線特急「あずさ」「かいじ」にE353系を投入! 一気に7編成投入でE257系は少数派に!

おすすめ記事Pick Up! 【トップページ】 まずはこちらから!青春18きっぷ・おすすめ路線など当ブログおすすめ記事の目次です
【臨時列車】 2018年夏のおすすめ臨時列車を紹介!
【おトクなきっぷ】 おすすめのフリーきっぷ紹介記事まとめ

2017年12月に中央線の特急「スーパーあずさ」に投入されてデビューしたE353系電車。2018年7月1日に、特急「あずさ」「かいじ」へも投入されることが発表されました。一気に7編成も投入され、「かいじ」は12往復のうち9往復がE353系に置き換わります。一気に中央線特急の主役に躍り出たE353系。現行の「あずさ」「かいじ」のE257系が中央線で見られるのも、そう長くないかもしれません。

f:id:kzlife:20180516225018j:plain

※2018.05.17更新(定員について追記しました)

中央線特急「あずさ」「かいじ」にE353系を投入!

JR東日本長野支社は、2018年7月1日より、中央線の特急「あずさ」「かいじ」にE353系電車を投入することを発表しました。

既に、2017年12月に特急「スーパーあずさ」の一部に投入され、2018年3月のダイヤ改正で、全ての特急「スーパーあずさ」がE353系での運転になっています。

今回は、一気に9両×7編成を投入する ということで、特急あずさの一部と、特急かいじの大半が、E353系で運転されることになります。

今回のE353系の投入で、中央線特急ではE353系が多数派となります。これまで、一大勢力を誇っていたE257系は少数派となります。このペースでE353系が投入されていくと、あっという間にE257系は置き換えられてしまいそうです。

列車名 運転本数・車両 備考
特急スーパーあずさ E353系 8往復(16本) 2017年12月に投入
2018年3月に置き換え完了
特急あずさ E353系 3往復(6本)
E257系 7往復(14本)
2018年7月に投入
特急かいじ E353系 9往復(18本)
E257系 3往復(6本)
2018年7月に投入

基本編成のみの投入で「かいじ」優先?

今回、特急あずさへは3往復の充当にとどまるのに対して、特急かいじは定期列車の4分の3にあたる9往復がE353系になります。

特急かいじへの投入が優先されているのは、今回新製されたE353系が全て9両編成だからでしょう。

f:id:kzlife:20180516225108j:plain
左側が基本編成9両、右側が付属編成3両

E353系は、9両(基本編成)+3両(付属編成)という構成になっていて、特急スーパーあずさへ投入されたのは、全て12両編成です。

これに対して、現在の特急あずさ・かいじは、

  • 特急あずさは、大半が11両編成(基本編成9両+付属編成2両)
  • 特急かいじは、大半が9両編成(基本編成9両のみ)

となっています。

特急あずさに充当するには、付属編成が必要になりますが、今回は基本編成のみの投入ということで、特急かいじへの充当が優先されたのでしょうね。

f:id:kzlife:20180516225753j:plain

ちなみに、中央線特急を全てE353系で統一することで、特急あずさの大半と、一部の特急かいじは、11両編成から12両編成になりますね。車両が新しくなるだけでなく、定員も増えるのはありがたいですね

(2018.05.17 追記)

E257系からE353系に置き換わることで、定員は減るようです。基本編成のみでは34名減、基本編成+付属編成では4名減となります。特急「かいじ」の大半は、かなり定員減となってしまいますね。

E353系 E257系
基本編成 普通車 494名
グリーン車 30名
普通車 530名
グリーン車 28名
付属編成 普通車 150名 普通車 120名
合計 普通車 644名
グリーン車 30名
普通車 650名
グリーン車 28名


シートピッチは同じですが、E353系では荷物置き場やトイレなどの共用部分のスペースが増えたためでしょうか。

※せっかくさんからコメントをいただき、追記しました。ご指摘ありがとうございました。

なお、E353系の車内設備や乗り心地については、以下の「スーパーあずさ1号」の乗車レポートをご覧ください。

www.kzlifelog.com

中央線の特急型車両が一気に置き換え!

E353系がデビューした2017年12月下旬から、わずか半年ほどで、中央線を走る特急型車両が次々と入れ替わっています。

2018年3月のダイヤ改正では、スーパーあずさが全てE353系に置き換えられたことで、E351系が引退しました。残念ながら、他の線区への移転はなく、全車両が引退となってしまったようです。

また、同じく2018年3月に、中央線の臨時列車「ホリデー快速富士山」「快速富士山」などで利用されていた189系電車2編成が引退しました。「ムーンライト信州」などで使われている1編成は健在ですが、これもいつまで残っているかわかりません。

www.kzlifelog.com

さらに、この記事で紹介したように、2018年7月にE257系の多くがE353系に置き換えられます。E353系の投入ペースが思っていたよりも速いため、これまで特急「あずさ」「かいじ」として活躍してきたE257系が中央線で見られなくなるのも、そう遠くないのかもしれません。

f:id:kzlife:20180516225322j:plain
中央線で見られるのも今のうち?のE257系

ただ、上記のリリースによると、E257系は、リニューアルされたうえで東海道線に投入されるとのことです。

3.E257系の今後について
現在「あずさ」「かいじ」で使用しているE257系はリニューアルを行い、東海道線に導入する予定です。

(出典)中央線特急列車「あずさ」「かいじ」のE353系置き換えについて~2018年7月1日(日)開始~ (JR東日本ニュース JR東日本長野支社 2018年5月16日 PDF)

185系の特急「踊り子」などを置き換えるものと思われます。185系も古い車両なので、最新の車両と比べてもそれほど見劣りしないE257系に置き換わることで、サービス向上につながりそうです。


以上、中央線特急「あずさ」「かいじ」にE353系が投入されるという話題でした。あっという間に全ての中央線特急がE353系に置き換わりそうな勢いです。乗り鉄の方はE257系「あずさ」「かいじ」への乗車、撮り鉄の方は中央線でのE257系の撮影を早めに済ませておいたほうがよさそうですね。

関連記事

中央線普通列車へのグリーン車投入の話題です。

www.kzlifelog.com